1. ユニクロTOP
  2. MEN TOP
  3. ウルトラライトダウン
  4. ダウンをおしゃれに着こなすには、サイズ感が重要!ジャストサイズとビックシルエット、どっち派?

ダウンをおしゃれに着こなすには、サイズ感が重要!ジャストサイズとビックシルエット、どっち派?

ダウンをおしゃれに着こなすには、サイズ感が重要!ジャストサイズとビックシルエット、どっち派?

本格的に寒くなると大活躍するダウンアイテムですが、「ジャストサイズ」でぴったりめに着るのが良いのか、流行りの「ビックシルエット」のものを選ぶべきか悩んだことはありませんか?おしゃれにカッコ良く着こなすためにはその人に合った「サイズ感」を選ぶことがおすすめです。
今回は、ダウンのサイズ選びでお困りの方に、そのヒントとなるようなおすすめのコーディネートをまとめてご紹介します。

シルエットで違いを出す
ジャストサイズとビックシルエット

ジャストサイズのダウンとビックシルエットのダウンでは、着た時の印象はどのように変わるのでしょうか。それぞれの活用シーンと共にご紹介します。

無難に着回しがきく!初めてのダウンにはジャストサイズがおすすめ

ジャストサイズのダウンはバランスが取りやすく、着回しがしやすいアイテムです。ダウンを着た時のシルエットがすっきり見えるため、全体的にぴったりとした細身のラインのコーディネートにも使うことができます。

また、薄手のインナーとして着られるダウンも人気です。レイヤードスタイルでも着回しの効くアイテムです。今までダウンを着る機会がなかった方は、今まで着用していたアイテムとも合わせやすいジャストサイズを選ぶとコーディネートの幅が広がるでしょう。

流行に敏感な方には、ビックシルエットのダウンがおすすめ

最近はダウンアイテムを「ビックシルエット」で着こなすことがトレンドになっています。ゆったりとした大きめサイズを着ることで都会的な雰囲気に。さらに「こなれ感」を演出し、普段の着こなしをよりおしゃれに見せることができます。

それぞれの着こなしのポイント

では、それぞれのサイズ感での着こなしポイントをお伝えしていきます。

ジャストサイズのダウン

ぴったりサイズですっきりとした印象に

きれいめな着こなしをしたいという方は、中に肌着やシャツ、ニットを着た状態で体に心地よくフィットするサイズを選びましょう。シームレスダウンパーカー丈感やコンパクトなシルエットは、着る人の身体を細身に、すっきりとした印象に見せてくれます。

ビジネスシーン、インナーとしても活用

仕事用などでオフィスカジュアルとして着たい方に、インナーダウンとしても着回しが効き、コーデの幅が広がり使いやすいのも魅力的です。
「ダウン」と聞くと、アウターの印象が強いですが、このウルトラライトダウンシリーズは薄手で軽く、コートはもちろんスーツの下に着ても目立たないデザイン。しっかり暖かく、かつ上品に着こなすことができます。

コンパクトなダウンなら、脱ぎ着も自由!気温の変化に対応しやすい

ウルトラライトダウンコンパクトジャケットは軽くて薄手の素材なので、一般のアウターと比べ、かさばらないところがポイントです。小さく畳んで、付属のポーチに入れれば簡単に持ち運びすることができます。ドライブ中車内のエアコンで暑くなったときや、屋内外を行き来するときでも簡単に脱ぎ着ができ、快適な体感温度に楽しめます。

ビッグシルエットのダウン

トレンド感を演出

「ビックシルエット」のダウンはゆったりとしたボリューム感あるシルエットが特徴。
ここ数年ではあえて大きめのものを選び、着こなすことがトレンドになっています。 また、ボトムスはぴったりめのパンツを合わせるのがおすすめ。ふわふわのダウンでトップにボリュームが出る分、スキニーデニムなどのタイトなパンツと合わせるとコーデにメリハリが生まれ、いつもの着こなしに「こなれ感」を与えてくれるでしょう。

タートルやシャツなどを組み合わせて、レイヤードで着こなすこともできる

ビックシルエットのダウンは、ゆったりと余裕のあるサイズ感で重ね着しても動きやすいことが魅力です。そのため、厚手のタートルネックセーターやシャツなどを組み合わせてもかさばりません。また、インナーの色や柄次第で、マンネリしがちな冬のコーデの印象を変えることもできます。

まとめ

今回は冬の定番アウター「ダウンアイテム」のサイズ感についてお伝えしました。サイズ選びは、ダウンをおしゃれに着こなす重要なポイントです。
また、インナーやボトムスなど組み合わせるアイテム次第でもコーデの印象を大きく変えることができます。基本と言われるジャストサイズを選ぶか、トレンドを意識したビックシルエットにするか。自分の体型や好みに最適なダウンを選んで、おしゃれに冬の寒さを乗り越えましょう。