1. ユニクロTOP
  2. MEN TOP
  3. MEN ワイドパンツ
  4. ユニクロのワイドパンツ特集

ユニクロのワイドパンツ特集

ワイドなのに、スマート。
ユニクロのワイドパンツ。

着こなしを新鮮に見せる、今はきたいワイド。ユニクロのワイドパンツは、誰もがはきやすい、すっきりしたシルエットとはき心地の良さもかなえつつ、素材にあったデザイン・ディテールを施し、シンプルなデザインで幅広い着こなしを楽しめます。思いのままに自分を表現できる最新のワイドパンツコレクション。秋冬の着こなしの主役になる1本がきっと見つかるはず。

ワイドパンツは みんなのものへ。

TVCM

TVCM

松下洸平さん着用商品

ラインナップ

タックテーパードパンツ

タック入りでクリーンな印象のワイドパンツ。クリーンにもカジュアルにも使えます。

タックテーパードパンツ

ファッションエディター いくら直幸さん
おすすめ着こなしポイント

ファッションエディター いくら直幸さん おすすめ着こなしポイント

仕事ではくような正統派スラックスとは違い、カッチリと堅くなりすぎず、カジュアルさと品の良さを兼ね備えた大人のワイドパンツです。あたたかみのある微起毛素材で、着こなしがグッと秋冬らしくなります。ニットを合わせるならハイゲージでもローゲージでもOKですが、黒のタートルネックやアイボリーのアランセーターやチルデンニットが、大人のエレガンスと休日のリラックス感を添えられて気分です。シューズはローファーなど、少し抜け感のあるレザーシューズがおすすめ。

おすすめスタイリング

きれいめな印象のテーパードパンツも、チェックのシャツジャケットを合わせれば決めすぎないキレイメカジュアルが完成。

モデル着用商品

その他のスタイリング

ワイドフィット チノパンツ

オーセンティックな定番のチノパンツが、ワイドフィットで新登場。

ワイドフィット チノパンツ

ファッションエディター いくら直幸さん
おすすめ着こなしポイント

ファッションエディター いくら直幸さん おすすめ着こなしポイント

ワイドすぎない“やや太め”程度のシルエットに加えて、デザインもてらいのない正統派チノなので、初めてトライするならこちらがおすすめ。この太さならトレンドに関係なくいつの時代も使えますし、季節も問わず、先々まで末長く愛用できる一本だと思います。レングスは無難にジャスト丈でも良いですが、くるぶし丈くらいにロールアップすると、こなれ感がアップします。今年っぽさを狙うなら、人気再燃のプレッピーやアイビー、アメリカントラッドな装いが間違いなし!

おすすめスタイリング

カーキ色のチノパンツに、ナチュラルカラーのニットを合わせて旬な季節感を演出。ジャケットはネイビーにすることで品のある大人の休日スタイルが完成。

モデル着用商品

ワイドフィット ワークパンツ

ペインターパンツをベースにしたワイドフィットパンツ。カジュアルスタイルにおすすめです。
※セットアップ可能

ワイドフィット ワークパンツ

ファッションエディター いくら直幸さん
おすすめ着こなしポイント

ファッションエディター いくら直幸さん おすすめ着こなしポイント

ワークパンツはワイドパンツの定番なので、ワイドに馴染みのないビギナーでも難なくトライできます。タフなワークパンツは気を使わずガシガシはけるので、ヘビーローテーション必至!大人っぽく着こなすなら、上品見えするタートルネックや、風合いに富む洗いざらしのオックスフォードのボタンダウンシャツなどが、いい具合にクリーンなムードを足せるのでおすすめです。

おすすめスタイリング

モデル着用商品

その他のスタイリング

ワイドフィット ジーンズ

ゆるやかなテーパードがかかった、はきやすいワイドシルエット。

ワイドフィット ジーンズ

ファッションエディター いくら直幸さん
おすすめ着こなしポイント

ファッションエディター いくら直幸さん おすすめ着こなしポイント

シルエットは極端に太いわけでもなく、ワイドパンツ入門編としても取り入れやすいと思います。あらゆるコーディネートに合うので、手持ちのアイテムをそのまま活かせるのもグッド。ベーシックな着こなしにはダークグレーと濃紺がおすすめ。程よく色落ちしたブルー(65カラー)は、その絶妙な表情がトレンドの80〜90年代ムードで、まさしく今の気分です。

おすすめスタイリング

異素材のコンビネーションが印象的なスタジアムジャンパーに、ブルーのオンブレチェックのフランネルシャツで程よくリラックス感のあるスタイルに。

モデル着用商品

その他のスタイリング

関連商品

ファッションエディター いくら直幸さん

ファッションエディター
いくら直幸さん

アパレルメーカーの広報部を経て、1990年代のヴィンテージ&スニーカーブームを牽引したファッション誌『Boon』の編集者に。現在は『OCEANS』『Begin』といったメンズ雑誌とウェブマガジン、大手セレクトショップや有名ブランドのオウンドメディアなどで活躍中。小学生の一男一女をもつ父であり、家族そろってユニクロのヘビーユーザー。

ユニセックスで着こなすワイドパンツ

お悩みQ&A

太すぎないシルエットを選びましょう。ユニクロのワイドパンツは、どのタイプも太すぎず、少しテーパードしたシルエットなのでどれもおすすめです。

POINT1

特におすすめなのは、ワイドフィットワークパンツ。ジーンズやスラックスタイプと違い、もともと太いデザインなので、違和感なく取り入れられます。

サイジングが重要なポイントです。ボトムスが太めなので、トップスはちょいゆる〜ジャストサイズのものを選びましょう。

POINT1

トップスは長すぎない腰丈のアイテムを選ぶのがおすすめ。秋冬ならスウェットやニットなど裾にリブが入っているとバランスがとりやすいです。

ボリュームのないローテクスニーカーやローファーがおすすめです。

靴選びのポイントは?

POINT1

ワイドパンツは存在感あるので、トップスや小物など、合わせるアイテムは軽めにするとバランスがとりやすいです。

POINT2

パンツの丈はクッションが出るようならロールアップや丈詰めをして9分丈ぐらいにするとすっきり見えます。

簡単にできるテクニックは、裾のロールアップ。足元がすっきり見えるだけでなく、小技が効いてこなれた雰囲気になります。

着こなしをおしゃれに見せるコツは?

POINT1

ワークパンツなど、カジュアルに見せたい時はラフに折り返すなど、パンツの雰囲気に合わせても良いです。

POINT2

クリーンな印象のタックテーパードパンツはきっちりと綺麗に折り返すと良いです。1〜2回ぐらいで、あまり厚みが出ないようにしましょう。

タックテーパードパンツなら、スラックの雰囲気で綺麗めな着こなしにも合います。

POINT1

ゆったりシルエットのトップスを合わせるとだらしなく見えるので、シャツやジャケットなど綺麗めのアイテムと合わせると大人っぽい印象になります。

POINT2

足元もスニーカーではなくローファーなど綺麗めのアイテムを合わせると良いです。

アウターはロング丈よりもショート丈のほうがバランスよくまとまります。

POINT1

MA-1やスウィングトップ、ブルゾンなど短め丈のアウターを合わせたほうがボトムスとのメリハリがつき、脚が長くおしゃれに見えます。

スタイリング