障がい者雇用

ユニクロは障がいのある方々を雇用する機会を世界中で増やすよう努力を続けています。
会社の使命として「世界をよい方向に変えていく」ことを掲げ、独自の企業活動を通じて人々の暮らしの充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指しています。

  • 障がい者雇用の推進
  • 障がい者雇用の推進
  • 障がい者雇用の推進
  • 01
  • 02
  • 03

障がい者雇用の推進

ユニクロは、「1店舗1名以上」を目標に、障がい者雇用に取り組んでいます。2001年に方針を定め、現在では、日本国内の約9割の店舗で障がいのあるスタッフが働いています。障がい者と働くことで、スタッフ同士に細かい配慮や気づかいが生まれ、お客様へのサービス向上にもつながっています。

もっとも、障がい者の特性に配慮した雇用への理解が不十分と思われる事例も見受けられました。 当社では、このような事例が生じないための教育・指導を実施し、ハンディのある方々が安心して 働ける環境づくりに今後も努めて参ります。

すでに取組みが進む日本をはじめ、将来的にはユニクロが出店している世界のすべての国での取組みを目指します。

取組みの詳細は、最新のサステナビリティレポート
服のチカラ Vol.09をご覧下さい。

Top