プレスリリース

2007年10月09日

ユニクロ初のチャリティオークション落札総額は1,627,929円に!

~ユニクロからの寄付金を追加した総額3,000,000円をUNHCRへ寄付~

 ユニクロは、CM出演者など弊社ゆかりの著名人にご協力いただいたチャリティオークションを行いました。落札総額の1,627,929円にユニクロからの寄付金を追加した合計3,000,000円を、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付をいたします。このチャリティは「Yahoo!オークション」と「JFW in TOKYOのスペシャルイベント」として開催された「ユニクロ 2007秋冬コレクション」で実施したもので、寄付金は、UNHCRを通じてアフリカにおける難民教育プログラム(子供、女性・若者の職業訓練等)の活動資金として活用されます。

CM出演者などユニクロゆかりの著名人によるチャリティオークションを開催

 ユニクロは、CSR活動の一環として毎年3月と9月の各1ヶ月間、継続的・定期的に回収・リサイクル活動を実施しています。お客様からお預かりした衣料は、エネルギー資源や繊維へとリサイクルするとともに、アジアやアフリカの難民キャンプでの救援衣料としてリユースするなど、意義のある活動に積極的に活用させていただいております。ユニクロは、この全商品リサイクル活動において全面的なご協力をいただいてきたUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)をよりサポートし、包括的、多角的に人道支援活動を行うため、初のチャリティオークションを開催しました。

 このチャリティオークションは、9月3日から11日の「Yahoo!オークション」と、9月4日の「第5回 東京発 日本ファッション・ウィーク」スペシャルイベント「ユニクロ2007秋冬コレクション」にて開催し、活動趣旨にご賛同いただいた弊社CM出演者などの著名人の皆様やUNHCRスペシャルサポーターの方にご協力いただきました。オークションには提供いただいた著名人の愛用品とサイン入りのユニクロ最新秋冬アイテムを合計で42点出品いたしました。

 ネットでのチャリティオークションには50万件を超えるアクセスをいただき、収益金はイベントでのオークション分も含め1,627,929円にのぼりました。これにユニクロからの拠出金を加えた合計3,000,000円を、日本UNHCR協会からUNHCRを通じてアフリカにおける難民教育プログラム(子供、女性・若者の職業訓練等)の活動資金として寄付をいたします。ユニクロでは今後、WEBでの募金の告知活動を初めとしたチャリティ活動を継続して開催し、UNHCRとの連携をとりながら、収益金の寄付を通じてより積極的な人道支援活動を行っていく計画です。

【 オークション出品物提供者 】

イッセー尾形、エレキコミック、菊川怜、熊木杏里、小池栄子、佐藤江梨子、SHIHO、照英、
すみれ、吹石一恵、永瀬正敏、夏木マリ、成宮寛貴、松田龍平、松山ケンイチ、丸山周
道端ジェシカ、森本 稀哲、Rena、YOU、ユースケサンタマリア、ユンソナ

※敬称略/五十音順
※菊川怜さんはUNHCR駐日事務所のスペシャルサポーターです
※下線の方は9月4日(火)開催の 「ユニクロ2007秋冬コレクション」のチャリティイベントへの参加者