春ボトムスコーデで
季節を先取り!
春ボトムスコーデで
季節を先取り!
Feb 01, 2018 WOMEN

外はまだまだ寒いけれど、冬服にも少し飽きてきて春物が気になり始める季節。ユニクロにも、鮮やかな発色のスカートやとろみ素材のパンツなど、春ボトムスが種類豊富に揃いました。知的でかっこいいスタイルに、女性らしさを感じる大人カジュアル、キレ味のいいほんのりモードなスタイルも… ボトムスを春仕様に更新すれば叶うんです。ひと足早く予習して、一緒に春待ちしてみませんか?



着るだけで気分が上向く!
ジューシーなオレンジスカート



春が近づくと着たくなるきれい色。今春は、パキッと鮮やかなトーンに注目です。ビビッドオレンジが初体験の人は、まず顔から離れたボトムスから挑戦するのがおすすめ。布をたっぷり贅沢に使用したサーキュラースカートは歩くたびに揺れてドラマティックで、ひざが隠れる長め丈も大人にしっくり!ライトグレーのニットでシンプルに。


【着用アイテム】
コットンカシミヤVネックセーター
サーキュラースカート(丈標準73~77cm)
※その他、スタイリスト私物



大人の淡色コーデは
柄スカートで差をつけて



春らしいパステルカラーのニットには、ひとくせあるプリントスカートをご提案。すとんと落ちるアコーディオンプリーツのシフォンスカートは広がりすぎず上品。スカートに甘さがある分、デニムジャケットやバレエシューズなど、カジュアルなアイテムとコーディネートすることで、おしゃれ感がぐっとアップします!


【着用アイテム】
デニムジャケット
コットンカシミヤリブセーター
ハイウエストプリーツスカート(ジオメトリック・丈標準76~80cm)
※セーターの着用カラーは人気商品のため、品薄となっております。売り切れの場合はご容赦ください。
※その他、スタイリスト私物



大人のデニムスカートは
明るい色味が正解!



ワンウォッシュの明るいブルーなので、デニムというよりはカラースカートのように着こなせるのが特徴。ウエスト位置が高く設定されており、共布ベルトつきで目線が上にいくから、スタイルアップも期待できます。パステルピンクのトップスや色小物を合わせて自由にカラーミックスすれば、今春らしいスタイルに。


【着用アイテム】
ドレープブラウス
ハイウエストデニムベルテッドナロースカート(丈標準70~72cm)
※その他、スタイリスト私物



シガレットデニムを投入して、
ベーシックをアップデート!



ストレートよりも細身、スキニーよりもゆったりとした、最旬シルエットのシガレットデニム。快適なはき心地のストレッチ素材に、足長効果抜群なハイライズな股上も今どき。繊細なツヤ感が魅力のラメニットをデニムにインして、全身をきれいめテイストに。小物はローファーやスクエアバッグなど、トラッドなものを選べば、鮮度の高いデニムコーデが実現。


【着用アイテム】
シャイニーリブフリルネックセーター
ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)
※セーターの着用カラーは人気商品のため、品薄となっております。売り切れの場合はご容赦ください。
※その他、スタイリスト私物



女っぷりを引き上げてくれる、
ドレープワイドパンツ



ワイドパンツを女性らしく着るには、こんな落ち感素材を選ぶと簡単です。ウエストラインにドレープが入っているから、大人の余裕を感じさせるエレガントなシルエットに。とろみのある生地感のボトムスに、あえてシャリ感のあるリネンシャツを合わせて素材をミックスさせれば、コーディネートに奥行きが。春色のパンプスやミニバッグで小気味よく。


【着用アイテム】
プレミアムリネンシャツ
ドレープワイドパンツ
※その他、スタイリスト私物



ダークカラーはさりげない肌見せで
春らしい抜け感を



インディゴデニムとネイビーのブラウスで、ワントーンのコーディネートが完成。脚にピタッとフィットするスキニーデニムを着る際は、潔く全身のシルエットをIラインにすることで洗練度もアップ!デニムのすそはロールアップせず、そのままフルレングスではくのが旬。小物もシルバーローファーやクラッチバッグで辛口に統一して。


【着用アイテム】
レーヨンエアリースキッパーカラーブラウス
ウルトラストレッチジーンズ
※その他、スタイリスト私物




【Staff Credit】
Photo : Toshiyuki Tamai
Styling : Sayaka Kawakami
Hair&Make : Harumi Kanbe
Model : Yuri Takeuchi(ENERGY)
Edit&Text : Aya Kobayashi