RETURN TO THE SOURCE RETURN TO THE SOURCE
UNIQLO UT
RETURN TO THE SOURCE
RETURN TO THE SOURCE

23SS UTコレクション

Tシャツの原点に立ち返り、
現代のストリートシーンを反映。

Tシャツの原点に立ち返り、現代のストリートシーンを反映。

新クリエイティブ・ディレクターにアーティストの河村康輔を迎えて始動するUTの23SSシーズン。コラボレーターの選定から、グラフィックデザイン、着た時のシルエット、素材に至るまで、妥協のないこだわりが本コレクションには詰め込まれています。
Tシャツの原点であるヴィンテージTシャツの持つ魅力とともに、現代のストリートカルチャーを徹底的にリサーチし、あらゆるTシャツの要素を、河村氏の作風でもある“コラージュ”することで、生み出されたコレクションです。

NEW

UTスケートパークが原宿Qプラザに登場!1月27日(金)〜29日(日)まで期間限定。詳しくはこちらをご覧ください

UT新クリエイティブ・ディレクター

河村康輔

河村康輔

コラージュアーティスト、グラフィックデザイナー、アートディレクター

1979年、広島県生まれ。コラージュアーティストとして、さまざまなアーティストとのコラボレーションや国内外での個展、グループ展に多数参加。また、アパレルブランドにグラフィックを提供したり、書籍の装丁、広告デザイン、CDやDVDジャケットのアートディレクションを行うなど多岐にわたり活躍している。

THE MESSAGE

THE MESSAGE UT-1
THE MESSAGE UT-2
THE MESSAGE UT-3

THE MESSAGE

グラフィックTシャツの原点
“メッセージ ” Tシャツ

Tシャツは時として着る人の思想や時代、トレンドを映し出すアイテムになります。SNSができるずっと前、Tシャツはあらゆる人が自由に主張をするためのキャンバスでした。グラフィックTシャツの原点ともいえるメッセージTを、アメリカ、ロンドンのアートシーンを牽引する3人の現代アーティストと製作。最新トレンドをキャッチしたボディシルエットや厚めの生地を使用した注目のアイテムです。

Cali DeWitt(カリ・デウィット)

Cali DeWitt
THE MESSAGE

カリフォルニア州ズマビーチ在住で、自らを「多次元的存在」と表現し、来年には100歳を迎えるような気がすると語るカリ・デウィット。アーティストであると同時にデザイナーとしても活躍しており、過去10年にわたり世界中で作品を発表してきただけでなく、その時代を代表する文化人のデザインワークも手掛ける。

Trevor Andrew(トレバー・アンドリュー)

Trevor Andrew
THE MESSAGE

元プロスノーボーダーのトレバー・アンドリューは、現在オリジナルのモチーフやモノグラムを特徴とするファインアーティスト、そしてデジタルデザイナーとして知られる。ポップカルチャーの感性とスケート文化の美意識を融合した独自のスタイルで作品を制作し、NFTではトップクラスのプラットフォームやオークションハウスのプロジェクトにも参加。

Lakwena(ラクウェナ)

Lakwena
THE MESSAGE

ラクウェナとは、ウガンダ北部のアチョリ語で「首長の使者」を意味する。1986年生まれのラクウェナの名前は、主にメッセージに焦点を当てた彼女の芸術活動に反映。鮮やかな色彩と大胆なテキストを駆使した絵画は、「ユートピアへの逃避経路、アフロフューチャー的入り口」と解釈することができる。現在ロンドンを拠点に活動するラクウェナの作品は、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、マイアミなど、国際的に展示されている。

SKATER
COLLECTION

SKATER COLLECTION-1
SKATER COLLECTION-2
SKATER COLLECTION-3

SKATER
COLLECTION

ストリートから生まれたスケートボード。日米を代表するスケーターとのコレクションが誕生。

近年世界中でさらに注目を集めるスケートボードカルチャー。上野伸平とアレックス・オルソンは、スケーターでありながら、ファッション、デザイン、映画などストリートを起点にマルチに活躍。UTのためだけに描き下ろしたアートと新開発のTシャツシルエットを採用したコレクションです。

Alex Olson(アレックス・オルソン)

Alex Olson
SKATER COLLECTION

カリフォルニア州ロサンゼルス出身のクリエイター。2007〜2021年プロスケーターとして活動し、またふたつのブランド「Bianca Chandon」「Call Me 917」の創業者でもある。最近は家族の近くに住みたいという想いや、たくさんの人が集まり、よい波が立つサーフポイントでサーフィンしたいとう願いから、ニューヨークからロサンゼルスに拠点を移す。現在は自身のブランドを始め、コラボデザイン、瞑想ワークショップ、およびさまざまなクライアントのための音楽の創作を手掛ける。

Shinpei Ueno(ウエノ・シンペイ)

Shinpei Ueno
SKATER COLLECTION

TIGHTBOOTH PRODUCTIONを主宰しながらEvisen Skateboardsのプロライダーとして活動。数多くのスケート映像作品を発表し、代表作である『LENZ II』は国内外から高い評価を受ける。幅広いアウトプットを持ち、スケートショップやアパレルブランドのディレクション、数々のブランドへのプロデュースワークなど多岐にわたり活動。2022年11月にTIGHTBOOTHスケートビデオ三部作の集大成『LENZ III』が全世界でリリースされた。

NEW BODY

Tシャツの真髄はボディシルエットにあり。
ミリ単位まで追求したこだわり。

ベーシックなUTシルエットに加えて新たに開発されたのは、ストリートカルチャーを体現するオーバーサイズなシルエット。肩の落ち具合、アームホールの広さ、袖口のリブの幅など、最適な数値をミリ単位で追求したこだわりをぜひ、着て感じてください。

NEW BODY
NEW BODY
ALL NEW ULTIMATE DESIGN & MATERIALS

新開発のシルエットは、
ラフでタフな一枚

ラフに着られるドロップショルダー

肩の位置を下げ、腕周りも広くすることで、ストリート感溢れる肩まわりのシルエットに。

ゆったり身幅のオーバーサイズ

レギュラーフィットよりも身幅をゆったりさせることで、ラフな印象に。大胆なグラフィックデザインも映える。

一枚でサマになる地厚な生地

しっかりした厚手の生地を採用したため、透けたりせず、一枚で着てもシルエットが決まる。

UT SKATE PARK

原宿にUT SKATE PARKが期間限定で登場

日本におけるストリート文化の中心地原宿のランドマークである、原宿QプラザにUT SKATE PARKが期間限定でオープンします。会場には、スケートボードを楽しむためのランプやUTコレクションの展示及び販売を行います。また、初日27日には上野伸平らによるデモンストレーションを実施予定です。ぜひ、原宿で最新のストリートカルチャーに触れよう。

SCHEDULE

2023年1月27日(⾦)

  • 15:00-19:00 デモンストレーション
    ※観覧のみ可
  • 19:00-20:30 コンテスト

2023年1月28日(⼟)

  • 13:00-21:00 フリースケート

2023年1月29日(⽇)

  • 13:00-19:30 フリースケート
  • 19:30-21:00 コンテスト

ENTRANCE FEE

入場無料

NOTES

  1. スケートエリアは交代制での運営となります。 (先着順で会場内受付にてリストバンドをお渡しいたします)
  2. 18歳未満の方は成人同伴での来場が必要となります。
  3. 12歳未満はヘルメット・サポーターの着用を推奨します。