Neighborhood
Living

with UNIQLO 2021 Fall & Winter collection

  • Photography by Taro Hirayama (models), Yoshio Kato (products)
  • Styling, Editing & Text by Kyosuke Nitta
  • Hair & Makeup by Katsuyoshi Kojima

ハロー、ネイバーズ!
あ、そのジャケット、どうしたの?かわいいね。
そんな会話が聞こえてきそうな、今年のユニクロ秋冬コレクションを15のトピックで。

Topic 01

Lighthearted Classics

こう見えて実は……という内に秘めたギャップがある服って魅力的。新作のユーティリティジャケットは、襟と袖口に配したコーデュロイが本格的で、さぞかし重いのだろうと思いきや、生地はまさかのジャージ素材。ゴワゴワせず、ラグランスリーブと相まって動きやすい。ブラックウォッチ柄のオーバーシャツジャケットも、どっしりした見た目とは裏腹に軽量。チクチクしにくくて、いつだって快適。

Topic 02

Herringbone Days

馴染みのレストランに行くときは、肩肘張らないクラシックな服が理想的。ヘリンボーンのセットアップはツイーディーな表情がありつつ、伸縮性のあるジャージ素材だから着心地はまるでカーディガン。ユニセックス展開のバルマカーンコートはウールのような重厚感がありながらガシッとした硬さはなく滑らかで柔らかい。ラグランスリーブと大きめのシルエットも気分。

Topic 03

Crazy for Fall

澄んだ秋晴れが気持ちのいい日は、白いTシャツの上からクレイジーパターンのネルシャツをばさっとラフに羽織りたい。タータンチェックやブロックチェックなど、秋冬のクラシックな柄を詰め込んでポケットや袖口まで左右非対称。やや複雑に見えるけど、同系色でまとまっていて派手過ぎないのがいい。キッズサイズも展開。親子で合わせても楽しい。

Topic 04

Two Great Lengths

上品なダブルフェイスのコートがレングス違いで2タイプ登場。チェスターロングコートは、ほどよくドロップショルダーでアームラインはゆったり。ハリ感がありつつ柔らかさもある生地だから、袖や身頃に立体的なドレープがエレガントに映える。ミドル丈のコートは肩から縦にストンと落ちるモダンなパターンニングが魅力。ノーカラーコートとしてだけでなくフロントのボタンを留めればポンチョ風にもなる2WAY仕様。キャメルブラウンやフォレストグリーンなど、秋っぽいカラーのタートルネックの上に羽織るだけで絵になる。

Topic 05

A Handle on Things

どの角度から見ても上品なのは理由がある。型押ししたシボ感のある表情はキメ細かで美しく、コバと呼ばれるエッジ部分の仕上げは1つ1つ手作業。長財布と携帯、ポーチ、折り畳み傘などが収納できるコンパクトサイズで、アコーディオン型の2層式だから仕分けと整理がしやすい。長さの調節ができるショルダーストラップは取り外し可能。

Topic 06

Choose Your Chino Pants

単にチノパンといえど、シルエットが違えばまったく別物。毎シーズン微調整を繰り返しているユニクロの定番、ヴィンテージチノ(写真左)は太めな正統派。ハリ・コシと上品な光沢感がありながら、柔らかな風合いも備える独自開発したコットン100%のウエポン素材で、はき続けるほどに経年変化を楽しめる。中央のスリムフィットはキレイめ。ウエスト回りをストレッチ仕様にすることで腰回りの負担を軽減しつつ、膝上から徐々にテーパードしていくクリーンな1本。右は縦にも横にも伸びる2WAYストレッチのスキニーフィット。膝の曲げ伸ばしがラクで、脚がすっきり長く見える。着こなしのバランスやTPO、その日の気分でシルエットを軽やかに選びたい。

Topic 07

Prep it Up a Notch

ボタンダウンシャツにオーセンティックなチノパン、足元はローファー。ときたら、プレッピーなベルトに限る。使い続けるほどに味わいが増すレザーと、伸縮性があってしっかりホールドしてくれる素材のコンビネーションで、リボンベルトを連想させる赤や緑、グレーのラインが腰回りに加わるだけで普段のベーシックが格段に楽しくなる

Topic 08

Cozy Outdoor Vibes

アウトドアシーンではフリースが欠かせない。今季リリースされるジップアップベストは、深すぎないVゾーンが好バランス。毛足が長くふわっと軽やかで、パイピングが施されているからいつだって上品。底冷えする朝晩には極薄の防風フィルムを内蔵したフリースジャケットが強い味方。遮風性と保温力が優秀で、柔らかくてモコモコ。左胸のジップポケットがいいアクセントになっている。

Topic 09

Sporty Strolls

散歩には、歩くのが楽しいスウェットセットアップを。空気を含んだように柔らかい生地感で、パーカの魅力はなんといってもサイドに配した深いスリット。ラウンドしたワッフルTをレイヤードすると奥行きが生まれ、動くたびにひらひら揺れてなんだか気分がいい。パンツはキュッとしたゴム裾がポイント。ソックスにINすれば、くしゅっとしたニュアンスが際立ってかわいい。

