春の流行速報!
“着映えカラー”はどれから始める?
春の流行速報!
“着映えカラー”はどれから始める?
Dec 26, 2018 WOMEN

寒さ厳しい毎日でも気になるのは次のトレンド。この春は、イエローやブルー、ベージュ、ラベンダーなど華やかさのあるきれいな色がブームの予感。冬の今はコートの下から取り入れて、気分も着こなしも鮮度アップさせて。





春らしい爽やかさを感じさせる白ベースのボーダーニットは、あえてメンズのものをチョイスしてラフなムードを演出。落ち感がきれいなドレープ素材のクロップドワイドパンツでまとめたら、カーディガンをオン。白からネイビーへのグラデーションカラーが洗練された印象を作ってくれる。


【着用アイテム】
UVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン(長袖)
スーピマコットンボーダークルーネックセーター(長袖)
ドレープワイドクロップドパンツ
※その他、スタイリスト私物





耐水撥水、防水、防風、除湿、ストレッチ性を持つポリエステル100%素材のブロックテックシリーズから新たにモッズコートタイプが登場。袖や肩まわりにゆとりがあるので、インに重ね着しても動きやすいのがうれしい。パーカーとデニムスカートは白に統一してクリーンにまとめたら、モダンなスポーティスタイルが完成。


【着用アイテム】
ブロックテックモッズコート
スウェットプルパーカ(長袖)
デニムジャージースカート(丈標準73.5~77.5cm)
※その他、スタイリスト私物





スポーティなブルゾンがあれば、トレンドスタイルも簡単にトライできる。こちらは襟にフードを内蔵した本格的な一着。軽量かつ、さらりとした素材感で今時期ならコートの下に着るのもあり。スポーティなものと相性抜群のスウェットトップスを着たら、広がりのきれいなサーキュラースカートで上品にまとめて。発色のいいラベンダーが白に映えて素敵!


【着用アイテム】
スタンドカラーブルゾン
スウェットプルオーバー(長袖)
フロントボタンサーキュラースカート(丈標準76~80cm)
※その他、スタイリスト私物





秋からじわじわとブレイク中なのがさらりと羽織れるブルゾン。コットン素材なので着心地は軽く、きれい見えするからデイリーにも気軽に取り入れられる。インに着たのは、持っておきたいベーシックとして大人気のワッフルTシャツ。ヴィンテージライクな発色のカーキがシャレ感をアップ!台形のシルエットが新鮮なデニムスカートで辛口カジュアルにスタイリングして。


【着用アイテム】
コットンパーカ
ワッフルクルーネックT(長袖)
デニムフロントボタンスカート(丈標準59~61cm)
※その他、スタイリスト私物





リネン混の軽やかなシャツワンピースに重ねたのは、イエローを基調にしたニット。ミックスカラーだから悪目立ちすることなく上品に馴染む。ドルマンスリーブのゆったり感やシャツの裾に入った大きなスリットが今っぽいリラックスムードを演出。黒のレギンスでワンピースと足元をつなげ、スタイリッシュに引き締めて。


【着用アイテム】
カラーミックスドルマンスリーブセーター(長袖)
リネンブレンドロングシャツ(半袖)
ワッフルレギンス(10分丈)
※その他、スタイリスト私物





メンズライクなオープンカラーのコートは無造作に羽織るだけでもしゃれた雰囲気が漂う、完成度の高い一着。こなれ感のあるグレーとリネン混の素材が表情を作ってくれるから、インナーはシンプルにまとめてもOK。メンズのニットでゆったり感を意識したら、テーパードパンツですっきりとコーディネートして。裾を小さくロールアップすると抜け感が出て、スタイルアップにもお役立ち。


【着用アイテム】
リネンブレンドコート
クロップドクルーネックT(半袖)
スーピマコットンクルーネックセーター(長袖)
ベイカーパンツ(丈標準65~67cm)
※その他、スタイリスト私物



【Staff Credit】
photo:Arata Suzuki(go relax E more)
Stylist:Yuki Yoshimura
Hair&Make:Harumi Kanbe
Model:Nanami Kanou
Compositon&Text:Sachiko Hiruta