初夏の装いをブラッシュアップ!
最旬ホワイトブラウス
初夏の装いをブラッシュアップ!
最旬ホワイトブラウス
Jun 03, 2019 WOMEN

気持ちもどんどん夏に向かっていくこれからの季節、おしゃれの鍵になるのがトップス。今回のToday’s Pick Upでは、鮮度も旬度もさらにアップしたユニクロのトップス、中でもホワイトブラウスにフィーチャー。ヘルシーでフェミニンな最旬の白トップスをTシャツ感覚で取り入れて、おしゃれの鮮度をぐっとあげて!







しなやかなラインでフェミニンさを加えてくれる、素材のドレープをロングTシャツ感覚で気軽に取り入れて。サイドのカッティングがさりげないポイントとなって、すっきり見えにもひと役。アンクルパンツとのシンプルな掛け合わせでも、どこか上品なムードを演出してくれます。


【着用アイテム】
ドレープブラウス(7分袖)
EZYアンクルパンツ(グレンチェック)(丈標準66~68cm)
※その他、スタイリスト私物







トレンド感いっぱいのオーバーサイズのシャツも、白なら軽やか。前後差のあるデザインがサイドスタイルを美しく引き立て、全方位美しく見せてくれます。タンクトップを合わせたデコルテは、広めに見せることでリラックス感もアップ。黒のアンクルパンツとスポーティ小物をミックスさせたモノトーンコーデで辛口に仕上げて。


【着用アイテム】
エクストラファインコットンオーバーサイズロングシャツ(長袖)
リブタンクトップ
EZYアンクルパンツ(丈標準66~68cm)
※その他、スタイリスト私物






ふんわりとした袖口がフェミニンなムードのレーヨン素材のVネックブラウス。オフィスシーンにも便利な一着を、あえて異素材のチノスカートでカジュアルダウンさせればこなれ感もアップ。グレーのカーデを肩掛けして、ヘルシーさと知的な雰囲気をマークして。


【着用アイテム】
レーヨンVネックブラウス(長袖)
コットンカシミヤリブリラックスカーディガン(長袖)
チノフロントボタンロングスカート(ハイウエスト・丈標準80~84cm)
※その他、スタイリスト私物






ハイネックでフロントにたっぷりとタックが入ったブラウスは、ボリューム袖で着映え感も抜群。ウエストリボンのワイドパンツと合わせれば、簡単に旬バランスの着こなしが完成します。きれいめな小物をプラスさせて、よそゆき顔のおしゃれを楽しんで。


【着用アイテム】
ハイネックボリュームスリーブブラウス(長袖)
ベルテッドリネンコットンワイドストレートパンツ(丈標準66~68cm)
※その他、スタイリスト私物






とろんとした落ち感のあるチュニックに、同素材のブラウンのパンツを合わせれば、さりげなく縦長効果が生まれ、上品さとリラックス感も加わります。チュニックは肩まわりを美しくカバーするフレンチスリーブもうれしいポイント。首元のカーディガンで全身のバランスを整えて。


【着用アイテム】
ドレープフレンチスリーブチュニック
コットンカシミヤリブリラックスカーディガン(長袖)
ハイウエストドレープワイドストレートパンツ(丈標準68~70cm)
※その他、スタイリスト私物






ふんわりとした袖が優しげなムードを生むブラウスに、フレアのスカートでフェミニンシルエットの装いに。シャープなVのネックデザインが女性らしい華奢さを強調し、甘めなデザインにメリハリを作ってくれます。クリーンな白と、こっくりとしたボルドーの上品配色もさりげなく印象的。


【着用アイテム】
Vネックボリュームスリーブブラウス(7分袖)
ドレープサーキュラースカート(丈標準73~77cm)
※その他、スタイリスト私物






体が泳ぐゆったりシルエットのVネックのドレープブラウスをタイトシルエットのリブスカートにオン。ドレープ素材は、汗をかいても乾きやすいドライ機能もついているので、汗ばむ季節に心強い存在。コットンのTシャツよりも立体感が生まれ、軽やかでバランスの良いカジュアルスタイルが叶います。


【着用アイテム】
ドレープVネックブラウス(半袖)
デニムジャケット
リブタイトロングスカート(丈標準76~80cm)
※その他、スタイリスト私物



【Staff Credit】
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
スタイリスト/松村純子
ヘア&メイク/森野友香子(Perle)
モデル/宮田聡子
構成・文/松井陽子