1. ユニクロTOP
  2. UNIQLO UNIFORM
  3. 導入事例
  4. 「フローリスト桜屋」様

導入事例 フローリスト桜屋様

導入商品:

ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)

加工方法:

シルクスクリーンプリント

導入企業:

フローリスト桜屋 様

花を通じて、地域のお客様に感動と満足を届けるフローリスト桜屋
動きやすさが求められるユニフォームに、ヒートテックコットンTシャツを導入

創業1969年。長野県上田市で3店舗を展開し、50年以上に渡って地域のお客様に愛されるフローリスト桜屋。店舗で取り扱う花は、いずれも繊細で細かな作業が求められるため、動きやすく、袖口や身体にフィットする服であることが求められます。同時に、花の鮮度を保つために店内の温度を低めに維持するので、働くスタッフのために保温効果のある服を支給したいと考え、抜群のフィット感と、保温性を兼ね備えたヒートテックコットンTシャツを導入しました。

花の専門家として技術を競うフラワーデザイン競技会「ジャパンカップ」で優勝した実績を持つオーナー。花で心豊かに幸せな気持ちになれるよう、スタッフ一同で提案します。

バラを取扱う際には、棘を抜く作業が必須。同時に、茎を傷つけないよう丁寧に扱う必要があるので、袖口が花に触れないよう、身体にフィットするウェアが最適です。

毎日の清掃時、棚の奥まで手を伸ばすこともあるので、伸縮性の高いウェアであることが、働きやすさに繋がっています。

会社名:有限会社 桜屋

従業員数:13名(2022年6月1日現在)
事業内容:生花の小売り・販売
商品配布後、社員(スタッフ)の皆さまの評判をお聞かせください。
動きやすさと保温性が備わっているので、店舗での業務に最適と好評です。
ヒートテックコットンTシャツは、1枚で着てもカットソー見えするので、従来はインナーとしての印象が強かったヒートテックの印象が変わりました。
ご着用いただいている商品の機能性(着心地や動きやすさ等)はいかがですか?
生花店での業務には、ごわごわした生地や袖口が広い服は不向きです。その点、ヒートテックコットンTシャツは、適度な伸縮性に加え、保温性も高いのでユニフォームに最適だと考えています。
ユニクロのウェアを導入された背景や、ユニクロで購入して良かったことをお聞かせください。
実際に商品を店舗で試着できる利便性や、バリエーションが豊富で検討しやすいことが理由です。また、ユニクロの服は、当店のスタッフも自分のサイズ感を把握できているので、注文しやすく助かっています。

関連商品はこちら

※事例に記載の商品はご導入時点のものとなります。販売中商品と一部デザイン等が変更となっている場合がございます。