動画で洗い方を見る

洗濯王子 中村祐一がおすすめする洗えるニットのお手入れ方法

洗濯家 中村祐一
洗濯家 中村祐一
長野県伊那市のクリーニング会社「芳洗舎」3代目。
培ったプロの洗濯の技術を一般家庭用にアレンジし伝え続ける、日本を代表する洗濯家として知られる。
「洗濯をデザインする」をコンセプトに、ブランドや繊維が持つ特徴、
着る人の暮らしに寄り添った最適な洗濯方法を提案。
一般家庭の洗濯環境、企業の洗濯アイテム・売場づくりなどへもアドバイスを行う。
洗濯王子の愛称で、テレビや雑誌など、各種メディアでも活躍中。
WEBサイト:https://www.sentaku-yuichi.com/

洗い方を工程で見る

  1. STEP.1 前準備
  2. STEP.2 洗濯
  3. STEP.3 干し方
  4. STEP.4 仕上げ
今回使用したニットはこちら!
とてもキメ細かで光沢のある美しい風合いが魅力のメリノウールを100%使用
〉エクストラファインメリノVネックセーター(長袖)

Step.1 前準備

汚れている箇所がないか確認したら、ニットを裏返して、洗濯ネットに入れる

  1. Point.1

    裏返すことで、表の毛羽立ちをおさえることができます。
    また、洗濯ネットに入れると、他の衣類に絡まないだけでなく、毛玉を防ぐこともできます。
    より美しく仕上げるためにも、洗濯ネットに必ず入れてください。

  2. Point.2

    洗濯ネットは、普段ご自宅で使っているものでOK。
    100円ショップでも売っています。

    おすすめは、目が細かく、ニットを畳んだ状態より
    ひとまわり大きいサイズのもの。

    大きすぎると、洗う時に洗濯ネットの中でニットがよれてしまうので、
    サイズ感をチェックしましょう。

  3. Point.3

    洗う前に必ず洗濯表示を見て、
    ご家庭の洗濯機で洗濯できるか
    確認しましょう。

Step.2 洗濯

おしゃれ着用中性洗剤を入れ、ドライコースなどやさしく洗えるコースを選択

  1. Point.1

    ニットの洗濯には、中性洗剤を使用します。
    コースはドライコースや手洗いコース、ソフトコースなどを選びます。

  2. Point.2

    弱アルカリ性のほうが洗浄力は強いですが、
    ウールのニットの場合傷んでしまう原因になるので、
    中性洗剤を使用します。

    さらに、柔軟剤を使用すると、静電気の予防にもなります。

  3. Point.3

    ある程度水が貯まったら一度給水をとめて、
    ニットが入った洗濯ネットを手で押して水を浸透させます。

    こうすることで洗いムラを防ぐことができるので、
    最初にしっかり濡らすことがポイントです。

Step.3 干し方

直射日光があたらない場所で、平干しする

  1. Point.1

    ニットは伸びやすいので、平干しがおすすめ。
    日焼けを防ぐために、風通しの良い場所で陰干ししてください。

  2. Point.2

    首周りや袖口、裾など、縫っている部分は、
    洗濯するとどうしても縮みが出てしまいます。

    乾いてしまうと形を整えられなくなるので、
    濡れているうちに手でやさしく伸ばします。

  3. Point.3

    100円ショップで売っているワイヤーネットの両端に
    パンツハンガーをつけると、簡単に平干しハンガーが
    作れます。

    テーブルの上にバスタオルを敷いて、
    その上で乾かしても良いです。その場合は、
    表面がある程度乾いたタイミングで裏返しましょう。

  4. Point.4

    ハンガーを使う場合は、下に伸びすぎないように
    2本以上使って重力を分散させることがポイント。

    跡がつかないように肩の位置をハンガーの端に合わせたら、
    両腕は肩に、もう1本には裾をかけます。

  5. Point.5

    ユニクロのエクストラファインメリノニットは、
    洗濯機で繰り返し洗っても型崩れしにくく、
    毛玉も出来にくいです。

    きちんと伸ばして平干しすれば、
    シワも気にならずそのまま着ることができます。

Step.4 仕上げ

より綺麗に仕上げたい方は、<br>
アイロンをかけて風合いアップ

  1. Point.1

    アイロンの温度は、ウール用の設定か中温(130〜160℃)にします。
    アイロンでプレスするというより、蒸気をあてて毛羽立ちを抑えたり
    縮んでいるところを伸ばすようなイメージです。

  2. Point.2

    アイロンをかけると、風合いが増すだけでなく、
    毛玉もできにくくなります。