Find
Your Healthy

with UNIQLO 2021 Spring & Summer collection

清々しい春の始まりは、心地いい快適な服を着たい。

暖かな日差しとともに、
気分も明るくなるようなパステルカラーのサマードレス。
バサッと軽やかに羽織れるコットンパーカ。
ちょっとしたアウトドアに持っていきたい小物たち。

新しいLifeWearのヒントをつめこんだ15のトピックで、
自分なりのヘルシーを見つけにいこう。

  • Photography by Taro Hirayama (models), Yoshio Kato (products)
  • Styling, Editing & Text by Kyosuke Nitta
  • Hair & Makeup by Katsuyoshi Kojima

清々しい春の始まりは、
心地いい快適な服を着たい。

暖かな日差しとともに、気分も明るくなるようなパステルカラーのサマードレス。
バサッと軽やかに羽織れるコットンパーカ。
ちょっとしたアウトドアに持っていきたい小物たち。

新しいLifeWearのヒントをつめこんだ15のトピックで、自分なりのヘルシーを見つけにいこう。

01 Comfortable Classics

見た目はクラシックなシアサッカーのスーツだけど、伸縮・速乾性がある感動ジャケットと感動パンツのセットアップ。だから着心地はずっと軽やかで一日中さらさら。ネイビーベースのマドラスチェックとプルオーバー仕様がプレッピーな半袖シャツは、メンズ展開だけど女の子が大きめに着てもチャーミング。生地に使用しているしなやかな超長綿100%のブロードが、春の日差しで上品な光沢を帯びる。

02 Summer Dresses

思わず伸びをしたくなるような眩しい日には、イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコレクションのワンピースを。淡いペールイエローが夏の風景に映えるレーヨンのワンピースは、歩くたびにふわっとゆるやかに広がるシルエットが魅力。シフォンのワンピースは、プリーツにツイストをかけることでシックな花柄がより奥行きのある表情を見せる。

03 Authentic Gear

海辺で羽織るビーチパーカから着想を得た新作は、風合いとハリのある薄いコットン素材とサンドベージュの色味が清涼感たっぷり。スナップボタン付きのフラップポケットはバッグが要らないぐらい大容量。フードは大きめで、ウエストとアームラインはゆったりしていながらも着丈は短め。シャツの上からバサッと羽織るだけで様になる。

04 Good Socks, Good Shoes

シンプルなスニーカーに見えて機能は優秀。ニットタイプは、クッション性抜群なソールと足全体を包み込むようなホールド感が特徴。キャンバスは撥水加工を施しているからちょっとぐらいの雨なら弾いてくれる。合わせるべきはレギュラー丈のざっくりとしたローゲージのソックス。くしゅくしゅっとさせてもルーズな印象を与えない。

05 Soft and Protective

外出時だけでなく屋内でも紫外線は大敵。だからといってあからさまに日差しから肌を守るウエアを着るのではなく、いつもの普段着のままガードできたら理想的。ユニクロのUVカットセーターは滑らかな超長綿のスーピマコットンを使用しつつ、およそ90%のUVカットを実現。洗濯機で洗えるマシンウォッシャブルなのも嬉しい。

06 Oversized, but Not Loose

オーバーサイズでゆったりしているのに品がいい。Uniqlo Uが定番で展開している胸ポケット付きのクルーネックロングTシャツには、クリストフ・ルメール率いるパリのデザイナーチームがミリ単位の調整で導き出した究極のバランスが凝縮している。身幅は広めで腕回りも太め。肩はドロップショルダーでビッグシルエットだけど着丈は短め。ネックと袖口のリブはキュッと詰まっていてメリハリがあり、肉厚なコットンジャージー素材はタフでヨレにくく、動くたびに立体的なドレープがきれいに出る。

07 The New Heavy Duty

ルックスは本格派。でも着心地は画期的。ボックスシルエットのクラシックなトラッカージャケットは、風合いと表情が長く着込んだヴィンテージのようだけど、ストレッチデニムを使用しているからイージーフィット。カバーオールは、本格的なワークの意匠を踏襲しながらも薄手のデニムに製品洗いを施しているからクタリと柔らかくて軽快。

