Hello, Roger

30 Questions with Rogerロジャー・フェデラーへの30の質問

Photography by Theo Wenner
Styling by Jim Moore
Interview by UNIQLO

その日、彼が暮らすスイス・チューリッヒは季節外れの雪が降っていた。
今でもコンディションを調整するために通うという、
地元のテニスクラブに現れたスーパースターは、
「さあ、始めよう。 なんでも聞いてくれ」と笑顔でソファに腰掛けた。

  • Fine Cloth Super Non Iron Slim Fit Long Sleeve Shirt
  • Stretch Selvedge Slim Fit Jeans
  • Colorful 50 Socks
  • Extra Fine Merino V Neck Long Sleeve Cardigan

Q1. 今まで一番印象に残っている試合は?

2001年のウィンブルドンで対戦したピート・サンプラスとの試合。ピートは自分のヒーローだから。

Q2. 最も影響を受けた選手は?

ステファン・エドバーグ。落ち着いていて、ファンやジャーナリストからも愛され、周りから本当にポジティブな声しか聞こえてこない。彼が2年間自分のコーチをしてくれたのはとてもいい時間だった。

Q3. 10代の頃、プロを目指した時、心がけたことは?

いつかウィンブルドンで優勝するって信じていたよ。単にジョークや夢としてじゃなくて、現実的にそれを目指す。エドバーグやサンプラスのようになりたいと。

Q4. 試合中、感情のコントロールはどうやっている?

悪いポイントは、とにかくいったん忘れること。若い時は、子供のセーフティブランケットのように、タオルで顔を覆った。「もう大丈夫、それは過去のことなんだ、次へ行こう」と気分を切り替えたことがあった。

Q5. 不調の時、自分にどんな言葉をかけているか?

闇の先には必ず光が見える、試合の流れや状況を変えられるというポジティブな気持ちが大切。逆に相手が自分よりもいいプレイをした場合はそれを受け入れて次に切り替える。

Q6. 世界を旅する上で、体調をキープする方法は?

睡眠がすごく大事。十分に睡眠をとってエネルギーが溢れた状態で目が覚めると美しい気持ちになれるし、逆に安眠できないと、感情的になったり、病気や怪我に繋がったりする。

Q7. 時差ボケ解消法はある?

僕の秘訣はとにかく正しい時間に食事をとること。そして到着したその日は、夜ぐっすり眠るために忙しい状況を作ること。あとは水分補給も、時差ボケ防止にとてもいい。

Q8. テニスのために何かを制限することはある?

過度な制限はしていないし、楽観的な考え方を持っている。

Q9. もしテニスプレイヤーになっていなかったら?

幼い頃はサッカー選手を夢見ていたけれど、もう若い頃から自分はテニスプレイヤーになりたいと思っていた。

Q10. 家族とテニスをすることは?

時々するし、すごく楽しんでいる。家族とアクティブなことを一緒にするというのはとても気持ちのいいことだと思う。

Q11. どうしたらテニスが上手くなる?

常に情熱を持っていないと、ハードな練習や試合に耐えられる根気が身につかないと思う。

  • RF DRY-EX Short Sleeve Polo Shirt 19US
  • RF Dry Shorts 19US
  • RF Tennis Socks 19US

Q12. 座右の銘は?

若い頃にこういう名言を聞くことがあった。「重要な人間になることは素敵だが、素敵な人間になることの方が重要だ」。誰しも自分が注目の的になりたいと思っている。でも実際にはそれが一番重要なことではない。大切なのは、周りの人たちとどう接するかだと思うから、僕自身は誰と接しても同じ振る舞いをする。要するに僕らはみんな同じだということだ。みんなこの星に暮らしているわけで、お互いによくし合うべきだと思う。

Q13. 紳士であるとはどういうことか。

上品で洒落ていて、そのためのスタイルと自分自身の価値観を持っていること。両親に言われ、常に自分に言い聞かせているのが、人に対して優しくすることが成功の秘訣ということ。

Q14. あなたが最もスタイリッシュだと思う人は?

幸いなことにトム・フォードと夕食を共にする機会があった。彼はファッションだけでなく、テニスについてもすごく詳しかったし、アート、映画や本についてもすごく語り合えた。彼の頭の中でどんなことが起きているのかを知ることは、とても興味深かった。逆に彼も同様に、僕にプロアスリートの気持ち、価値観、ストレスとの付き合い方、フィジカル面のことを尋ね、いろんな対話を重ねた。自分たちの経験をシェアする貴重な体験だった。

Q15. 集めているものは?

