990+消費税

    オーダーメイドジャケット 長持ちさせるお手入れ方法

    長持ちさせるためのPOINT

    きちんとお手入れをする ローテーションして着る クリーニングはシーズンに一回で充分

    ウィメンズスーツお手入れ方法

    How to care for Women’s Suits.

    ① 脱いだらすぐハンガーへかける

    脱いだらすぐにかけることでシワと型くずれを防ぎます。ジャケットはジャケットハンガーを使用してください。肩先にかけて3.0センチ前後の厚みのあるジャケットハンガーを使用すると型くずれを防ぎます。また、ボトムスはクリップ式のボトムスハンガーがベストでしょう。パンツを二つ折りにして、トップスハンガーにかけると、折り目が付いてしまいますので、おすすめしません。

    ② 風通しの良いところに陰干しをする

    一日中着ていたスーツは汗で湿気を含んでいます。特に夏場は一日休ませると布地への負担が軽減され、長持ちします。

    ③ 汗のお手入れ

    特に女性はノースリーブで着用される方もいますので、その場合はなるべくジャケット本体に脇汗パッドを付けるなど工夫をして頂くと、汗ジミによる色素沈着を防ぎます。夏場はシャツでも汗は移ります。その場合は帰宅後、水を含んだタオルで裏側から軽く叩いてください。その後、陰干しをすると次に着るときに気持ち良い状態を保てます。また、防臭スプレーも有効ですが、内側からの使用をおすすめします。衣類の消臭などの除菌スプレーは外側からしますが、噴射口は適度に離し、服全体にかかるように使用してください。淡色のスーツの場合、稀にシミが残る場合もありますのでご注意してください。

    こちらもおすすめ

    エアリズム
    汗取りキャミソール

    取り扱いサイズ:XS-3XL

    ④ ホコリの取り方

    ウィメンズオーダーメイドスーツはブラッシングは不要です。ホコリを取るエチケットブラシを軽くかけるだけで充分です。過度な摩擦は布地を傷めますのでご注意ください。

    POINT

    毎日スーツを着用される方は、二着以上をローテーションで着て頂くと、布地を休ませることが出来、スーツが長持ちします。

    メンズスーツお手入れ方法

    How to care for Men’s Suits.

    ① 脱いだらすぐハンガーへかける

    スーツ(ジャケット)は3.0cm~5.0cm程度の肩に厚みのあるハンガーを使用することで、型崩れ防止や着用後のシワを伸ばすのに効果的。スーツ(ジャケット)をハンガーにかける際は、ポケットに入っているものを出してください。 大きなシワは霧吹きや蒸気をあて、風通しの良いところに出しておきましょう。型崩れやシワを効果的に防ぎます。パンツの裾をクリップではさみ吊るすことで、パンツ自体の重みを利用してひざ裏のシワやプリーツ線がきれいに回復。ベルトを着けておくとさらに重みがかかり、効果的にシワが取れやすくなります。パンツを二つ折りにして、トップスハンガーにかけると、折り目が付いてしまいますので、おすすめしません。

    ② 風通しの良いところに陰干しをする

    「一日着たら、一日は陰干し」を守るだけで、スーツが断然長持ちします。一度着るとどうしても汗が染み込んでしまうので、風通しの良い室内に干す(陰干し)などして汗などの水分を飛ばしてあげましょう。水分は生地や芯材(型の部分)を傷めるだけでなく、ニオイやカビの原因になります。

    ③ 汗がついてしまったら

    汗は放置しておくと、ニオイやカビの原因になります。本来は洗濯で落とせますが、問題はスーツの多くが水洗いに向かないことです。洗えない生地のスーツは、濡れタオルで生地をトントンと叩いて汗を抜いていきましょう。擦ったり、押し付けたりすると生地が傷んでしまいます。クリーニング店にも汗抜きのサービスはありますが、通常のドライクリーニングでは効果がありません。汗抜きをしたいとはっきり伝えましょう。

    ④ ホコリの取り方

    服以外の重みは型崩れの原因になるため、ブラッシング前にポケットの中に物が入っていないことを確認します。ジャケット、スラックスともに、まず下から上にブラッシングしてホコリを浮かせます。そして、上から下にブラッシングしてホコリを落としながら生地目を整えるのが基本です。過度な摩擦は布地を傷めますのでご注意ください。

    ⑤ 雨に濡れてしまったとき

    雨に濡れてしまったときは、乾いたタオルで軽く叩くようにして水滴を落としましょう。摩擦で生地が傷んでしまうのでこすらないように注意してください。

    POINT
    シーズン終わりにはクリーニングへ

    シーズン終わりにはかならずクリーニングに出してください。収納方法は、風通しの良いガーメントバッグに入れて保管し月に一度は風通しの良い所で陰干しをしてください。

    こんな時、どうする?

    シワ、ニオイがついたときは?

    汗をかいたらどう手入れすればいい?

    パンツハンガーへのかけかたってどうやるの?

    あなたのジャストフィットがみつかる。

    まずは採寸から。お近くの店舗でお気軽にお問い合わせください。