1. ユニクロTOP
  2. UNIQLO UNIFORM
  3. 導入事例
  4. 「国立大学法人室蘭工業大学」様

導入事例 国立大学法人室蘭工業大学様

導入商品:

フリースフルジップジャケット(長袖)

加工方法:

刺繍

導入企業:

国立大学法人室蘭工業大学 様

自然豊かなものづくりのまち北海道室蘭市にある国立大学法人 室蘭工業大学 省エネルギー行動計画の一環として、フリースフルジップジャケットを支給

国立大学法人室蘭工業大学は、「地域貢献」や「確かな研究力をベースとした教育力」を大きなキーワードとして掲げ、北海道の課題解決が日本の、そして世界の課題解決に繋がると考え、教育・大学改革に取り組んでおります。また、「地域のために働く」ことを宣言しており、長期的な視野に立った北海道の将来像と、それを実現するための研究戦略「北海道MONOづくりビジョン2060」を策定し、2060年の北海道の姿を本学の若手研究者が描き、科学技術でカタチにしたい「夢」を描いています。
北海道は気温が低いため、従来は暖房の温度を上げて防寒対策をしていましたが、文部科学省が奨励する省エネルギーの対応として、事務系職員に「フリースフルジップジャケット」を支給。フリースによるウォームビズの効果が実感でき、暖房の使用頻度を減らすことができました。

フリースフルジップジャケットは非常にゆったりした形状なので、リラックスして実験・実習に臨めます。

非常に軽量でシンプルなデザインなので、軽作業の際にも、「さっと羽織れて便利で温かい」と重宝されています。

厳冬期の建物間の移動には、コートが必須でしたが、さっと羽織れるフリースフルジップジャケットでも「全然寒くない」との声が多数寄せられています。

国立大学法人室蘭工業大学

従業員数:319名(2022年2月1日現在)
事業内容:教育・研究
商品配布後、社員(スタッフ)の皆さまの評判をお聞かせください。
非常に軽く、クオリティが高いことから、厳しい冬を過ごすことになる北海道の地においては、利用シーンが多く、幅広い年齢層からの職員から大変好評を得ております。
ご着用いただいている商品の機能性(着心地や動きやすさ等)はいかがですか?
何よりも機能的で動きやすいというのが第一印象です。肌寒い会議室でも、毛布に包まっている感覚があり、暖房の温度設定を上げなくても十分過ごすことができます。室蘭工業大学の省エネルギー行動計画の推進に大きく寄与していることは間違いありません。
ユニクロのウェアを導入された背景や、ユニクロで購入して良かったことをお聞かせください。
大学主催のイベントユニフォームを広く世界で認知されているユニクロに依頼をし、導入したところ、各方面から大学のオリジナルユニフォームにしてほしいという声が続出し、導入を決定しました。統一されたオリジナルユニフォームを着ることで「室蘭工業大学の一員として働くこと」に誇りを感じている職員が増えたことが、大きな成果のひとつです。

関連商品はこちら

※事例に記載の商品はご導入時点のものとなります。販売中商品と一部デザイン等が変更となっている場合がございます。