1. ユニクロTOP
  2. スウェーデン代表チームとのパートナーシップ

スウェーデン代表チームとの
パートナーシップ

2019年、スウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会とユニクロは、スウェーデンのオリンピック・パラリンピックチームのメインパートナー兼、選手のウェアを提供するオフィシャル・クロージング・パートナー契約を締結しました。

2024年にフランス・パリで開催予定のオリンピック・パラリンピック競技大会まで契約を継続し、選手団や関係者にユニクロのウェア類を提供します。

パートナーシップを通して、スウェーデンの文化・トップアスリートから学び、「高品質」「革新性」「持続可能性」の要素をもつ新しいLifeWearを創造します。

さらに、服とスポーツのチカラを通して、若者や子供たちがアクティブで健康的なライフスタイルを過ごせるよう、チームスウェーデンと共に、応援する活動を推進していきます。

ウェア開発ストーリー

スウェーデン選手団のための
公式ウェアができるまで

スウェーデン選手団のための公式ウェアができるまで

ユニクロが提供するウェアは、スウェーデンの選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるようにデザインされ、競技の時だけでなく24時間365日をサポートすることを目的としています。それは、あらゆる人の暮らしを豊かにするというユニクロのLifeWearのコンセプトに通じるものです。

シンプルで美しいデザインと、快適さと機能性を追求していくほど、求められるのは高品質な素材、洗練されたシルエットと心地良いフィッティング。実際、選手とのモニターテストを何度も行い、要望を聞きながら、その品質と機能性を高めました。

イベントレポート

スウェーデン選手のモーグル教室&店舗訪問
(2022年4月/北海道・札幌)

ユニクロはスウェーデンスキー連盟とオフィシャルサプライヤー契約を締結しており、モーグル競技スウェーデン代表のウォルター・ウォルバーグ選手が参加するモーグル教室イベントを協賛。次世代の若者の夢を応援する「ユニクロドリームプロジェクト」の一環としてイベントに参加しました。イベント後、選手たちはユニクロ札幌エスタ店を訪問し、Tシャツデザインや撮影会など、お客様との交流も楽しみました。

ユニクロドリームプロジェクト
(2020年7月~/スウェーデン各地)

2020年7月にスタートしたユニクロドリームプロジェクト。「Together for the Future」のビジョンの下、トップアスリートを招致したスポーツイベントをスウェーデン各地で開催。これまで約35,600人の子供達と約400の学校がイベントに参加し、様々なスポーツを楽しみました(数字は2022年7月時点)。

ユニクロチームスウェーデン結成と
共同声明発表
(2020年7月/東京・有明 ※スウェーデンとオンライン中継)

スウェーデンのトップアスリートおよびレジェンド計13名による、ユニクロ初のチームブランドアンバサダー「ユニクロチームスウェーデン」の結成を発表。さらに、スウェーデンオリンピック・パラリンピック両委員会と共に、未来に向けた共同声明「Together for the Future」を公開し、トップアスリートとの交流を通して、子供たちが好きなスポーツに出会い、アクティブで健康的な過ごし方を体験できる場の提供を行っていくことを発表しました。

プレスリリース

メディア紹介記事

スウェーデン関連情報を取り上げる雑誌CARINGで
スウェーデンとの次世代育成イベントやチームスウェーデンを紹介して頂きました。

スウェーデン関連情報を取り上げる雑誌CARINGで
スウェーデンチームとのパートナーシップについて紹介して頂きました。

スウェーデンとユニクロ

世界で最も革新的な国のひとつとして知られ、優れたテクノロジー、美しくシンプルなデザインや現代的なライフスタイルを尊ぶスウェーデンは、ユニクロのLifeWearの理念に通じる素晴らしい国です。

2018年8月、ユニクロはスウェーデン初となる店舗をストックホルムにオープン。ストックホルム有数の歴史があり、市民の憩いの場として愛されている王立公園(キングスガーデン)に隣接する店舗は、4フロアに渡る大型店です。1969年に建設された、スウェーデンのモダニズム建築を代表する建築家スヴェン・マルケリウス設計による近代建築の一角を占めており、店内は、一部に当時のデザイン要素を取り入れています。
1号店クングストラッドゴーダン店の詳細はコチラ