SOCIETY SOCIETY

CONTENTS

難民支援

貧困・難民問題、人種差別、テロ、地域紛争。世界はいま、多くの社会課題に直面しています。これらの課題に取り組むために、ユニクロは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)とのグローバルパートナーシップを結んで、世界各地で活動を展開しています。

子どもたちへの支援・アクション

未来を担う子どもたちのために、服を通じて貢献できることがある。子どもが自らの可能性を発見するための教育プログラムや、難病を抱える子どもや家族の支援をはじめ、次世代をサポートするための活動を推進しています。

スポーツ・文化

スポーツや芸術は、私たちに無限の刺激や活力を与えてくれます。ユニクロは、各地のスポーツ団体や美術館などとのパートナーシップを通じて、地域の子どもたちが健やかに成長し、服やファッションを楽しむための感性を育むことを応援しています。

ソーシャルビジネス

世界の新興国は、たくましい経済発展をとげる一方、貧困や経済格差といった社会問題に悩まされています。
ユニクロは、バングラデシュでオリジナルブランド「Grameen UNIQLO」を展開し、現地の人たちが安全で安心して働ける環境を創造し、
地域の繊維産業の発展に貢献するとともに、貧困層や社会的弱者の支援につながる活動を展開していきます。

災害支援への取り組み

緊急災害時に、ユニクロは全国の店舗ネットワークを活かして衣料品や寄付金による支援を行っています。東日本大震災の際は33億円相当の支援を実施。翌年には「復興応援プロジェクト」を立ち上げ、NGOへの支援や被災地域への出店も行いました。その他にも、アメリカのハリケーンサンディー(2012年)、中国の四川地震やフィリピンの台風ハイヤン(2013年)、台湾東部地震(2018年)など、世界各国で緊急災害支援を行っています。

CATEGORY

KEYWORD

よく見られている記事

  • “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とファーストリテイリングが取り組む、小・中・高校生が対象の参加型の学習プログラムです。

  • DISABILITIES

    DISABILITIES

    2001年にユニクロ日本で障がい者雇用を本格的に開始し、国内ユニクロの店舗においては1店舗1名以上の採用を目標に、積極的な雇用とやりがいを持って働ける環境づくりに取り組んでいます。

  • MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    服を製造する過程で捨てられてしまう糸をナイロン糸をつくり、スタイリッシュなバッグへと生まれ変わらせる。再生技術の進化とともに、リサイクルの可能性も広がり続けています。

  • CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    UNHCRや世界各地のNPO・NGOと連携することで、必要な服の数や種類、配送ルートを入念に確認しながら、本当に必要な服だけを確実に届けられる支援活動を進めています。

おすすめの記事

  • RE.UNIQLO

    RE.UNIQLO

    ユニクロは、あらゆる無駄をなくし、地球環境への影響を最小限にし持続可能な事業構築を進めます。

  • MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    世界各地のユニクロの拠点を活用しながら、子どもたちの可能性を最大限に引き出すための、さまざまな学びの場を提供しています。

  • GENDER

    GENDER

    世界中の人が、ありのままの価値観を大切にしながら自分らしく生きていける世界がやってくることを信じて。私たちは服のチカラを通じて様々なサポート活動を展開しています。

  • ユニクロとSDGs

    ユニクロとSDGs

    服のチカラを社会のチカラに。よい服をつくり、よい服を売ることで、世界をよい方向へ変えていくことができる。私たちは、そう信じています。