SPECIAL OLIMPICS

スペシャルオリンピックス

スペシャルオリンピックスは、知的障がいのある方々にスポーツトレーニングとその発表の場である競技会を提供している国際的なスポーツ組織です。ユニクロは、2002年から公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本(SON)のオフィシャルパートナーとなり、ボランティアスタッフ用ユニフォームの寄贈や競技会の運営支援などを行っています。

スペシャルオリンピックス

2015年スペシャルオリンピックス
夏季世界大会ロサンゼルスに協賛

ユニクロは2015年7月25日から8月2日に米国ロサンゼルスで開催された、知的障がい者のスポーツの祭典「2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス」に協賛しました。約5,400万円の資金協力に加え、大会期間中に開催されるイベント「ユニファイドスポーツ®・エクスペリエンス」のオフィシャルアパレルスポンサーとして、選手および運営ボランティアなどが着用するTシャツとポロシャツ計7,000着を提供しました。同大会に参加する日本、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピンの代表選手団に対し、それぞれの国と地域のユニクロが公式ユニフォームやトレーニングウエアを寄贈。期間中には、ユニクロを展開するファーストリテイリンググループの従業員100名以上がボランティアスタッフとして大会運営を支援しました。

これまでの活動実績

2016.12全国ユニファイドサッカー大会・大阪

ボランティア及び大会運営スタッフ用ユニフォームを500点寄贈。当社従業員が大会ボランティアとして参加

2016.10エールラン・東京

ボランティア及び大会運営スタッフ用ユニフォームを200点寄贈。当社従業員17名がアスリートとして参加

2016.2冬季ナショナルゲーム大会・新潟

ボランティアスタッフ用ユニフォームを3,050点寄贈。従業員29名がボランティアとして参加

2015.7夏季世界大会・ロサンゼルス

約5,400万円の資金協力のほか、選手および運営ボランティアが着用する合計7,000着のユニフォームの寄贈などの支援を実施。従業員100名がボランティアとして参加

2014.11夏季ナショナルゲーム大会・福岡

ボランティアスタッフ用ユニフォームを4,600点寄贈。当社役員および従業員23名がボランティアとして参加

2014.3採火式、分火式、トーチラン・福岡

ボランティアスタッフ用Tシャツを500点を寄贈

2013.11アジア太平洋大会・ニューキャッスル

日本選手団にアスリートウェアを提供。パンツ、ポロシャツ、パーカ、各60点、合計180点を寄贈

2013.1冬季世界大会・ピョンチャン

韓国・日本・シンガポール各国の選手団のアスリートウェア一式について、それぞれの拠点ごとに、国内ユニクロは1,200点、ユニクロ韓国事業は3,200点、ユニクロシンガポール事業は500点を寄贈

2012.2冬季ナショナルゲーム大会・福島

大会に参加するスタッフおよびボランティアが着用するユニフォームとして、フリースのパーカやジャケット約3,500点を寄贈。またファーストリテイリングの役員、店舗や本部の従業員36名もボランティアスタッフとして参加

2011.6夏季ナショナルゲーム大会・アテネ

日本選手団75名の公式ユニフォームを無償提供。夏季大会用に、ドライイージーオックスフォードシャツ(半袖)、ジップアップパーカ、ボーダークルーネックTシャツ(長袖)、チノパンツなど4アイテム、計300点を寄贈

2010.11夏季ナショナルゲーム大会・大阪

ボランティアスタッフTシャツ300点、パーカー4,200点を寄贈。従業員がボランティアとして参加

2009.2冬季世界大会・アイダホ

日本選手団87名分の公式ユニフォーム全9アイテムを寄贈。当社従業員が大会ボランティアとして参加

2008.3冬季ナショナルゲーム・山形

ボランティアスタッフ用ユニフォームを3,000点寄贈。当社本部、店舗の従業員約50名がボランティアとして参加

2007.10夏季世界大会・上海

スペシャルオリンピックス夏季世界大会(上海)日本選手団のために、合計122点のユニフォームを寄贈

2007.2・2007.6スポーツ体験キャラバン

スポーツ体験キャラバン(大阪、石川)の参加者用のTシャツ600点を寄贈

2006.11夏季ナショナルゲーム大会・熊本

スタッフ用ユニフォーム寄贈

2006.9〜チャリティ自動販売機を設置

SO日本の各地区組織への支援活動としてユニクロ172店舗および東京本部の従業員休憩室にチャリティ自動販売機を設置し、その販売収益金の一部を寄付

2006.4メモリアルホッケー大会・長野

ボランティア用Tシャツ寄贈

2006.3愛知 5宮城 6徳島スポーツ体験キャラバン

スポーツ体験キャラバンでボランティア用ユニフォーム寄贈

2005.2冬季世界大会・長野

日本選手団公式ユニフォームを寄贈。また、従業員ボランティア80名参加

2004.1冬季ナショナルゲーム大会・長野

ボランティア・スタッフ用ユニフォームを寄贈

2003.6夏季世界大会・アイルランド

日本選手団への公式ユニフォーム寄贈

2002.8夏季ナショナルゲーム大会・東京

Tシャツ寄贈と役員・従業員約250名がボランティアとして参加

よく見られている記事

  • “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とファーストリテイリングが取り組む、小・中・高校生が対象の参加型の学習プログラムです。

  • MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    服を製造する過程で捨てられてしまう糸をナイロン糸をつくり、スタイリッシュなバッグへと生まれ変わらせる。再生技術の進化とともに、リサイクルの可能性も広がり続けています。

  • CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    UNHCRや世界各地のNPO・NGOと連携することで、必要な服の数や種類、配送ルートを入念に確認しながら、本当に必要な服だけを確実に届けられる支援活動を進めています。

  • DISABILITIES

    DISABILITIES

    2001年にユニクロ日本で障がい者雇用を本格的に開始し、国内ユニクロの店舗においては1店舗1名以上の採用を目標に、積極的な雇用とやりがいを持って働ける環境づくりに取り組んでいます。

おすすめの記事

  • RE.UNIQLO

    RE.UNIQLO

    ユニクロは、あらゆる無駄をなくし、地球環境への影響を最小限にし持続可能な事業構築を進めます。

  • MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    世界各地のユニクロの拠点を活用しながら、子どもたちの可能性を最大限に引き出すための、さまざまな学びの場を提供しています。

  • GENDER

    GENDER

    世界中の人が、ありのままの価値観を大切にしながら自分らしく生きていける世界がやってくることを信じて。私たちは服のチカラを通じて様々なサポート活動を展開しています。

  • ユニクロとSDGs

    ユニクロとSDGs

    服のチカラを社会のチカラに。よい服をつくり、よい服を売ることで、世界をよい方向へ変えていくことができる。私たちは、そう信じています。