今日から秋までずっと活躍!
注目の新作ワンピース
今日から秋までずっと活躍!
注目の新作ワンピース
Aug 07, 2018 WOMEN

いよいよ発売されたユニクロの新作ワンピース。カジュアルシーンにもお出かけの日にも活躍してくれそうなワンピースがずらりと勢ぞろいしました。

ユニクロならではの上質さとさりげない機能性に加えて、さらに今年らしいフォルムやデザイン、カラー展開へのこだわりにも注目です!

ますますブラッシュアップされたユニクロの新作ワンピースは、今の季節から秋まで季節をまたいで楽しめるものうれしいポイント。早速チェックしてみてください。







体が泳ぐくらいゆったりとしたコクーンシルエットのボーダーワンピースは、ほどよくラウンドネックと肘下までの7分袖で、華奢見せにも効果的な一枚。ワンピース+デニムの掛け合わせは、この秋も継続のトレンドコンビネーション。ブルー×ブラックのボーダー柄に、ブラックデニムでスタイリッシュに印象づけて。


【着用アイテム】
ボーダークルーネックワンピース(7分袖)
ウルトラストレッチジーンズ
※その他、スタイリスト私物






新作のストライプシャツワンピースは、シャツならではの端正な素材感とAラインのフェミニンシルエットのミックス感がアクセントになって、着映え感も抜群。前後差のあるデザインで、立ち姿までも美しく見せてくれるのもポイント。ネックまわりにスカーフをあしらったり、トレンド感のある小物を足したり、思いのままの着こなしを楽しんで。


【着用アイテム】
エクストラファインコットンAラインストライプワンピース(7分袖・丈標準104.5~114.5cm)
※その他、スタイリスト私物






合わせるだけでスタイリングがキマるオールインワン。ほどよいハリ感のあるポンチ素材で、カジュアルはもちろん、合わせるインナーと小物次第できれいめにも着られる着まわし力の高さも魅力。カシュクール風のデザインとワイドシルエットのパンツの切り替え部分にはベルトがあしらわれ、女性らしさとすっきりさを両立。ブラウン系のハイネックのリブTシャツとこっくり濃密色でつなげば、大人のムードあるカジュアルスタイルに。


【着用アイテム】
リブハイネックT(5分袖)
ポンチカシュクールオールインワン(ノースリーブ)
※その他、スタイリスト私物






シルケット加工により光沢感が加わったマーセライズコットンを使用したワンピースは、ギャザーの施されたデザインスリーブがさりげないポイントに。シャツ見えするきちんと感を保ちつつ、ストレスフリーなシルエットと着心地で長い季節楽しめる仕上がりに。この秋注目のシックなダークグリーンをひと足早く取り入れれば、夏のリゾートでも活躍してくれそう。


【着用アイテム】
マーセライズギャザースリーブワンピース(7分袖)
※その他、スタイリスト私物







上品につやめくマーセライズコットンのワンピースは、着るだけで華やかさをまとえる主役級の存在感が自慢。やや長めな袖丈のボリュームあるフリル袖が二の腕を細く長く見せてくれる仕掛けに。こっくりとしたワインカラーは重すぎず、ちょっとしたお出かけにもマッチ。着心地らくちんなカットソー素材だから、お食事会はもちろん、ボトムスと合わせてドライブや飛行機で移動する日にも心強い存在に。


【着用アイテム】
マーセライズコットンフリルスリーブワンピース(半袖)
※その他、スタイリスト私物







ダブルフェースの生地が美しい立体フォルムを生む、シンプルシックなワンピース。広く深めに入ったデコルテのVカットと、バックスタイルのVカットがアクセントになって、嫌味なくフェミニンさを引き立たせてくれる。折り返した袖から裏地のカラーがチラリと覗くのもさりげないアクセントに。小物も足元もシンプルに黒でまとめても、どこか女性らしい装いに仕上がる。


【着用アイテム】
ダブルフェイスVネックワンピース(長袖)
※その他、スタイリスト私物






デザインはいたってシンプル。それでも抜群の着映え感を放つのは、きれいなシルエットとポンチ素材のハリ感でとびきり体を美しく包み込んでくれるから。アイテム次第でカジュアルからオケージョンの日までフルに活用できる心強いドレスワンピースもぜひワードローブに加えておきたい一枚。ダークグレーなら、ブラックよりも柔らかい印象で着こなせるから、合わせる小物次第でデイリーにも取り入れやすい。


【着用アイテム】
ポンチドレス(ノースリーブ)
リブドレープカーディガン(長袖)
※その他、スタイリスト私物






フロントに施されたタックがアクセントになって、動くたびにドレープ感が際立つワンピースはまとうだけでとびきりドレッシー。肩頭を隠すデザインでアームが強調されず、控えめな美しさが引き立つのもポイントに。とろんとした素材感なので、あえてホワイトが強すぎず上品な印象をキープ。シワも気にならないので、会食の席や観劇など、着席する時間の長い日に選ぶのも正解。


【着用アイテム】
ドレープワンピース(ノースリーブ)
※その他、スタイリスト私物



【Staff Credit】
撮影:西崎博哉(MOUSTACHE)
スタイリスト:福田麻琴
ヘア&メイク:岡田知子(TRON)
モデル:宮田聡子
構成・文:松井陽子