• 国枝 慎吾
  • 錦織 圭
  • アダム・スコット
  • ゴードン・リード
  • ユニクログローバルアンバサダー
  • 南谷 真鈴

錦織 圭
世界ランキング8位 ※2017年7月17日時点

Profile

1989年12月29日生まれ。島根県出身。ジュニア時代から頭角を現し2008年のATPツアーで初優勝、2012年の全豪オープンではベスト8に進出。2014年9月の全米オープンでは日本人として史上初となる準優勝を達成。2016年リオデジャネイロオリンピックで日本勢96年ぶりとなるメダルを獲得。2016年10月には、日本人男子選手としてはじめての世界ランクTOP4入り。名実共に日本のエースとして活躍中。

戦歴

  • 2016年:マイアミ・オープン 準優勝 / バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル 準優勝 / ロジャーズ・カップ 準優勝 / リオデジャネイロオリンピック・シングルス 銅メダル / スイス・インドアーズ・バーゼル 準優勝 / ATPワールドツアー・ファイナルズ ベスト4 / メンフィスオープン 優勝
  • 2015年:全豪オープン ベスト8 / アビエルト・メキシコ・テルセル 準優勝 / メンフィスオープン 優勝 / バルセロナオープン 優勝 / シティ・オープンテニス 優勝
  • 2014年:ATPワールドツアー・ファイナルズ ベスト4 / BNPパリバ・マスターズ ベスト4 / 楽天ジャパンオープン 優勝 / 全米オープン 準優勝 / バルセロナオープン 優勝 / ソニーオープン ベスト4

公式サイト

Facebook

錦織 圭 着用モデル

国枝慎吾
世界ランキング9位 ※2017年7月10日時点

Profile

1984年2月21生まれ。東京都出身。2007年に史上初となる車いすテニスのグランドスラムを達成。2008年北京パラリンピック、2012年ロンドンパラリンピック連覇、2014年度世界ランキングNo.1、2008年から2015年まで全豪オープンでは無敗の8度優勝など、数多くのタイトルを獲得しているプロ車いすテニスプレイヤーの第一人者。

戦歴

  • 2016年:リオデジャネイロオリンピック・ダブルス 銅メダル
  • 2015年:全豪オープン シングルス・ダブルス 優勝 / 全仏オープン シングルス・ダブルス 優勝 / 全米オープン シングルス 優勝
  • 2014年:全米オープン 優勝 / ウィンブルドン 優勝 / 全仏オープン 優勝 / ジャパンオープン 優勝 / 全豪オープン 優勝

公式サイト

Facebook

ゴードン・リード
世界ランキング2位 ※2017年7月10日時点

Profile

1991年10月2日生まれ。英国・スコットランド アレクサンドリア出身。MBE勲章(※)殊勲者。車いすテニス転向2年後の2007年に英国人選手として最年少(15歳)でシングルス国内チャンピオンに。同年のワールドチームカップではジュニアチームを優勝に導いた実績を持つ。2016年全豪オープン優勝、2016年ウィンブルドン優勝、2016年リオ パラリンピックではシングルスで金メダルを獲得。
※大英帝国勲章のひとつ

戦歴

  • 2017年:ウィンブルドン ダブルス 優勝 / 全豪オープン ダブルス優勝
  • 2016年:リオパラリンピック シングルス 金メダル ダブルス 銅メダル / 全豪オープン シングルス 優勝 / ウィンブルドン シングルス・ダブルス 優勝 / 全仏オープン ダブルス 優勝

公式サイト

Facebook

アダム・スコット
世界ランキング11位 ※2017年4月30日時点

Profile

1980年7月16日生まれ。オーストラリア アデレード出身。世界トップクラスのプロゴルファー。2002年のマスターズ・トーナメントに初出場で9位入賞を果たすと、2003年9月の「ドイツ銀行選手権」でツアー初優勝。ユニクロのグローバルブランドアンバサダーに就任した直後の2013年4月のマスターズでは、オーストラリア人として見事初優勝の栄光に輝いた。2005年にはAdam Scott Foundation(アダム・スコット基金)を設立し、子どもや青少年の教育などへの寄付活動を行っている。

戦歴

  • 2016年:WGC-キャデラック選手権 優勝 / ザ・ホンダクラシック 優勝
  • 2015年:クラウンプラザ・インビテーショナル・アット・コロニアル 優勝
  • 2014年:ザ・バークレーズ 優勝 / マスターズ・トーナメント 優勝

公式サイト

Facebook

南谷真鈴

Profile

1996年、神奈川県生まれ。1歳半のときに父親の転勤でマレーシアに渡り、その後、上海や香港で生活。以降、12年間海外に在住。2011年~13年までに香港の山々を全て登り、ネパールやチベットの6,000m級の山々に登頂。2014年には、英国エディンバラ公国際ゴールド賞を受賞。2017年4月13日未明(日本時間)、ユニクロのウェアを着用し北極点に到達。2017年4月14日時点で世界最年少となる『エクスプローラーズ・グランドスラム(※)』を達成。
South Island School Hong Kong、東京学芸大学付属国際中等教育学校を経て、2015年より早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科在籍。
※世界7大陸最高峰+北極点+南極点への踏破を果たすこと

登頂実績

  • 2017年:4月 北極点到達
  • 2016年:1月 コジオスコ(オーストラリア大陸)登頂 / 3月 エルブルス(ヨーロッパ大陸)登頂 / 5月 エベレスト(アジア大陸)登頂 / 7月 デナリ(北アメリカ大陸)登頂
  • 2015年:1月 アコンカグア (南アメリカ大陸)登頂 / 8月 キリマンジャロ (アフリカ大陸)登頂 / 12月 ヴィンソン・マシフ (南極大陸)登頂