1. ユニクロTOP
  2. WOMEN TOP
  3. WOMEN ワイドパンツ
  4. ユニクロのワイドパンツ特集

ユニクロのワイドパンツ特集

ワイドなのに、スマート。
ユニクロのワイドパンツ。

着こなしを新鮮に見せる、今はきたいワイド。ユニクロのワイドパンツは、誰もがはきやすい、すっきりしたシルエットとはき心地の良さもかなえつつ、素材にあったデザイン・ディテールを施し、シンプルなデザインで幅広い着こなしを楽しめます。思いのままに自分を表現できる最新のワイドパンツコレクション。秋冬の着こなしの主役になる1本がきっと見つかるはず。

ワイドパンツは みんなのものへ。

TVCM

TVCM

綾瀬はるかさん着用商品

ラインナップ

タックワイドパンツ

落ち感のある素材で、センタープリーツが入った、綺麗見えするワイドシルエット。

タックワイドパンツ

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ
着こなしポイント

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ 着こなしポイント

落ち感のある素材で着こなしやすいので、ワイドパンツに初めてトライする方におすすめ!ハイウエストでフロントにタックが入っているので、お腹まわりがすっきり見えやすいのもポイントです。クリーンなスタイルはもちろん、スニーカーを合わせてカジュアルにも着こなせる万能パンツだと思います。

おすすめスタイリング

シャツとパーカを合わせて大人カジュアルに。少しだけ抜き襟にしたり、袖をまくったり、こなれ見えする着崩しテクニックもプラスしてみて。

モデル着用商品

その他のスタイリング

ブラッシュド ジャージーパンツ

あたたかみのある起毛ジャージー素材。すっきり見せながら、ウエストゴムでラクにはけます。※セットアップ可能

ブラッシュド ジャージーパンツ

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ
着こなしポイント

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ 着こなしポイント

あたたかみのある素材で、秋冬の着こなしにぴったり!ハイウエストで太すぎないストレートシルエットなので、脚が長く綺麗に見えます。リラックスした雰囲気で、幅広いスタイルに合わせやすいです。

おすすめスタイリング

パステルカラーを重ねたシャツとニットのレイヤードが新鮮。全体をリラクシーなシルエットにまとめることで抜け感のある着こなしに。

モデル着用商品

その他のスタイリング

コーデュロイ ワイドパンツ

しなやかな光沢感のある細畝ストレッチコーデュロイ素材。ハイウエストで程よいワイドシルエットです。

コーデュロイ ワイドパンツ

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ
着こなしポイント

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ 着こなしポイント

コーデュロイ素材は適度なハリ感があり、一番ワイドらしいシルエットかもしれません。秋冬はスフレニットなどゆったりシルエットのニットやカーディガンを合わせる着こなしがおすすめです。フロントだけタックインしたり、ニットの上からベルトをしたりすると、メリハリが生まれてスタイルアップしますよ。

おすすめスタイリング

セットアップにすれば、簡単に鮮度の高い着こなしが完成。首元にグリーンを差して、“脱ほっこり”な今どきの装いに。

モデル着用商品

その他のスタイリング

バギージーンズ

腰から裾まで真っ直ぐなワイドシルエット。ミドルライズで着こなしの幅が広がります。

バギージーンズ

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ
着こなしポイント

スタイリスト 石原愛子さんおすすめ 着こなしポイント

太すぎないシルエットなので、意外とすっきりはきこなせます。ワイドパンツ選びは、ウエスト基準ではなく、太さを基準に選ぶのがおすすめです。ワイドパンツはバランスが命!できれば試着してみて、好みの太さをチェックするのが良いですね。

おすすめスタイリング

腰ではくバギージーンズはトップスINの着こなしが基本。シャツの襟付きのきちんと感が印象をほどよく引きしめます。

モデル着用商品

その他のスタイリング

関連商品

スタイリスト 石原愛子さん

スタイリスト
石原愛子さん

カジュアルベーシックなスタイリングを得意とし、スタイリストだけに留まらず、ライター、ディレクターなどマルチに活動する一児の母。誰でも取り入れられるファッションポイントを、わかりやすいロジックで解説。毎シーズンユニクロの白Tと白ニットは欠かさず購入。

ユニセックスで着こなすワイドパンツ

お悩みQ&A

ハイウエストのものを選ぶのがおすすめ!よくはく靴に合わせてレングスを調整すれば脚が長く見えます。

POINT1

ハイウエストで、トップスをインすれば腰位置が高く見えるのでスタイル良く見えます。

POINT2

パンツの丈はよくはく靴に合わせてジャスト丈〜ワンクッションで調整しましょう。短すぎるとバランスが取りづらくなります。

トップスをインしたり、ベルトマークしたり、ウエストのラインを見せてメリハリをつけるのがおすすめ。

POINT1

「トップスをインするとお尻やお腹が気になる」という方は前だけインするとバランスが良く、こなれ感も◎。

POINT2

ニットを肩がけすると目線を上に集めてくれるので、ボリュームのあるワイドシルエットもバランス良くまとまります。

ワンピースやオーバーサイズのトップスを合わせると違った印象になります。

POINT1

ワンピースはシルエットをゆるっとカバーしてくれるので、ウエストまわりが気になる方にもおすすめ。

POINT2

シャツワンピースは、下半分のボタンを開けて縦のラインを強調するとスタイル良く見えます。

タイトなインナーの上に、オーバーサイズのジャケットやシャツを羽織るのがおすすめ。

POINT1

シャツやジャケットを合わせる時は、オーバーサイズのものを選ぶと抜け感のある今っぽい雰囲気に。

POINT2

インナーにはタイトシルエットのアイテムを合わせてメリハリをつけましょう。

タックワイドパンツがおすすめ。落ち感のある素材でシルエットが綺麗に見えます。

POINT1

ベルトループ部分はしっかり幅があるのでトップスをインしてもすっきり見えます。

POINT2

センタープリーツはきちんと感があるだけでなく、縦のラインを作って脚を長く見せてくれます。

パンプスもスニーカーも合います。ボトムスの丈感と素材感がポイントです。

どういう靴を合わせたら良い?

POINT1

艶感のあるコーデュロイ素材はレザー調のブーツを合わせるとつながって見えるのでスタイル良く見えます。

POINT2

ベーシックなローテクスニーカーを合わせるなら、ジャスト〜ワンクッションぐらいの丈感に。

トップスにオーバーサイズのものを合わせるのも気分です。

POINT1

オーバーサイズのジャケットやざっくりニット全体的にゆるっとした着こなしもおすすめです。

POINT2

バランスが気になる人はインナーはタイトなものを選んでタックインしてメリハリをつけるとバランス良く見えます。

スタイリング