着まわしも着映えも!
この秋アウターが頼りになる
着まわしも着映えも!
この秋アウターが頼りになる
Nov 07, 2018 WOMEN

秋の始まりとともにおさえておきたい、軽めのアウター。スタイルの顔になるアイテムだからこそ、とびきり鮮度のあるものを選びたい。ざっくり羽織りたいニットカーデやもこもこ感がキュートなフリースアウターなど、今年のニューフェイスを一挙ご紹介。






落ち着いたワインレッドが印象美人へと導いてくれるコーディガン。ふっくら肌触りの良いウール素材は、暖かいだけでなく柔らかなムードを演出してくれる。ハイネックニットにピンストライプのパンツという通勤スタイルにもすっとなじむ。スカートの日にも合わせやすい、長すぎない丈というのも買いたくなる理由。


【着用アイテム】
メランジウールフーデットニットコート(長袖)
リブハイネックT(長袖)
EZYツイードアンクルパンツ(ストライプ)
ヴィンテージスキニーベルト
※その他、スタイリスト私物






裏地がチェック柄になったダブルフェイスのコートは、さらりと羽織るだけでフロントがきれいに広がり、スタイルに華やかさをプラス。上質感のあるなめらかなウール素材も大人ウケするポイント。美しいシルエットが自慢できるフレアスカートのトップスは潔くシンプルするのが正解。ハッと目に留まる印象的なフェミニンコーデを楽しんで。


【着用アイテム】
ダブルフェイスノーカラーコート
カシミヤクルーネックセーター(長袖)
ウールブレンドフレアスカート(ハイウエスト・丈短め64~67cm)
※その他、スタイリスト私物






もこもこの風合いが可愛いフリースカーディガンは、適度なゆとりをもたせながらもコンパクトに仕上げられているのが特徴。秋はアウターとして、冬になったらコートのインナーとして着るのもOK。カジュアルになりすぎないよう、たとえば上品な光沢感があるタイトスカートを。大人のカジュアルにはいつでもきれいめのエッセンスがマスト。


【着用アイテム】
フリースノーカラージャケット(長袖)
スウェットクルーネックプルオーバー(長袖)
ボアスウェットスカート
※その他、スタイリスト私物






ベージュのカーディガンは上品で存在感たっぷり。理由はドロップショルダーや太めのリブ、ボリューム感など今どきのディテールをきちんと網羅しているから。その上暖かくて軽いならマストハブ。ハイウエストデニムで重心をアップさせれば、スニーカーコーデでもこなれ感のある着こなしに。


【着用アイテム】
ウールリブニットコート(長袖)
ワッフルクルーネックT(7分袖)
ハイライズストレートアンクルジーンズ(丈標準70cm)
※その他、スタイリスト私物






ニットワンピースの上に重ねてもすっきり見える。そんな美人シルエットにこだわったツイードニットコートはボタンも控えめに、究極にシンプルに仕上げたのが大人っぽい。ささっと羽織ってもラフに見えない仕立てのよさも自慢。この秋大ヒット間違いなしのブラウンを、こんなシックな色合いからスタートするのも素敵!


【着用アイテム】
ツイードニットコート(長袖)
プレミアムラムタートルネックワンピース(長袖)
※その他、スタイリスト私物







ボーダートップスにスキニーデニムのベーシックを鮮度よく見せてくれたのは、最旬グリーン×グレーのダブルフェイスコート。動きに合わせて裏地がちらりと効いて、コーディネートに奥行きを出してくれる。ほんのり光沢のあるウール混素材もカジュアルを格上げしてくれる、いいスパイスに。


【着用アイテム】
ダブルフェイスフーデットコート
ボーダーボートネックT(長袖)
EZYジーンズ(丈標準76cm)
※その他、スタイリスト私物






アウターが主役の季節だからこそ、旬顔のボアコートで高感度をアピール。こちらはドロップショルダーでラフなムードを演出しながらも、Vネックにすることでシャープに着られるのが絶妙。フィット感のあるタートルネックとセンタープレスのパンツで、インナーは縦長ラインを意識。クールさのある大人カジュアルで好印象を狙って。


【着用アイテム】
フリースコーディガン(長袖)
エクストラファインメリノリブタートルネックセーター(長袖)
ポンチスティックスリムパンツ(丈標準65cm)
※その他、スタイリスト私物



【Staff Credit】
photo:Soudai Yokoyama
Stylist:Aiko Ishihara
Hair&Make:Taisei Kuwano(ilumini)
Model:Nanami Kanou
Compositon&Text:Sachiko Hiruta