08 Layering Feels Nice

春先のコーディネートに欠かせないベーシックなワッフル地の長袖クルーネックT。シンプルに着るなら色のコントラストを際立たせるために白いTシャツをベースレイヤーに。ウィメンズは裾がラウンド状になっているから着こなしの幅も広がる。上から大きめのグラフィックTを重ねるオールドスクールな着方もクール。

09 Tough and Slick

キャンプやピクニックなどのアウトドアシーンで重宝するキャンバスのトートバッグ。オーセンティックな佇まいでありながら生地にフィルムが内蔵されていて水が浸みにくいのが魅力。加えて、擦れやすい底面を3層構造にしているから丈夫なつくり。内部ポケットも収容力があり、あらゆるシチュエーションで使い勝手がいい。

10 Rainy Days

気分が落ち込む雨の日には、青空のようなブルーのブロックテックパーカを。防水・防風のオリジナル素材はストレッチ性もあり、今季は腕回りを動きやすくするために3Dカッティングにアップデート。肩からアームにかけての窮屈さを軽減すると同時に、緩やかにドロップするモダンなシルエットに一変。

11 Be Kind to Your Eyes

コンパクトに折り畳み胸ポケットにさっと入れられるフォールディングタイプのサングラスが登場。天地幅のあるクラシックなウェリントンタイプはトレンドに左右されることなく普遍的で、フレームには軽くて耐久性の高いポリカーボネートを採用しているから長く付き合える。ブラックとブラウンのべっこう柄がラインナップ。

12 Packables Keep Us Going

天気がコロコロ変わる春は、くるっとまるめて付属の収納袋に入れれば手のひらサイズになるポケッタブルアウターがあると心強い。膝上丈のコートはシワ感のあるナチュラルな表情が魅力で、UVカットのジップアップパーカは薄手でありながら破れにくい30デニールのリップストップポリエステル製。どちらも耐久撥水加工が施されているから小雨ぐらいならなんのその。いつもバッグに忍ばせておきたい。

13 Complimentary Silhouette

単にジーンズといえど千差万別。あれもこれもではなく、自分の体型と好きなシューズの傾向を知った上でベストなシルエットを選び、体に馴染むまではき続けるスタンスこそヘルシーだ。BDシャツにローファーというオーセンティックなスタイルには、広島のカイハラ社とタッグで開発したレギュラーフィットのセルビッジジーンズを。真っ白のキャンバススニーカーを合わせるクリーンな着こなしには、色落ちと色移りしにくいカラーステイ機能を搭載したテックデニムスリムフィットジーンズ。シャープなサイドゴアブーツには、ユニクロメンズジーンズ史上最高のストレッチ性を誇るウルトラストレッチスキニーがマッチ。ベージュのスエードチャッカブーツには、淡いブルーが爽やかなEZYジーンズを。肌に当たる裏面がふんわりと柔らかくスウェットのようにはき心地がイージー。

14 Washable Rules

上品なハイゲージのニットをスウェットのように洗濯機で洗って干して、またフレッシュな気分で袖を通したい。そんな理想を求めて完成したのがマシンウォッシャブルセーター。コットンに繊細な19.5マイクロンの高品質なメリノウールをブレンドすることで、ナチュラルな肌触りに。フィット感はゆったりとしたリラックスシルエット。綿糸を染めているから発色に深みがある。

15 Good Sleep, Good Life

ヘルシーな暮らしは、質のいい眠りがあってこそ。ベッドシーツや掛け布団カバー、ピローケースをエアリズムにすれば、1日の終わりと始まりの心地よさがガラリと変わる。肌当たりが滑らかで、冷感機能があるから触れた瞬間ひんやり感じるし、吸水・速乾性が抜群に高く、汗をかいても放湿性に優れているから、いつでもドライ。

このページをシェアする

本誌でご紹介しているLifeWearはユニクロオンラインストアでご購入いただけます。

掲載商品のご案内