CORPORATE
DISPATCH
PROGRAM
TO UNHCR

UNHCRへの
企業派遣プログラム

ファーストリテイリングは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とのグローバルパートナーシップのもと、現地UNHCR事務所へ従業員を派遣する企業派遣プログラムを実施しています。国際情勢や支援国での活動を現地で学びながら、UNHCRの難民自立支援プログラムの企画・実施のサポートを行い、従業員自身の成長を促す6ヶ月間のプログラムです。世界中のファーストリテイリンググループ社員を対象にした公募により、2017年は2名のユニクロ社員がインドに派遣されました。2018年は3名の派遣を通じ、難民支援活動を実施する予定です。本プログラムを通じ、従業員が自ら難民の自立支援に貢献するとともに、グローバルな課題解決力、コミュニケーション力、プロジェクトマネージメント力を培い、次世代グローバルリーダーの育成につなげる事を目指しています。

企業派遣プログラム

企業派遣プログラム

ユニクロでは、国連機関であるUNHCRに従業員を派遣し、国際情勢や難民問題、難民支援における課題を現地で学びながら、実際の現地での活動をサポートしています。
この6ヶ月間のプログラムは、グローバル企業として社会に何ができるか、従業員がユニクロの使命を考えるための貴重な機会となっています。

UNHCR企業派遣プログラムの様子

UNHCR企業派遣プログラムの様子

UNHCRインド事務所での
ユニクロ社員の主な活動内容

2017年の派遣プログラムに参加した2名は主に以下の活動に取り組みました。

    UNHCRインドの広報サポート
  • ・インドにおける民間企業の社会貢献活動拡大の可能性を調査。
  • ・難民支援に関する情報発信ツール作成、難民問題啓蒙のためのSNS投稿など、UNHCRインドの広報活動支援。
    現地難民の自立支援活動
  • ・難民自立支援の一環として、アフガン難民女性のハンドメイドよるオリジナルチャーム製作プロジェクトを実施。
    ユニクロ店長として培った業務計画能力、リーダーシップ、実行力により効果的な進捗管理を現場に導入。
  • ・インドのアフガン難民の女性の手によって26人、6,000個のチャームを製作。

よく見られている記事

  • “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    “THE POWER OF CLOTHING” PROJECT

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とファーストリテイリングが取り組む、小・中・高校生が対象の参加型の学習プログラムです。

  • MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    MADE FROM RECYCLED MATERIALS

    服を製造する過程で捨てられてしまう糸をナイロン糸をつくり、スタイリッシュなバッグへと生まれ変わらせる。再生技術の進化とともに、リサイクルの可能性も広がり続けています。

  • CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    CLOTHING SUPPORT THROUGH RE.UNIQLO

    UNHCRや世界各地のNPO・NGOと連携することで、必要な服の数や種類、配送ルートを入念に確認しながら、本当に必要な服だけを確実に届けられる支援活動を進めています。

  • DISABILITIES

    DISABILITIES

    2001年にユニクロ日本で障がい者雇用を本格的に開始し、国内ユニクロの店舗においては1店舗1名以上の採用を目標に、積極的な雇用とやりがいを持って働ける環境づくりに取り組んでいます。

おすすめの記事

  • RE.UNIQLO

    RE.UNIQLO

    ユニクロは、あらゆる無駄をなくし、地球環境への影響を最小限にし持続可能な事業構築を進めます。

  • MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    MAKING THE WORLD BETTER FOR FUTURE GENERATIONS

    世界各地のユニクロの拠点を活用しながら、子どもたちの可能性を最大限に引き出すための、さまざまな学びの場を提供しています。

  • GENDER

    GENDER

    世界中の人が、ありのままの価値観を大切にしながら自分らしく生きていける世界がやってくることを信じて。私たちは服のチカラを通じて様々なサポート活動を展開しています。

  • ユニクロとSDGs

    ユニクロとSDGs

    服のチカラを社会のチカラに。よい服をつくり、よい服を売ることで、世界をよい方向へ変えていくことができる。私たちは、そう信じています。