2018 アダム・スコットトーナメントスタイリング

最新の大会

全米オープン選手権

ゴルフの4大メジャー大会のひとつで、今年で118回目を迎えるアメリカでも歴史あるトーナメント。
アメリカ国内の各地をはじめ日本やイギリスで予選会があり、最終予選を通過した選手が出場資格を得られることから“オープン”と呼ばれる。
今年の開催地であるシネコックヒルズは1896年の開催当時※からの趣をそのままに、木々を切り落とし風が通りやすくなってよりコース難易度を高めたコース設計。バーディーが取り難くミスは取り返しにくい忍耐と集中力が試される大会で有名。
※1896年は第2回目大会がシネコックヒルズで開催された。

トップアスリートとの服づくり

今回アダム・スコット選手が着用する「感動パンツ」は、彼とユニクロとの共同開発によって生まれた商品です。トップアスリートからのフィードバックは貴重な情報として服づくりに活かされ、より高品質な服となってお客様にお届け。実際に試合や練習等で着用した際の感想をはじめ、アスリート視点での意見や要望を活かし、腰まわりに通気性の高い素材や高ストレッチ素材を採用。酷暑下でも快適に着用できる機能性と、ビジネスやカジュアルなどのオン・オフを問わずにスタイリッシュに着用できるデザイン性を兼ね備えた同アイテムは高い評価を得ています。

トップアスリートとの服づくり1
トップアスリートとの服づくり2

アダム・スコット選手コメント

私がユニクロと共同開発している「感動パンツ」は、ゴルフのプレイ中はもちろん、オン・オフを問わず最高のパフォーマンスに貢献できるように、高品質な生地、デザイン、着心地の良さなどの細部にわたって計算されています。誰もが快適かつ気軽に着られる服でゴルフをすることは私のこだわりであり、これらのウエアを着用してプレーすることに喜びを感じます。

全米オープン選手権着用商品

ユニクロのグローバルブランドアンバサダーであるアダム・スコット選手は「ドライEXポロシャツ」、自身がユニクロと共同開発している「感動パンツ」など、難関コースで忍耐力、集中力が問われる今大会でも安定して高いパフォーマンスを発揮する機能性と上品で洗練されたデザイン性を兼ねたウエアを着用して出場いたします。

ピックアップアイテム

ドライEXポロシャツ
感動パンツ(ドライストレッチパンツ)

アダム・スコット選手コメント

「感動パンツ」は、前身である「ドライストレッチパンツ」の誕生時からユニクロのスタッフと ミーティングを重ね、世界中の皆様に愛される本当に良い商品に育ってきていると実感しています。


アダム・スコット

アダム・スコット

1980年7月16日生まれ。オーストラリアアデレード出身。世界トップクラスのプロゴルファー。2002年のマスターズ・トーナメントに初出場で9位入賞を果たすと、2003年9月の「ドイツ銀行選手権」でツアー初優勝。ユニクロのグローバルブランドアンバサダーに就任した直後の2013年4月のマスターズでは、オーストラリア人として見事初優勝の栄光に輝いた。

ユニクロアンバサダー紹介>

ユニクログローバルブランドアンバサダー