003

LifeWear PLAY

WED, OCT 15, 2020 - FRI, NOV 8, 2020

CONCEPT

インタラクティブで楽しいアート作品を生み出すplaplaxとユニクロがコラボレーションして、LifeWearの持つ機能性や楽しさをヒントに、様々な遊びと仕掛けのある展示を作りました。ユニクロTOKYO店の吹き抜けの空間に8作品+スタイリングをギュッと詰込み、カラフルで懐かしいおもちゃ箱の中をめぐるような体験展示を目指しました。

※LifeWear PLAYは、DESIGNART TOKYO2020への出展作品です。

CONCEPT

コンセプトムービー

コンセプトムービー

LifeWearアイテムによる立体文字

展示タイトルの「LifeWear PLAY」を、様々なLifeWearアイテムを使って、立体文字として展示しました。文字の中には、チャックやタグなど、元のアイテムを想像させる部品があったり、フリースやニットなど素材の違いなども楽しむことができます。PLAYの文字は、バラバラに動き続け、正面に立つと、楽しい音楽と共に正面に向かってPLAYの文字を作ります。

LifeWearアイテムによる立体文字
LifeWearアイテムによる立体文字

50色ソックスの万華鏡

50色ソックスは、その名の通り全部で50色。様々なスタイリングやシーン、気分に合わせて、ぴったりの1色が見つかります。いつもは足元で控えめな靴下ですが、ここでは主役。カラーバリエーションの楽しさを、万華鏡にとじこめました。

50色ソックスの万華鏡
50色ソックスの万華鏡

ウルトラライトダウンコプター

ウルトラライトダウンは暖かくてコンパクト、そしてとても軽い。その秘密は、東レとユニクロが共同開発した極細のナイロンを使った特殊な生地にあります。軽くて高密度なので、ダウンパックを必要としない分、通常のダウンに比べて、驚くべき軽さを実現しています。

軽すぎて飛んで行ってしまうほどです。ユニクロ東京の吹き抜け空間を生かして、ウルトラダウンが飛んでいくというイメージを作品にしました。

ブロックテックツリー

ブロックテックは、雨風を防ぎ、でも衣服内に湿気がこもりにくい。耐久撥水、防風、透湿の3つの機能を兼ね備えたアウターです。この耐久撥水性に優れた生地で作った葉っぱに水滴を落とすと、水玉がコロコロ遊ぶように転がっていきます。

ブロックテックツリー
ブロックテックツリー

パタパタパターン

東レと共同開発したヒートテックは、冬の生活を暖かく快適にするインナーですが、そのバリエーションの広さは、あまり知られていないかもしれません。暖かさの異なるヒートテック、ヒートテック極暖、ヒートテック超極暖に加え、ニットキャップや暖パン、毛布など、約70種類の商品を展開しています。

仕掛けおもちゃの「パタパタ」で、ヒートテックアイテムのラインナップを楽しくご紹介します。

みんなの3Dニット

3Dニットは、革新的なホールガーメントの技術による表現力と、計算し尽くされた立体的な美しいシルエットが特徴的な服です。デザイン性と着心地を、高い次元で両立しています。そんな無縫製ニットの技術を使って、様々な生き物のためのニットを作りました。どんな生き物にぴったりか想像しながら楽しむ展示です。

みんなの3Dニット
みんなの3Dニット

PET to Polo Shirt

ドライEXは、ペットボトルを再利用した東レの高品質リサイクルポリエステルを使用しています。リサイクル工程で原料の異物を取り除く高い技術により、高品質・高機能に加え、環境に配慮したサステナブルな商品を実現しました。ペットボトルを箱の中に投入すると、画面の中のペットボトルが、リサイクル素材に変わり、ポロシャツに生まれ変わる映像展示です。

PET to Polo Shirt
PET to Polo Shirt

ユニクロとサステナブルな素材を開発する東レのペットボトル高品質リサイクル繊維の特徴はこちらから。
東レサイトへ

Down to Down

ユニクロでは、ご家庭で不要になったダウン商品を店舗で回収し、東レの技術でダウンとフェザーをリサイクルすることで、また新たなダウン商品を作り出しています。服から服へのリサイクルは、ユニクロの新しい挑戦です。ダウンジャケットを箱の中に投入すると・・?ダウンジャケットが、ダウンとフェザーに変わる映像展示です。

Down to Down
Down to Down

もっと未来を豊かにする服へ。ユニクロは全商品をリサイクル、リユースする取り組み『RE.UNIQLO』を進めています。あなたの愛してくださった服が、次の場で、次の活躍をしていく取り組みです。

カラフルスタイリング

LifeWear PLAYでご紹介したアイテムを使ったカラフルスタイリング。マネキン自体にも塗装を施された8体のスタイリングは、シャツをスカートのように使ってみたり、ダウンにダウンを重ねたりとLifeWear PLAYの仕掛け同様に、遊び心にあふれた着こなし提案になっています。

カラフルスタイリング
カラフルスタイリング

スペシャル映像

LifeWear PLAYにご来場いただけなかったお客様のために、映像体験ができるスペシャルムービーを公開中!

スペシャル映像

Collaboration

アーティストとのコラボレーション

インタラクティブ作品の製作をベースに、空間、プロダクトなど、領域を横断しながら活動している。扱うテーマやモチーフの中に潜んでいる物語を掘り下げ、様々なメディアを使って作品化することで、新しい発見、創造的な学びや、ワクワクするような体験の創造に取り組む。Ars Electroica(オーストラリア)、SIGGRAPH(アメリカ)、ポンピドゥー・センター(フランス)、文化庁メディア芸術祭(日本)「デザインあ」展(日本)など、国内外で数多くの作品を発表。

エアリズムを使ったスタイリングの展示

アーティストからのコメント

人の生活に欠かせない衣食住の3つの要素の中で、従来の衣服は、機能よりも付加価値のほうに重きが置かれていたように思います。そのため、階級的であったとも言えます。それに対して、LifeWearという概念は、衣服=ファッションという既存の価値観を解き放ち、全ての市民に「衣」の本来の価値を取り戻させたと感じていました。それは衣服の民主化と呼べるかもしれません。今回、LifeWaer SQUAREでの展示を構想するにあたっては「公園(public park)」というイメージが真っ先に浮かびました。もともと王侯貴族の荘園だった場所が、市民社会の形成とともに市民のために開放されたのが公園の始まりといわれています。「LifeWear PLAY」は、まさにそんな空間であるべきだと思いました。誰もが気軽に立ち寄って楽しめる場所。衣食住にさらに「遊」が加わることで、私たちの生活はより豊かなものになっていくのではないでしょうか。

plaplax 近森基

神奈川県横浜市中区吉田町53 新吉田町ビル3A

https://plaplax.com/

このページをシェアする