Topic 10

Strong Cable Game

秋の風がすっと吹いたらアランセーターの出番。新作は、アクリルとポリエステル、ナイロン、ウールを絶妙にブレンドすることで、ボリューム感たっぷりなケーブル編みの立体感と軽さを実現。シルエットは身幅をほどよく細みにしてモダンに。強度に優れたナイロン糸のおかげで、長く着続けても伸びにくい。

Topic 11

This Little Bag Went to Market

グローサリーやベーカリーなど、ちょっとした買い物に携えたいのが、イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコレクションの小物。ストールは紅葉の並木道で引き立つ華やかなトーンで、くるっとラフに巻くだけで気分は秋模様。エコバッグはチェック柄と花柄がラインナップ。肩掛けもしやすいハンドルの長さで、紐で結べる仕様が嬉しい。トラッドな着こなしとも好相性。

Topic 12

Sneak into Fall

秋の風景にはベージュとグレーが似合う。レースアップスニーカーの新作は滑らかなタッチのフェイクスエードで、撥水性があるから多少の雨でもへっちゃら。ソールを覆うテープも同色にしているからシックな着こなしにも合う。ニットタイプはアッパーがメッシュで驚くぐらいライト。クッション性とホールド感も高く、インソールは抗菌防臭機能付き。

Topic 13

Low Gauge, Long Sock

ヘリンボーンのコートやアランニットなど、クラシックな秋冬の装いにはUniqlo Uの新作ローゲージソックスを。ほどよい厚みと起毛感がありながら、リブは締め付けが強すぎず、くしゅくしゅっとしたときのニュアンスがとにかくチャーミング。膝下丈っていう長さも絶妙。ウィメンズのみ展開するボルドーとチャコールグレーは深まる秋にぴったり。

Topic 14

Your Fluffiest Fan

スポーツをするときに、心地いいタオルがあると気分が違う。新作はポリエステル芯に上質なコットンを巻き付けたコアヤーンを使用することで、ふっくらとした柔らかい肌触りと速乾性を両立。ツールトートバッグもキャンバスの風合いがナチュラルでありながら、生地の内側にフィルムを貼っているから水に強い。どちらもベーシックなのに機能的。

Topic 15

Fleece to the Limit

アクティブな日には、アスリートと共同開発したストレッチフリースジャケットを。体の部位に合わせて2種類のフリースを組み合わせていて、縦横あらゆる動きにフィットする。胸や背中などの蒸れやすい部分を細かいグリッド状のフリースにすることで冬の発汗時のオーバーヒートを軽減。春と秋はアウターとして。冬の寒い日はミッドレイヤーとしても重宝する。

Topic 04

Two Great Lengths

上品なダブルフェイスのコートがレングス違いで2タイプ登場。チェスターロングコートは、ほどよくドロップショルダーでアームラインはゆったり。ハリ感がありつつ柔らかさもある生地だから、袖や身頃に立体的なドレープがエレガントに映える。ミドル丈のコートは肩から縦にストンと落ちるモダンなパターンニングが魅力。ノーカラーコートとしてだけでなくフロントのボタンを留めればポンチョ風にもなる2WAY仕様。キャメルブラウンやフォレストグリーンなど、秋っぽいカラーのタートルネックの上に羽織るだけで絵になる。

Topic 05

A Handle on Things

どの角度から見ても上品なのは理由がある。型押ししたシボ感のある表情はキメ細かで美しく、コバと呼ばれるエッジ部分の仕上げは1つ1つ手作業。長財布と携帯、ポーチ、折り畳み傘などが収納できるコンパクトサイズで、アコーディオン型の2層式だから仕分けと整理がしやすい。長さの調節ができるショルダーストラップは取り外し可能。

Topic 07

Prep it Up a Notch

ボタンダウンシャツにオーセンティックなチノパン、足元はローファー。ときたら、プレッピーなベルトに限る。使い続けるほどに味わいが増すレザーと、伸縮性があってしっかりホールドしてくれる素材のコンビネーションで、リボンベルトを連想させる赤や緑、グレーのラインが腰回りに加わるだけで普段のベーシックが格段に楽しくなる

Topic 08

Cozy Outdoor Vibes

アウトドアシーンではフリースが欠かせない。今季リリースされるジップアップベストは、深すぎないVゾーンが好バランス。毛足が長くふわっと軽やかで、パイピングが施されているからいつだって上品。底冷えする朝晩には極薄の防風フィルムを内蔵したフリースジャケットが強い味方。遮風性と保温力が優秀で、柔らかくてモコモコ。左胸のジップポケットがいいアクセントになっている。

