LOUVRE
UNIQLO

ユニクロとルーヴルが
現代に出会う。

ユニクロは2021年より、パリのルーヴル美術館と4年にわたるパートナーシップを結びます。歴史的アートの素晴らしさを世界中の人に伝えたいというルーヴル美術館とユニクロの共通の願いを実現するため、無料入館プログラムやルーヴル美術館の所蔵品をモチーフにしたコラボレーション商品の発売など、アートに触れる様々な機会を提供していきます。

ユニクロとルーヴルが現代に出会う。

パートナーシップ プログラム

フリー・サタデー・ナイト

フリー・サタデー・ナイト

「フリー・サタデー・ナイト」はルーヴル美術館が2019年1月より実施し、一年間で約160,000人を動員した無料入館プログラムです。通常、午後6時までの開館時間を毎月第一土曜日は午後9時45分まで延長し、ルーヴルを構成する3つの翼「シュリー翼」「ドゥノン翼」「リシュリュー翼」を開放。作品鑑賞はもちろん、かつては王宮だった壮大な建築を夜の落ち着いた雰囲気で堪能することができます。開催開始時期は今春を予定しており、詳細はルーヴル美術館サイトをご確認ください。

詳細を見る
(ルーヴル美術館公式サイト)
ミニ・ディスカバリー・ツアー

ミニ・ディスカバリー・ツアー

主に家族連れを対象にした教育プログラム「ミニ・ディスカバリー・ツアー」もユニクロが支援します。2020年7月にスタートした本プログラムは、毎週水曜と土日に、館内の各拠点で実施される20分のミニツアー。専任のスタッフが、子どもやアートに馴染みがない訪問者に新しい視点で展示作品を紹介します。開催開始時期は今春を予定しており、詳細はルーヴル美術館サイトをご確認ください。

詳細を見る
(ルーヴル美術館公式サイト)

ルーヴル美術館コレクション

ルーヴル美術館コレクション

2月5日(金)より、ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」から「ルーヴル美術館コレクション」を発売します。今後2024年までの間、継続的に「UT」からコラボレーションアイテムを発売予定です。

ルーヴル美術館コレクションを見る

パートナーシップについて

ルーヴル美術館 パートナーシップ スペシャルサイト

ユニクロとルーヴルが現代に出会う。
この新しい扉を開く時。アートはあなたが⾝にまとうLifeWearへと変わります。数世紀にも渡り継承されてきたマスターピースが、現代の感性と共鳴するとき、2つの美意識は時空を越えていきます。今⽇のスタンダードをより良くしたいと願う姿勢から、明⽇へとつづく創造性や発⾒が⽣み出されていく。私たちはそう信じています。

ルーヴル美術館について

ルーヴル美術館 パートナーシップ スペシャルサイト

12世紀後半に要塞として建てられた王宮が、1793年に国立美術館として生まれ変わり、開館されたルーヴル美術館。8世紀以上にわたってフランスの歴史の中心に位置づけられてきた、世界で最も来場者数の多い美術館です。訪れた人々は、9,000年の歴史と5つの大陸を網羅した、35,000点を超える世界最高の芸術作品と出合うことができます。

ルーヴル美術館公式サイト