父親は切手をよく集めていたね。僕は家族とビーチに行った時に貝殻を集めることがある。森に入ったら木の枝を集めたりするかな。子供たちが大好きで、ガレージには枝がいっぱいあるよ。

  • Wool Cashmere Chester eld Coat
  • Fine Cloth Super Non Iron Slim Fit Long Sleeve Shirt
  • Stretch Selvedge Slim Fit Jeans

Roger Federer

ロジャー・フェデラー

Professional Tennis Player

プロテニスプレイヤー。1981年、スイス・バーゼル生まれ。2004年に世界ランク1 位に君臨、それ以来記録となる237週連続でトップに在位。グランドスラム最多優勝回数20回、うちウィンブルドンでの最多優勝回数8 回を誇る。(2019年7月時点)ユニクロのグローバルブランドアンバサダーを務める。

Q16. カラオケに行ったことは?

東京で一度行ったことがある。僕の歌は本当にひどかった。

Q17. お気に入りのインスタアカウントを教えて。

美しい写真が集められた、ナショナルジオグラフィック。

Q18. 今まで言われた言葉で、最も嬉しかったのは?

昨晩、友達と夕食を食べながら言われた言葉。「この歳になってまで、テニスコートであれだけ戦えるのは本当に素晴らしいことだ」。彼は僕のことを本当に理解してくれているからこそ、今よりもさらに素晴らしい日々が僕に待っていると信じてくれている。

Q19. 20年前の自分に声をかけるなら、どんな言葉?

人生長いんだから、あまり細かいことにストレスを感じたり無駄な時間をかけたりする必要はないよ、って言っているかな。

Q20. 20年後の自分は何をしていると思う?

20年後もスポーツを続けられている健康な体であることを願っているし、チャリティの取り組みがこの先、実を結ぶことが、大きな目標にはなっている。

Q21. 世界の秘密をひとつだけ知ることができるとしたら?

地球外生命の存在。宇宙はとても大きいからワクワクするよ。

Q22. 今一番会いたい人は?

会ってみたかったのは尊敬するネルソン・マンデラさんだね。

Q23. なぜスポーツブランドではない我々と契約を?

僕は単なるテニスプレイヤーで終わるのではなく、その先のビジョンがある。その考えにユニクロは賛同してくれた。ユニクロはスポーツブランドでも、単なるアパレルカンパニーでもない、LifeWearを作っている会社だからね。

Q24. スイスで一番好きな場所は?

街で言えば自分自身が生まれ育ったバーゼル。スイスの自然の素晴らしさは、どこから話していいのか分からない。マッターホルンという美しい山を見るたびに、この国で生まれたことを誇りに思う。

  • Wool Cashmere Chester eld Coat
  • Fine Cloth Super Non Iron Slim Fit Long Sleeve Shirt
  • Stretch Selvedge Slim Fit Jeans

Q25. スイスにユニクロはマッチする?

チューリッヒの中央駅通りに素敵な路面店ができたらいいな。店の上には素敵な日本食レストランがあったりして。四季の暮らしに必要な服が、頭のてっぺんからつま先まで揃っているから、ユニクロはスイスで絶対上手くいくと思うよ。

Q26. 自分に欠かせないユニクロのアイテムは?

ULDは欠かせない存在。あと、ユニクロはいい靴下を作っていると思う。今回の撮影に使ったジーンズも素晴らしいね。

Q27.ゲームウエアのデザインで大切なのは?

ゲームウエアの開発は、今一番楽しんでいること。細かいところまでユニクロチームと一緒に詰めている。テニスには偉大な歴史があって、僕らはそれを賛美すべきと思う。「ロジャーは素晴らしいテニスウエアを着ているね」と皆に言ってもらえるように、がんばっているよ。

Q28. これからテニスをやってみたい国は?

母の出身地の南アフリカだね。それからアジアが大好きなんだ。アジアを旅して、話に聞いた場所や町を訪ねてプレーして、自分の目と肌で感じることはすごく楽しい

Q29. ロジャー・フェデラー基金ができることは何?

アフリカ大陸の南部の国々と、スイスの恵まれない子供たちにフォーカスしている。財団の使命は、貧困の中で生きる子供たちを支援すること。彼らを強くし、チャンスを与えること。新しい建物を造る、教育を受けた先生を派遣する、学校に行くチャンスを提供すること。

Q30. 近々日本でのプレイは実現しそう?

もちろん、もっと日本でプレイしたい。日本は僕が本当に楽しめる場所のひとつだからね。ユニクロとの繋がりがあるから、たくさんの友達ができたわけだし。今年も来年も行きたい。2020年にオリンピックも控えているし。そこでプレイできるかは、わからないけどね(笑)。

Roger Federer

ロジャー・フェデラー

Professional Tennis Player

プロテニスプレイヤー。1981年、スイス・バーゼル生まれ。2004年に世界ランク1 位に君臨、それ以来記録となる237週連続でトップに在位。グランドスラム最多優勝回数20回、うちウィンブルドンでの最多優勝回数8 回を誇る。(2019年7月時点)ユニクロのグローバルブランドアンバサダーを務める。

このページをシェアする

LifeWear magazineに対するご感想やご意見を募集しております。

本誌に関するアンケートはこちら