ちょっとしたケアで差がつく
ウールコートのお手入れ方法
ちょっとしたケアで差がつく
ウールコートのお手入れ方法
Nov 22, 2019 OTHER

お気に入りの洋服は、できるだけ長く、キレイに着たいですよね。お手入れ方法に関する連載、8回目のテーマは「ウールコートのお手入れ方法」です。冬物アウターの定番、ウールコートは、着用頻度が高いものの、自宅で簡単に洗濯できないアイテム。そこで、自宅で簡単にできるお手入れ方法や、長持ちさせるコツをご紹介します!





頻繁に洗濯できないウールコートは、毎日のちょっとしたケアが重要です。




ホコリや汚れが気になる場合は、衣類用のブラシでブラッシングしましょう。襟元から肩、腕の順に、上から下にブラッシングします。特に気になる箇所は、繊維の流れに逆らうように下から上にブラッシングしてホコリをうかせます。
※ブラッシングしすぎると風合いを損なう恐れがあるので注意しましょう。




クローゼットにしまう時は、厚みのあるコートハンガーにかけます。




お気に入りのコートは毎日着たくなってしまいますが、着用頻度が高くなると型崩れを起こしやすかったり、生地が摩耗しやすくなったりしてしまいます。別のアウターと組み合わせて、着用頻度をおさえることで風合いを保ちやすくなります。





肩や袖口、腰部分など摩擦が起きやすい箇所は毛玉ができやすくなります。放置せずに早めに毛玉をとりましょう。




つまんで引っ張ると生地を傷めるので、必ず道具を使います。刃先の細いはさみがおすすめです。毛玉がついた箇所を平らに置き、生地を切らないように優しく切り取ります。




市販の電動毛玉取り機もおすすめです。平らな場所で、押さえつけず優しく撫でるように操作しましょう。※毛玉が小さすぎると吸い込まないことがあります。







【Staff Credit】
撮影:相沢千冬(biswa)/ 辻崇志