UT THE NEW MODEL T

コンテンツから選ぶ(50音順)

about UT

about UT

2003年より始動するユニクロのTシャツブランドUTは、自分の個性を自由に表現し伝える自己表現のツールとして、アート、音楽、映画、漫画、アニメなど旬なポップカルチャーを幅広くコンテンツに取り揃え、毎年たくさんのグラフィックTシャツを展開してきた。
2014年、ハイエンドなストリートファッションの先駆者として知られ、ポップカルチャーにも造詣が深いNIGOが、UTブランド初のクリエイティブディレクターに就任。

こだわり抜いた”本物”のTシャツ

2014年、クリエイティブディレクターにNIGO氏が就任して以降、今まで以上にTシャツの原点に立ち返るようになったUT。その品質への追求心は今シーズンもさらに加速していっています。使用する生地だけでなく、Tシャツのボディデザインまでもが、コンテンツ毎、グラフィック毎に丁寧に選定されていくのです。本物のポップカルチャー、本物のアート、本物の素材、本物のボディ。UTが目指す次なるTシャツのスタンダードの在り方を、じっくりと味わってみてください。

365日、着たくなるTシャツ

「365日、Tシャツを着ています」。毎日着るモノだからこそ、TシャツはベーシックであるべきだとNIGO氏は語ります。「総柄、Vネック、アシンメトリー…。色々なTシャツがありますが、まずは基本の型を知って欲しいんです」。その“基本”というべき原点は小学6年生の時に彼が初めて購入した3枚組のパックTシャツ。「THE NEW MODEL T」のコンセプト通り、NIGO氏がUTで目指すのは、あらゆるTシャツの「MODEL=基本」となるようなTシャツを作ること。「長く着るために、1日着たらTシャツを休ませます」。NIGO氏がファッションに注ぐ極端なほどの熱量は、消耗品としてのイメージが強いTシャツを、着古すほどに身体に馴染み、次第に愛着が湧いていくヴィンテージTシャツのような“本物”のファッションアイテムへと生まれ変わらせてみせるのです。