注目のフランネルシャツ
今年なら、どう着こなす?
注目のフランネルシャツ
今年なら、どう着こなす?
Sep 04, 2018 WOMEN

秋から冬にかけて大活躍するフランネルシャツ。一枚でももちろん、レイヤードしたり、アウター感覚で羽織ったりと、UNIQLOでは今シーズンも充実のラインナップでお届けします。

でも、もはや定番のような存在とあって、今年らしく取り入れるならどうすればいいか悩む人もいるのでは?

そんな人のために、今回のToday’s Pick Upでは、人気スタイリスト・吉村友希さんがすぐに真似できる最旬のフランネルスタイルを提案してくれます。ぜひ参考にしてみてください。




スタイリスト吉村友希さん

シンプルなのに、どこか知的なリアルクローズの提案を得意とする吉村さんは、雑誌「BAILA」「Marisol」「LEE」「éclat」で活躍中。色づかい、小物づかいにも定評があり、大人の女性からの支持も厚い。








「いくつかの色で構成されるチェック柄から色を拾えば、今年らしいデザインのボトムとも自然に馴染みます。ベーシックなアイテムとも、もちろん合いますが、旬度の高いアイテムを加える方が大人っぽい印象で着こなせますね。このチェック柄は白もアクセントになっていてすっきりとした印象に。赤のスリッポンをアクセントに。」


【着用アイテム】
フランネルチェックシャツ(長袖)
ポンチカシュクールオールインワン(ノースリーブ)
デニムジャケット
※その他、スタイリスト私物







「ネイビーカラーに、赤と白という王道のタータンチェック柄シャツを腰巻にして、黒のワントーンコーデのアクセントにしました。これもやはり、チェックの白を拾って、小物とリンク。ローファーや、フォルムのあるレザーバッグと合わせてトラッドなムードをアレンジしました。」


【着用アイテム】
フランネルチェックシャツ(長袖)
エクストラファインメリノリブタートルネックセーター(長袖)
ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)
ウールツバヒロハット
※その他、スタイリスト私物







「白ベースのモノトーンのチェック柄は、重くなりがちな秋冬スタイルのポイントづかいに有効。たっぷりとしたサイズ感のメンズのスウェットにレギンス感覚で合わせたホワイトデニムの掛け合わせという、リラックス感あるスタイリングに肩掛けすれば、目線が上に集まり、全身がバランスよくまとまります。あえて足元に色を差して、ラフさを払拭。」


【着用アイテム】
フランネルチェックシャツ(長袖)
スウェットシャツ(長袖)
コンパクトコットンクルーネックT(長袖)
ウルトラストレッチジーンズ
※その他、スタイリスト私物







「黒地に白とブルーで構成されたチェック柄は、チェック柄の中でも控えめな存在感で取り入れやすさも抜群。でも、チェック柄ならではの存在感があるので、よりすっきりと見えますし、簡単におしゃれな印象が手に入ります。カーキのコットンサーキュラースカートにショートブーツ、レザー風のライダースジャケットという甘辛コーデの品良いアクセントに。」


【着用アイテム】
フランネルチェックシャツ(長袖)
ネオレザージャケット
コットンサーキュラースカート(ハイウエスト・丈標準74~77cm)
※その他、スタイリスト私物







「大きめパターンのチェック柄はカジュアル合わせにおすすめです。ロングカーデやニットキャップなど、冬素材で合わせたダークトーンに、チェック柄の白とコーデュロイのミニスカートの白を効かせれば、こなれ感いっぱいのカジュアルスタイルが完成。ベージュのスニーカーで軽やかさをプラスさせて。」


【着用アイテム】
フランネルチェックシャツ(長袖)
ウールリブニットコート(長袖)
コーデュロイフロントボタンミニスカート(ハイウエスト)
ヒートテックタイツ
ヒートテックニットビーニー
※その他、スタイリスト私物





「選ぶのに悩んでしまいそうなほどの充実のラインナップ!とはいえ、チェック柄は色の掛け合わせで構成されているので、色を拾えばまず間違いありません。ボトムスとの合わせは実は簡単なんです。控えめなものから取り入れてみるのもいいですし、強めのチェック柄をポイントづかいにするのもおすすめです。こなれ感がぐっと増しますよ。」








「チェック柄がトレンドの今シーズンは、スキッパーシャツをぱっと被るだけでも今年らしい着こなしが叶うくらい。上品な赤ベースのスキッパーシャツをベージュのカットソーワンピースにオンし、ベルトでマークしてメリハリを。抜襟のように自然に形が生まれるので、技いらずで旬のバランスが生まれます。カジュアルな着こなしでも、どこか品良く着こなせます。」


【着用アイテム】
フランネルチェックスキッパーシャツ(長袖)
ヴィンテージベルト
※その他、スタイリスト私物







「明るめブルーベースのチェック柄は、白と鮮やかな赤のラインがポイントで着こなしのアクセントに◎。今年らしいボルドーカットソーにオンして、ボトムはデニム地のパンツを。トレンドのこっくりと深みのある色は、ともすると地味になってしまうので、明るめなシャツを加えることで一気に今年らしさもアップします。」


【着用アイテム】
フランネルチェックスキッパーシャツ(長袖)
リブハイネックT(長袖)
コットンテーパードアンクルパンツ(インディゴ・丈標準64cm)
※その他、スタイリスト私物





「これからの季節、スキッパーはとてもおすすめです。ボタンがなくウエストまわりがもたつかないからレイヤードしたときの形がきれいにキマります。シャツとして、デニムにさらりと合わせるのも良いですが、今年らしく取り入れるならレイヤードがおすすめです。シンプルなワンピースやカラーカットソーとの掛け合わせが自由自在に楽しめて、おしゃれ度もうんと上げてくれます。」








「トレンドの秋色をシャツで取り入れるのはおすすめです。ベーシックなアイテム同士を掛け合わせても、温かみのあるフランネルシャツが加わるだけで、上品さもこなれ感も両立。トラッドの進化系というか、Vネックセーターの襟元と袖からのぞいたシャツの存在感で、カジュアルでも装いがぐっと洗練されます。」


【着用アイテム】
フランネルシャツ(長袖)
カシミヤVネックセーター(長袖)
※その他、スタイリスト私物





「フランネルならではの柔らかく温かな素材感は、それだけで深まる季節のおしゃれのポイントになってくれます。トレンドカラーも揃っているので、要チェック。ベーシックなシャツで旬の色を取り入れるのは、悪目立ちすることなくおしゃれを活性化してくれます。ベーシックなセーターの袖口と、襟元からボタンをキュッと留めたシャツをのぞかせて、上品にアクセントづかいしてみてください。」



フランネルシャツページはこちら



【Staff Credit】
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/人物)
   魚地武大(TENT/静物)
スタイリスト/吉村友希
ヘア&メイク/野口由佳(ROI)
モデル/千国めぐみ
構成・文/松井陽子