トップスも、ボトムスも。
コーデュロイで秋にシフト
トップスも、ボトムスも。
コーデュロイで秋にシフト
Aug 19, 2019 WOMEN

おしゃれを秋へとシフトするなら、まずチェックしたいのが今シーズンもトレンドのコーデュロイアイテム。トップスからボトムスまで、この秋、注目アイテムが続々登場です。今回のToday’s Pick Upでは、この秋の要マークアイテムを最旬スタイリングとともにご紹介します。






暖かみのある風合いのコーデュロイパンツは、ハイウエストかつワイドシルエットで今どきのムードに仕上がった1本。お腹まわりはすっきりと見えるデザインなので、ざっくりニットも、細身シルエットのニットをインしても、バランスが作りやすく、おしゃれが簡単に決まります。


【着用アイテム】
ハイウエストコーデュロイワイドストレートパンツ(丈標準70~72cm)
スフレヤーンモックネックセーター(長袖)
※その他、スタイリスト私物






トップスをインした時に美しいシルエットを作るハイウエストのデザインと、長め丈の台形シルエットで、どこかクラシカルなムードのスカート。カジュアルすぎず、きれいめすぎないから活用度も高め。ニットオンニットにしたトップスから、濃淡を効かせたトレンドのキャメルカラーで全身をまとめて、今っぽさを加えるのもおしゃれのコツ。


【着用アイテム】
コーデュロイロングスカート(ハイウエスト・丈標準77~79cm)
エクストラファインメリノクルーネックカーディガン(長袖)
エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)
※その他、スタイリスト私物







ジーンズジャケットのようなジャケットも、コーデュロイの表情とマイルドなピンクでぐっとフェミニンな印象に。白×黒のシンプルスタイルの上に羽織るだけで季節感も、おしゃれ度もぐっとアップ。スウェットをインしてももたつかないオーバーサイズのシルエットは取り入れやすさも抜群!


【着用アイテム】
コーデュロイオーバーサイズジャケット
スウェットクルーネックシャツ(長袖)
スフレヤーンフレアスカート
※その他、スタイリスト私物






レディーなカラーが目を引くパンツは、ストレッチ入りでウエストもゴム。そんなリラックシングなデザインながら、ジャケットスタイルにもすんなりと取り入れられるのは、コーデュロイ素材だから。肩掛けしてもサマになるゆったりシルエットのジャケットはメンズアイテムをチョイス。シャツの白でメリハリを効かせれば、旬度高めなよそ行きスタイルに。


【着用アイテム】
コーデュロイフレアパンツ
ツイードジャケット
エクストラファインコットンVネックロングシャツ(長袖)
※その他、スタイリスト私物






一枚ではもちろん、羽織もの感覚でも取り入れられるシャツワンピースは、共布の紐つきで、着こなしのアレンジも楽しめる優れもの。ニットとスカートにレイヤードさせれば、さらに新鮮なバランスが楽しめます。グレーの掛け合わせに、ネイビーの上品さを持つシャツワンピースの存在感が加われば、装いも簡単にグレードアップ。


【着用アイテム】
コーデュロイシャツワンピース(長袖)
エクストラファインメリノタートルネックセーター(長袖)
プリーツロングスカート(丈標準80~84cm)
※「プリーツロングスカート(丈標準80~84cm)」は人気商品のため、品薄となっております。売り切れの場合はご容赦ください。
※その他、スタイリスト私物






細身で美しいシルエットのスカート。コーデュロイならではの美光沢感がオフィススタイルにも取り入れられそうなきちんと感を保ちつつ、ウエストゴムでリラックス感のあるはき心地も両立。オーバーサイズのシャツとニットでトップスはゆったり、ボトムは縦長にキュッと引き締めて、バランスよく着こなして。


【着用アイテム】
コーデュロイロングナロースカート
ケーブルリラックスカーディガン(長袖)
フランネルチェックスキッパーシャツ(長袖)
※その他、スタイリスト私物







秋も引き続きトレンド続投のワントーンコーデ。深まる季節のホワイトは、素材で季節感を加えるのがポイント。温かみのあるコーデュロイに、ウールの白を重ねて、ボトムにはスウェット、足元にはヒールパンプスでアクセントを。らくちんだけれど、脱・無難なシャレ見えコーデが完成。


【着用アイテム】
コーデュロイスキッパーシャツ(長袖)
3Dプレミアムラムコクーンカーディガン(長袖)
ボアスウェットパンツ
※その他、スタイリスト私物



【Staff Credit】
Photo/Yusuke Raika(aosora)
Stylist /Kaori Higuchi
Hair & Make/Mikiko Suzuki
Model/Satoko Miyata
Writer/Yoko Matsui