UTロゴ

LINEUP ラインナップを見る

ワンピース

アニメ放映20周年記念!君とONE PIECEの思い出がUTになって登場。
1999年に放送を開始したTVアニメーション「ワンピース」。2019年、いよいよ放送20周年を迎えます。原作は『週刊少年ジャンプ』で絶賛連載中の、尾田栄一郎氏による少年マンガ。常に高い人気を誇るロングシリーズとなり、映画の大ヒットなどいくつものムーブメントを起こしながら、今なお成長しつづける、少年向けエンターテイメントの最高峰です。

商品ラインナップ

ONE PIECE STAMPEDE

アニメ放映20周年記念!君とONE PIECEの思い出がUTになって登場。

アニメ放映20周年記念!君とONE PIECEの思い出がUTになって登場。 こちらは尾田先生による宝探し衣装のデザインラフ。夏休み衣装だけでなく、もう一つの宝探し衣装についてもUTチームと映画スタッフが協力。

アニメ放映20周年記念!君とONE PIECEの思い出がUTになって登場。 万博マークTシャツを着たチョッパー


 言わずもがな、『ONE PIECE』。もはやマンガの枠はとうに越えた、結末を知らずしては決して死ねない一大叙事詩である。天気よりも次のストーリーの展開が気になって仕方がない。

 そんな『ONE PIECE』の劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE』が8月9日(金)に公開予定なのだが、実はUTが麦わらの一味の衣装デザイン協力をしているのである。嬉しい! 『ONE PIECE』の衣装は“実在する形状”をベースにしつつも、漫画的な遊び心が必ず盛り込まれている。そんな尾田先生が描くこだわりの世界観に果たして迫れるのか。幾度とないやりとりの結果がこのとおり。上段が我々UTのデザイナー陣が監督からのお題“夏休み”をテーマに考え抜いた案を、尾田先生の監修を経て、映画のキャラクターデザイン、佐藤雅将さんが仕上げたのだ。当初のUT案のルフィは巨大なカブトムシを背負わせてたり、フランキーの肩は提灯仕様だったりと程よくハチャメチャだったが、「フランキーは少年的に格好よくてバカバカしいがテーマです」との尾田先生のアドバイスを受けながら、UTと映画スタッフが団結しアイデアを積み重ねデザインを練りあげた。最終的に「かわいいですね」とのコメントを尾田先生から頂けたのが一番の思い出。これから映画で実際に動くのが楽しみすぎる。あっ、どこでこの衣装を着ているのかというと、映画冒頭のシーンで出てくる予定。ルフィたちはサニー号でわいわいと夏休みを満喫しているのだ。ルフィの背負う花火の打ち上げ筒も劇中どのように使われているのか? ちなみに本編でチョッパーが着ている万博マークTシャツはそのまま商品化! もちろん、『ONE PIECE』のTシャツは今回もたくさんご用意!

アニメ放映20周年記念!君とONE PIECEの思い出がUTになって登場。

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』©尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会