Topic 10

Strong Cable Game

秋の風がすっと吹いたらアランセーターの出番。新作は、アクリルとポリエステル、ナイロン、ウールを絶妙にブレンドすることで、ボリューム感たっぷりなケーブル編みの立体感と軽さを実現。シルエットは身幅をほどよく細みにしてモダンに。強度に優れたナイロン糸のおかげで、長く着続けても伸びにくい。

Topic 12

Sneak into Fall

秋の風景にはベージュとグレーが似合う。レースアップスニーカーの新作は滑らかなタッチのフェイクスエードで、撥水性があるから多少の雨でもへっちゃら。ソールを覆うテープも同色にしているからシックな着こなしにも合う。ニットタイプはアッパーがメッシュで驚くぐらいライト。クッション性とホールド感も高く、インソールは抗菌防臭機能付き。

Topic 14

Your Fluffiest Fan

スポーツをするときに、心地いいタオルがあると気分が違う。新作はポリエステル芯に上質なコットンを巻き付けたコアヤーンを使用することで、ふっくらとした柔らかい肌触りと速乾性を両立。ツールトートバッグもキャンバスの風合いがナチュラルでありながら、生地の内側にフィルムを貼っているから水に強い。どちらもベーシックなのに機能的。

Topic 02

Herringbone Days

馴染みのレストランに行くときは、肩肘張らないクラシックな服が理想的。ヘリンボーンのセットアップはツイーディーな表情がありつつ、伸縮性のあるジャージ素材だから着心地はまるでカーディガン。ユニセックス展開のバルマカーンコートはウールのような重厚感がありながらガシッとした硬さはなく滑らかで柔らかい。ラグランスリーブと大きめのシルエットも気分。

Topic 03

Crazy for Fall

澄んだ秋晴れが気持ちのいい日は、白いTシャツの上からクレイジーパターンのネルシャツをばさっとラフに羽織りたい。タータンチェックやブロックチェックなど、秋冬のクラシックな柄を詰め込んでポケットや袖口まで左右非対称。やや複雑に見えるけど、同系色でまとまっていて派手過ぎないのがいい。キッズサイズも展開。親子で合わせても楽しい。

Topic 06

Choose Your Chino Pants

単にチノパンといえど、シルエットが違えばまったく別物。毎シーズン微調整を繰り返しているユニクロの定番、ヴィンテージチノ(写真左)は太めな正統派。ハリ・コシと上品な光沢感がありながら、柔らかな風合いも備える独自開発したコットン100%のウエポン素材で、はき続けるほどに経年変化を楽しめる。中央のスリムフィットはキレイめ。ウエスト回りをストレッチ仕様にすることで腰回りの負担を軽減しつつ、膝上から徐々にテーパードしていくクリーンな1本。右は縦にも横にも伸びる2WAYストレッチのスキニーフィット。膝の曲げ伸ばしがラクで、脚がすっきり長く見える。着こなしのバランスやTPO、その日の気分でシルエットを軽やかに選びたい。

Topic 09

Sporty Strolls

散歩には、歩くのが楽しいスウェットセットアップを。空気を含んだように柔らかい生地感で、パーカの魅力はなんといってもサイドに配した深いスリット。ラウンドしたワッフルTをレイヤードすると奥行きが生まれ、動くたびにひらひら揺れてなんだか気分がいい。パンツはキュッとしたゴム裾がポイント。ソックスにINすれば、くしゅっとしたニュアンスが際立ってかわいい。

Topic 11

This Little Bag Went to Market

グローサリーやベーカリーなど、ちょっとした買い物に携えたいのが、イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコレクションの小物。ストールは紅葉の並木道で引き立つ華やかなトーンで、くるっとラフに巻くだけで気分は秋模様。エコバッグはチェック柄と花柄がラインナップ。肩掛けもしやすいハンドルの長さで、紐で結べる仕様が嬉しい。トラッドな着こなしとも好相性。

Topic 13

Low Gauge, Long Sock

ヘリンボーンのコートやアランニットなど、クラシックな秋冬の装いにはUniqlo Uの新作ローゲージソックスを。ほどよい厚みと起毛感がありながら、リブは締め付けが強すぎず、くしゅくしゅっとしたときのニュアンスがとにかくチャーミング。膝下丈っていう長さも絶妙。ウィメンズのみ展開するボルドーとチャコールグレーは深まる秋にぴったり。

Topic 15

Fleece to the Limit

アクティブな日には、アスリートと共同開発したストレッチフリースジャケットを。体の部位に合わせて2種類のフリースを組み合わせていて、縦横あらゆる動きにフィットする。胸や背中などの蒸れやすい部分を細かいグリッド状のフリースにすることで冬の発汗時のオーバーヒートを軽減。春と秋はアウターとして。冬の寒い日はミッドレイヤーとしても重宝する。

このページをシェアする

本誌でご紹介しているLifeWearはユニクロオンラインストアでご購入いただけます。

掲載商品のご案内