UNIQLO GLOBAL BRAND AMBASSADOR A Y U M U H I R A N O S T Y L E B O O K 平野歩夢が表現する「LifeWear」

PHOTO: SHINGO WAKAGI

UNIQLO Ayumu Hirano

ユニクロ×平野歩夢

ユニクロは平野歩夢選手とグローバルブランドアンバサダー契約を結び、彼のパフォーマンスのみならず、ファッションや日常生活まで含めたライフスタイル全般をサポートする独自のスポンサーシップを進めていきます。そんな彼が着るユニクロのアイテムを紹介していきます。

平野歩夢

1998年11月29日生まれ。新潟県村上市出身。4歳のときに兄の影響でスケートボードとスノーボードをはじめる。2011年、2012年には全米オープンのジュニアジャムで連覇を果たすと、14歳で出場した2012/2013シーズンWinter X Gamesでは史上最年少で銀メダルを獲得。同シーズン2月に行われたLAAX OPEN、2013年8月のワールドカップで優勝を果たす。2013年TTRワールドスノーボードツアーの年間王者に君臨。2014年ソチオリンピックでは、銀メダルを獲得。冬季オリンピック日本人選手史上最年少メダリストに輝く。2017/2018シーズンにはWinter X Gamesで99点のスコアで優勝。2018年平昌オリンピックでは二大会連続銀メダルを獲得。2018/2019シーズンからユニクロと共に更に進化し、世界の頂点を目指す。

Styling01
Styling02
Styling03
Styling04
Styling05
Styling06
Styling07
Styling08

Styling Key Points

服のスタイリングにおいて、自分で自分に似合う色を見つけられるかどうかは、とても大切なこと。
たとえばネイビーは誰にでも似合う、品のある色だけど、日焼けした小麦色の肌の人だったら、こうしたコヨーテブラウンもよく似合う。
ブラウンやバーガンディ、モスグリーンなど、シックなトーンが好きだといいう平野選手。実は幼少期から服に興味を持ち始めたというだけあって、自分に似合う色の選び方を良く知っている。
全身を同系色でまとめることで、よりシックにまとまっているのだが、サイズを2サイズ以上大きくすることで、さらにはチャーミングさが加わっているのも、平野選手らしいスタイリングの重要なポイント。
通常はMサイズが規格サイズになるところ、あえてオーバーサイズをチョイスしてみよう。コーディネートのフォルムに変化が生まれ、似合わないと思っていた服が、なぜか似合うこともあるだろう。
XL、2XLって聞くと、大きすぎではないか、と気後れしてしまいがちだけど、サイズにとらわれずにトライしてみることで、服の楽しみ方はグッと広がるに違いない。