洗濯のプロがレクチャー
ジーンズのお手入れ方法
洗濯のプロがレクチャー
ジーンズのお手入れ方法
Apr 11, 2019 OTHER

お気に入りの洋服は、できるだけ長く、綺麗に着たいですよね。そこで、お手入れ方法に関する新連載がスタート!第1回目のテーマは「ジーンズ」です。色落ちが気になったり、ホコリがつきやすかったり、日々のお手入れで気になるお悩みについて、洗濯家の中村祐一さんにお話を伺いました。洗濯に関する基本から、役に立つ豆知識まで、たっぷりご紹介します!





ジーンズは色移りしやすいだけでなく、衣類のなかでも厚みがあり、硬い素材のため、他の洗濯物と一緒に洗うと摩擦で繊維を傷つけてしまいます。ジーンズを洗濯するときは、ジーンズだけ洗うのがベター。気をつけるべきポイントは3つです。




まず、ほとんどの洗剤は「弱アルカリ性」か「中性」で、「弱アルカリ性」のほうが「中性」よりも洗浄力が高いことを覚えておくと便利です。通常のお洗濯で使用する洗剤は洗浄力が高く、その分色落ちしやすくなります。ジーンズを洗うときは、おしゃれ着用の中性洗剤を使うのがおすすめです。





お湯で洗うと皮脂汚れが落ちやすくなるのですが、水温が上がると、色も落ちやすくなってしまいます。そこで、ジーンズを洗うときは常温にするのがポイントです。




ジーンズは摩擦することで色落ちします。洗濯機の標準コースは、回転数が多く摩擦がたくさん起こるため、「ドライコース」や「手洗いコース」など、ソフトに洗うコースを選択しましょう。





ブラックジーンズはホコリが目立ちやすく、お悩みの方も多いのではないでしょうか。ホコリは、摩擦で静電気が起きたり、お洗濯の過程でもついてしまったりします。毎日のちょっとしたケアで、ホコリがつきにくくなるように予防ができるので、ポイントをご紹介します。




摩擦による静電気を防ぐために、市販の静電気防止スプレーを使うのもおすすめです。静電気が起きないように予防してくれるだけでなく、帯電してしまった静電気の除去もできる優れもの。ただし、ついてしまったホコリを取ることはできないので、ホコリやゴミがついてない状態でスプレーしましょう。





仕上げに柔軟剤を使うと、静電気が起こりにくくなりホコリなどがつきにくくなります。また、他の洗濯物と一緒に洗うと毛羽がつきやすいので、別にしてお洗濯するのがおすすめ。ちなみに、洗濯機の糸くずフィルターにゴミがたまっていると、それも衣類に付着してしまうので、綺麗にしておきましょう。




【Staff Credit】
Photo:相沢千冬(biswa)
監修:中村祐一