「もう肌着で迷いたくない」

009 コットンボクサーブリーフ

そんなお客様の声に応えました。

  • Point
    縫い目の部分を極力減らし、どうしても残ってしまった裏側の縫い目は平らにして肌あたりを少なく。
  • Point
    毛羽立ちにくいコットンで、気持ちの良いはき心地。

とても小さなことなのだけど、とにかく気になって仕方がない。性格の話ではなくて、肌着の話です。はいている肌着のタグがチクチクしたり、フィット感が悪いと一日中、モゾモゾ落ち着かない。そんな小さな問題を、小さな工夫をいっぱい集めて解決しました。

肌当たりする縫い目は極力減らしたこと、どうしても残ってしまった裏側の縫い目は平らにしたこと、毛羽立ちにくいコットン素材ではき心地を優しくしていること。さらに、後ろ側の商品タグを外す改良も一部始めました。なんせ肌着は、ほぼ24時間はいている相棒のような存在。新生活が始まる今、気分新たにこだわって選びたいですよね。

今までいろいろなものを試してきたけれど、コットン素材の肌着探しはこの「コットンボクサーブリーフ」で、もしかしたら終わりになるかもしれません。

お客様の声から、より良い服を。
お客様の声から、より良い服を。

ユニクロの服づくりに、お客様の声は欠かせません。
ご要望、ご不満、お褒めの言葉。
どんな小さな声にも、ひとつひとつ丁寧に耳を傾け、
商品のアップデートや新商品開発のヒントにしています。
そうすることで、人々の生活に寄りそう、気配りと工夫にあふれた
「究極の普段着」を作れると、私たちは信じているからです。

関連商品

その他の記事