着て1秒、日焼け止め。

手軽だから、習慣になる。毎日の紫外線ケアをもっと快適に。

着るUVカットとは?

「着る」紫外線ケアの3つの特徴

時短

サッと羽織るだけ、
手間いらず。

効果持続

汗をかいても、
動いても、安心。

肌ケア

肌に負担をかけずに、
紫外線をブロック。

着るだけで紫外線を90%カット

2つの技術で、紫外線から大切な肌を守ります。

紫外線を吸収する。

紫外線を吸収する。
UVカット成分を素材に浸透させ、
紫外線を吸収する。

紫外線を反射する。

紫外線を反射する。
紫外線を反射させる原料を繊維に練り込み、反射する。

アイテムの素材に合わせて、2つのうち最適なUVカット加工技術を採用しています。

薄い生地や淡い色の素材でも、UVカット効果をキープ。

春夏らしい、通気性の良い素材と淡色アイテムでも、しっかりUVカット。

多様なアイテムにUVカット機能をプラスしました。

ユニクロでは、UPF15-40の商品をご用意しております。

UVカットアイテムについて、もっと知りたい!

Q UPF値って?
A 素肌の状態と比較して、何倍の時間で同じくらい日焼けするかの目安です。
繊維製品に表示される紫外線保護指数。UPF値が高いほどUVカット効果が高く、紫外線の影響がでるまでの時間が長くなります。(UPF値の目安…UPF25=素肌と比較して、約25倍の時間で同じ量の紫外線を浴びる)
例えば、ユニクロのスーピマコットン100%(白色)の場合、UVカット未加工だとUPF5ですがUVカット加工をするとUPF25になります。
Q 洗濯すると、UVカット効果は弱まるの?
A 10回の洗濯でも効果が落ちないことを検証済み。
ただ、紫外線吸収タイプの加工は、洗濯の回数を重ねていくと、数年で徐々にその効果が薄れる場合があります。一方で、紫外線を反射するタイプの加工では、繊維に反射材が練りこまれているので、基本的に効果は半永久的に持続します。

ユニクロのUVカット商品は、素材にUVカット機能を持つ特殊成分を加工しています。
UVカット商品から露出する箇所には、日焼け止め剤などのUVケアも必要です。

商品ラインナップ

UVカットクルーネックカーディガン

一枚、羽織るだけで安心。
母娘コーデは上品スタイルで。

STYLING BOOK