Naturally
in Motion

  • Photography by Mie Morimoto
  • Styling by Miwako Tanaka
  • Hair & Makeup by Hiroko Ishikawa(eek)
  • Editing by Reiko Ishii

身体を駆使し、感情をストレートにあらわすダンス。
心地のよい服をまとったとき。自然とあふれ出す感情を、いま注目のダンサー、アオイヤマダが言葉を添えて表現してくれた。

「ポージングは、日常生活に発生する感情や仕草を、私なりの表現で考えました。例えば、テーブルの向こうのものを取るとき、ストレッチもしたいから足まで上がっちゃう。新聞を読むとき、自分の髪の毛に邪魔される…あ、お客さん。急いでテーブルを拭かないと。みたいに」

「幼い頃から着ていたユニクロ。当時は、鬼ごっこのしやすさと、側転のしやすさから、学校へ着て行っていました。今思い返せば、それって日常生活のしやすさにつながるような気がします。父、母、祖父、足が弱くなった祖母も着ています。世代と性別、その人の状況に合ったものを幅広く作ってくださっていると感じました」

「自分に生まれる感情や言葉を、ダンスというフィルターを通して伝えたい。その時々に伝えたいことは変わりますが、一つ言えることは、ダンスの根底には、必ず、物語や思想があるということです」

Aoi Yamada |

アオイヤマダ

Dancer

2000年、長野県生まれ。米津玄師、DISH//、NulbarichなどのミュージシャンのMVに参加し注目を集める。ショートフィルム『Somewhere In The Snow』や舞台『星の王子さま』に役者として出演したり、東京2020 NIPPONフェスティバル『わっさい』ではMC、振付を務めたりと活躍の場を広げ、枠にとらわれないエンターテイメントを発信している。東京2020オリンピック閉会式ではソロパフォーマンスを披露。
@aoiyamada0624

Naturally
in Motion

  • Photography by Mie Morimoto
  • Styling by Miwako Tanaka
  • Hair & Makeup by Hiroko Ishikawa(eek)
  • Editing by Reiko Ishii

身体を駆使し、感情をストレートにあらわすダンス。
心地のよい服をまとったとき。自然とあふれ出す感情を、いま注目のダンサー、アオイヤマダが言葉を添えて表現してくれた。

「幼い頃から着ていたユニクロ。当時は、鬼ごっこのしやすさと、
側転のしやすさから、学校へ着て行っていました。
今思い返せば、それって日常生活のしやすさにつながるような気がします。
父、母、祖父、足が弱くなった祖母も着ています。
世代と性別、その人の状況に合ったものを
幅広く作ってくださっていると感じました」

Aoi Yamada |

アオイヤマダ

Dancer

2000年、長野県生まれ。米津玄師、DISH//、NulbarichなどのミュージシャンのMVに参加し注目を集める。ショートフィルム『Somewhere In The Snow』や舞台『星の王子さま』に役者として出演したり、東京2020 NIPPONフェスティバル『わっさい』ではMC、振付を務めたりと活躍の場を広げ、枠にとらわれないエンターテイメントを発信している。東京2020オリンピック閉会式ではソロパフォーマンスを披露。
@aoiyamada0624

「ポージングは、日常生活に発生する感情や仕草を、
私なりの表現で考えました。例えば、テーブルの向こうのものを取るとき、
ストレッチもしたいから足まで上がっちゃう。
新聞を読むとき、自分の髪の毛に邪魔される…
あ、お客さん。急いでテーブルを拭かないと。みたいに」

「自分に生まれる感情や言葉を、
ダンスというフィルターを通して伝えたい。
その時々に伝えたいことは変わりますが、
一つ言えることは、ダンスの根底には、
必ず、物語や思想があるということです」

このページをシェアする

本誌でご紹介しているLifeWearはユニクロオンラインストアでご購入いただけます。

掲載商品のご案内

LifeWear magazineに対するご感想やご意見を募集しております。

本誌に関するアンケートはこちら

本ページに記載の価格は、2月17日時点での税込価格です。価格は変更になる可能性がございます。