MAKING THE WORLD BETTER
FOR FUTURE GENERATIONS

“THE POWER OF
CLOTHING”
PROJECT

"届けよう、服のチカラ"
プロジェクト

難民に服を届ける活動を、あなたの学校でも。

ファーストリテイリングがUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とともに取り組む 、小・中・高校生が対象の参加型の学習プログラムです。社員による出張授業を受けたのち、子どもたちが主体となって、校内や地域で着なくなった子ども服を回収します。回収した服は、難民などの服を必要とする人々に届けられます。
2021年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、従来の「出張授業」のほか、「映像授業」「オンライン授業」でも実施します。

2021年10月にグッドデザイン賞を
受賞致しました。

令和元年度 文部科学省主催
青少年の体験活動推進企業表彰 審査委員会優秀賞
令和30年度 経済産業省主催
キャリア教育アワード 優秀賞

“届けよう、服のチカラ”プロジェクトとは?

活動内容・流れ

「服のチカラ」について学びます。

1

授業(6〜7月)

「服のチカラ」について学びます。

ユニクロ・ジーユーの社員が学校を訪問し、講師となって出張授業を実施します。
SDGs(Sustainable Development Goals)の概要やリサイクルの意義、服にはどのようなチカラがあるのか、回収した服の活用法、写真や映像をパワーポイントを使って授業をします。子どもたちが、自分たちにもできる社会貢献があることに気づくきっかけをつくります。
*各学校の環境によって「映像授業(データ提供)」、ウェブ会議システムを用いて行う「オンライン授業」を選択できます。

対象:日本国内の小学校、中学校、高等学校(一貫校、特別支援学校など含む)
※教材は小学生(5~6年生向け)と中高生用の2種類を用意しています。
時間:45分~60分
枠組み:授業(クラス単位・学年単位いずれも可)、生徒会活動、委員会活動、部活動など
出張授業実施日:【プロジェクトに参加】をご覧ください。

※授業では、プロジェクター・スクリーン・PC・スピーカーをご用意ください。
※予め学校に教材(PDF資料と動画データ)をお送りいたします。
※学校のPCにて再生できるようにご準備をお願いします。
※「オンライン授業」をご希望の場合、インターネット環境や必要機材は学校にてご準備ください。

校内・地域へ協力を呼びかけます。

2

呼びかけ(授業後〜11月)

校内・地域へ協力を呼びかけます。

いつ、どこで、だれに、どうやって呼びかけるか。子どもたちがアイディアを出し、協力を呼びかけます。
役割分担を決め、ポスターや回収ボックスを作成します。校内放送や全校集会で学校内に呼びかけたり、近隣の小学校や幼稚園を訪問し、手作りの紙芝居で説明するなど工夫を凝らして、衣服の回収への協力を募ります。子どもたちの自由な発想と、行動力が発揮されます。

服を回収し、倉庫へ発送します。

3

回収・発送(〜11月末)

服を回収し、倉庫へ発送します。

子ども服をいざ回収!その後、段ボールにつめて指定の倉庫に発送します。
回収する方法は学校により様々です。手作りの回収ボックスを学校の玄関や廊下などに設置する、地域の小学校・幼稚園で回収させてもらう、学園祭や保護者会で回収するなどの方法があります。回収後は段ボールで指定の倉庫へ発送してください。服は倉庫で選別や梱包をされ、難民キャンプなどへ届けられます。

衣料回収期間:
出張授業実施後から2021年11月末までの期間で自由に設定可能。
※2021年11月30日(火)までに必ず発送を完了してください。
回収商品:
子ども服全般。サイズ、ブランドは問いません。(下着・小物類は不可)
※洗濯された状態の子ども服を回収してください。
※集めた子ども服を仕分けする必要はありません。
※回収衣料の発送用段ボール箱や発送の際に貼付する伝票は、事前に学校にお送りします。段ボール代や回収した衣料の送料の負担は必要ありません。

服の寄贈レポートが届きます。

4

報告(1月)

服の寄贈レポートが届きます。

校内や地域に成果の報告と感謝を。
難民キャンプに寄贈した様子をまとめたフォトレポートを各学校にお届けします。
子ども服の発送が完了した後、ご協力いただいた方々に「○○枚集まりました。ご協力ありがとうございます!」などと報告します。
2022年1⽉に各学校にお届けする「フォトレポート」を、活動の振り返りや、協⼒してくれた⽅々への報告・お礼に活⽤していただけます。

活動のあゆみ

2013年
“届けよう、服のチカラ”プロジェクトとして参加校の公募を開始。
107校・約15,000人の児童・生徒が参加。
2014年
120校・約16,500人の児童・生徒が参加。海外にも展開し、フランスでも実施。
2015年
238校・約26,300人の児童・生徒が参加。タイでも実施。
経済産業省主催 キャリア教育アワード 奨励賞受賞。
文部科学省主催 青少年の体験活動推進企業表彰 審査員特別賞受賞。
2016年
270校・約30,120人の児童・生徒が参加。韓国でも実施。
2017年
322校・約30,600人の児童・生徒が参加。アメリカと韓国でも実施。
参加校向け“届けよう、服のチカラ”アワードを開始。活動報告会と表彰式も開始。
2018年
388校・約40,000人の児童・生徒が参加。
経済産業省主催 キャリア教育アワード 優秀賞受賞。
文部科学省主催 青少年の体験活動推進企業表彰 審査員特別賞受賞。
2019年
442校・約40,000人の児童・生徒が参加。
文部科学省主催 青少年の体験活動推進企業表彰 審査員会優秀賞受賞。
2020年
315校・約30,000人の児童・生徒が参加。
2021年
グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会)受賞。

よく見られている記事

  • “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とファーストリテイリングが取り組む、小・中・高校生が対象の参加型の学習プログラムです。

  • MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    服を製造する過程で捨てられてしまう糸をナイロン糸をつくり、スタイリッシュなバッグへと生まれ変わらせる。再生技術の進化とともに、リサイクルの可能性も広がり続けています。

  • CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    UNHCRや世界各地のNPO・NGOと連携することで、必要な服の数や種類、配送ルートを入念に確認しながら、本当に必要な服だけを確実に届けられる支援活動を進めています。

  • DISABILITIES

    DISABILITIES

    2001年にユニクロ日本で障がい者雇用を本格的に開始し、国内ユニクロの店舗においては1店舗1名以上の採用を目標に、積極的な雇用とやりがいを持って働ける環境づくりに取り組んでいます。

おすすめの記事

  • RE.UNIQLO

    RE.UNIQLO

    ユニクロは、あらゆる無駄をなくし、地球環境への影響を最小限にし持続可能な事業構築を進めます。

  • MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    世界各地のユニクロの拠点を活用しながら、子どもたちの可能性を最大限に引き出すための、さまざまな学びの場を提供しています。

  • GENDER

    GENDER

    世界中の人が、ありのままの価値観を大切にしながら自分らしく生きていける世界がやってくることを信じて。私たちは服のチカラを通じて様々なサポート活動を展開しています。

  • ユニクロとSDGs

    ユニクロとSDGs

    服のチカラを社会のチカラに。よい服をつくり、よい服を売ることで、世界をよい方向へ変えていくことができる。私たちは、そう信じています。