REFUGEE
EMPOWERMENT
PROJECT

難民の自立支援

ユニクロは、難民が生きる力を身につけ、未来を自分自身の力で歩むことを支援しています。2018年現在、アジア5カ国(インド・イラン・マレーシア・ネパール・パキスタン)で、UNHCRを通じて自立支援プログラム(Self-Reliance and Livelihood Project)を展開し、縫製技術やパソコン操作といった職業訓練、起業のための経営知識の研修、在宅ワークなどをサポートしています。このプログラムによって、多くの難民たちが経済的に自立し、各地域で安定した暮らしを手に入れる一助となっています。

難民の自立支援

自立支援プログラム

ユニクロは難民の方々への衣料支援だけでなく、自立支援も行っています。
2016年からUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に3年間にわたり1000万ドルを支援し、うち550万ドルを自立支援プログラムにあてています。縫製技術の向上を目指した職業訓練プログラムを通じて、難民たちの生きるチカラを支援したいと考えています。

2018年 Laduréeオリジナルチャーム制作

2018年
Laduréeオリジナルチャーム制作

難民自立支援の一環として、アフガン難民女性のハンドメイドによるオリジナルチャームを制作、2018年3月の子ども服のリサイクル回収を促進するキャンペーンで配布しました。刺繍技術を身につけることが、難民女性の将来の自立を助けます。(配布キャンペーンは現在終了しています)

2017年 難民女性によるオリジナルチャーム制作

2017年
難民女性によるオリジナルチャーム制作

刺繍作家の小林モー子氏が、難民女性の明るい未来を願って「HOPE」のメッセージをいれたオリジナルチャームです。難民の自立支援活動の一環として、難民女性が刺繍をしました。2017年「世界難民の日」に、ご不要になった子ども服をお持ちいただいたお客様にプレゼントしました。(配布キャンペーンは現在終了しています)

2017年 UNIQLO UPCYCLING

2017年
UNIQLO UPCYCLING

UPCYCLINGとは、廃材や使わなくなったものを価値のあるものに変えて、再利用し、循環させていくことです。店舗で出るデニムなどの裾上げ後の廃材を利用して、価値あるものを産み出していく新しい取り組みが始まりました。

2016年 オランピア・ル・タン トートバッグ

2016年
オランピア・ル・タントートバッグ

ユニクロは、フランスの高級ブランド、オランピア・ル・タンとコラボレーションし、難民女性の方々に、バッグにつけるワッペンの刺繍を担ってもらうプロジェクトを実施しました。
限定販売された2000個は完売し、収益はすべて、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通して難民の自立を支援する活動にあてられました。

オランピア・ル・タン デザイナーとして、できることを続けたい

オランピア・ル・タン
デザイナーとして、できることを続けたい

デザイナーであるオランピア・ル・タンもプロジェクトへの参加が大きなヒントになったと語ります。「私がユニクロと仕事をしようと思ったきっかけは、ユニクロがUNHCRと協力し、衣料支援や難民雇用などの難民サポートに真摯に取り組んでいる事を知ったからです。このプロジェクトを通じて、彼女たちが仕事を得るきっかけとなるスキルを身に着け、将来の自立支援につながれば、こんなにうれしいことはありません。私は世界に目を向け、インドの刺繍やボリビアのニッティングなど、手工芸の伝統が残る地域の人々と仕事を重ねてきました。ただ、難民の人たちと一緒に作り上げるという発想は私にはありませんでした。今回、ユニクロと一緒にやってみて本当にすばらしいことだと思いました。今はデザイナーとして、私にできることをするしかない。美しいドレスを作って誰かを幸せにすることができるなら、私はそれを続けます」

よく見られている記事

  • “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とファーストリテイリングが取り組む、小・中・高校生が対象の参加型の学習プログラムです。

  • MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    服を製造する過程で捨てられてしまう糸をナイロン糸をつくり、スタイリッシュなバッグへと生まれ変わらせる。再生技術の進化とともに、リサイクルの可能性も広がり続けています。

  • CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    UNHCRや世界各地のNPO・NGOと連携することで、必要な服の数や種類、配送ルートを入念に確認しながら、本当に必要な服だけを確実に届けられる支援活動を進めています。

  • DISABILITIES

    DISABILITIES

    2001年にユニクロ日本で障がい者雇用を本格的に開始し、国内ユニクロの店舗においては1店舗1名以上の採用を目標に、積極的な雇用とやりがいを持って働ける環境づくりに取り組んでいます。

おすすめの記事

  • RE.UNIQLO

    RE.UNIQLO

    ユニクロは、あらゆる無駄をなくし、地球環境への影響を最小限にし持続可能な事業構築を進めます。

  • MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    世界各地のユニクロの拠点を活用しながら、子どもたちの可能性を最大限に引き出すための、さまざまな学びの場を提供しています。

  • GENDER

    GENDER

    世界中の人が、ありのままの価値観を大切にしながら自分らしく生きていける世界がやってくることを信じて。私たちは服のチカラを通じて様々なサポート活動を展開しています。

  • ユニクロとSDGs

    ユニクロとSDGs

    服のチカラを社会のチカラに。よい服をつくり、よい服を売ることで、世界をよい方向へ変えていくことができる。私たちは、そう信じています。