PROFILE

ロジャー・フェデラー
ROGER
FEDERER

1981年8月8日生まれ。スイス・バーゼル出身。1998年にATPツアーに参戦。2004年に初めて世界ランク1位に君臨し、それ以来記録となる237週連続でトップに在位。グランドスラム最多優勝回数20回、うちウィンブルドンでの最多優勝回数8回を誇る。テニス界に留まらず、スポーツ界で最も影響力ある選手の一人として今もなお活躍中。

ロジャー・フェデラー ROGER FEDERER ロジャー・フェデラー ROGER FEDERER

1981年8月8日生まれ。スイス・バーゼル出身。1998年にATPツアーに参戦。2004年に初めて世界ランク1位に君臨し、それ以来記録となる237週連続でトップに在位。グランドスラム最多優勝回数20回、うちウィンブルドンでの最多優勝回数8回を誇る。テニス界に留まらず、スポーツ界で最も影響力ある選手の一人として今もなお活躍中。

A STORY OF ROGER FEDERER
~アスリートを超えた、真の王者~

2018年7月、ウィンブルドン初戦。コートに現れたロジャー・フェデラー選手の様子に観客や報道陣から驚きの声があがりました。フェデラー選手の上下真っ白なユニフォームの胸元に赤いユニクロのロゴが付いていたからです。そう、“キング・オブ・テニス” がユニクロのグローバルブランドアンバサダーとして初めて人々の前に現れた瞬間です。
彼は生きる伝説です。テニスの歴史における数々の記録を塗り替えてきました。グランドスラムでは男子歴代最多となる20 回の優勝を誇り、2018年には36歳で臨んだ全豪オープンで優勝、世界ランク1位の最年長記録も更新しました。素晴らしい実績を長いキャリアのなかで築いてきたロジャー選手は、競技を超えて最高のアスリートと評される1人です。それは、彼が偉大な競技者であること以上に、自ら財団を設立し貧困に苦しむ子どもたちを支援するなど世界をより良くするための活動にも熱心に取り組む人格者でもあるからです。私たちがロジャー選手を愛して止まない理由はそこにあります。
ロジャー選手はユニクロとのつながりについてこう語っています。「私はいつの日かテニスの第一線から退くだろう。でも、私の人生からは引退はしない。だから私はLifeWearを標榜するユニクロの仲間になれて光栄です。なぜなら彼らはテニス選手じゃない部分の私にも価値を認めてくれたのだから。それは私にとってとても意味のあることなのです。」

2018年7月、ウィンブルドン初戦。コートに現れたロジャー・フェデラー選手の様子に観客や報道陣から驚きの声があがりました。フェデラー選手の上下真っ白なユニフォームの胸元に赤いユニクロのロゴが付いていたからです。そう、“キング・オブ・テニス” がユニクロのグローバルブランドアンバサダーとして初めて人々の前に現れた瞬間です。彼は生きる伝説です。テニスの歴史における数々の記録を塗り替えてきました。

グランドスラムでは男子歴代最多となる20 回の優勝を誇り、2018年には36歳で臨んだ全豪オープンで優勝、世界ランク1位の最年長記録も更新しました。素晴らしい実績を長いキャリアのなかで築いてきたロジャー選手は、競技を超えて最高のアスリートと評される1人です。それは、彼が偉大な競技者であること以上に、自ら財団を設立し貧困に苦しむ子どもたちを支援するなど世界をより良くするための活動にも熱心に取り組む人格者でもあるからです。私たちがロジャー選手を愛して止まない理由はそこにあります。
ロジャー選手はユニクロとのつながりについてこう語っています。「私はいつの日かテニスの第一線から退くだろう。でも、私の人生からは引退はしない。だから私はLifeWearを標榜するユニクロの仲間になれて光栄です。なぜなら彼らはテニス選手じゃない部分の私にも価値を認めてくれたのだから。それは私にとってとても意味のあることなのです。」

A STORY OF ROGER FEDERER ~アスリートを超えた、真の王者~

STYLE BOOK

ロジャー・フェデラーが表現する
「LifeWear」

日常をより快適にし、長く着られる良質な服を好むロジャー・フェデラー選手。
そんな彼が着こなすユニクロのアイテムをご紹介します。

STYLE BOOK01 plus plus
STYLE BOOK02 plus plus
STYLE BOOK03 plus plus plus
STYLE BOOK04 plus plus plus plus
STYLE BOOK05 plus plus
STYLE BOOK06 plus plus
  • ROGER FEDERER ロジャー・フェデラー
  • KEI NISHIKORI 錦織 圭
  • SHINGO KUNIEDA 国枝 慎吾
  • GORDON REID ゴードン・リード
  • AYUMU HIRANO 平野 歩夢
  • ADAM SCOTT アダム・スコット

FOLLOW US

TOP TOP