秋の行楽はフリースで攻略!
シーン別おすすめコーデ5選
秋の行楽はフリースで攻略!
シーン別おすすめコーデ5選
Oct 18, 2017 WOMEN

(©UNIQLO)
すっかり秋らしい季節になり、行楽シーズン真っ只中。この季節の行楽で注意したいのが温度変化。昼間は暖かくても、朝晩は冷え込むので適度な防寒が必要です。そこで大活躍するのがフリース。軽いのに暖かくて、さらに防風機能があるものも。今回はシーン別に最旬フリースコーデをご紹介します。






紅葉狩りや散策など、自然豊かなアウトドアを楽しむなら防風仕様のブロックテックフリースボアパーカがおすすめ。裏地もフリース素材でふんわり心地よく、軽いのにとっても暖か。袖口と裾はぴったりフィットするリブになっているので、すき間風もシャットアウトしてくれます。くすみブルーをチョイスすれば、スカートのアースカラーとも好相性。同色のチェックシャツを腰巻きして全体をまとめて。

【着用アイテム】
ブロックテックフリースボアパーカ
エクストラファインメリノリブタートルネックセーター(長袖)
ハイウエストコーデュロイフレアミディスカート
フランネルチェックシャツ(長袖)
ウールベレー
※ウールベレーは人気商品のため、品薄となっております。売り切れの場合はご容赦ください。
※その他スタイリスト私物






秋のキャンプにもフリースが大活躍。サッと羽織れて、バツグンの保温性をキープするフラッフィーフリースジップジャケットなら1日中快適に過ごせそう。今季は毛足が長くなってさらにモコモコ感がアップし、シルエットもゆとりがあるのでリラックス感も。シンプルなデザインなので旬のチェックなどとも相性が良く、レイヤードも楽しめます。

【着用アイテム】
フラッフィーフリースフルジップジャケット
ヒートテックエクストラウォームタートルネックT
フランネルチェックシャツ(長袖)
ブロックテックウォームイージースカート
ヒートテックレギンス(10分丈)
ヒートテックソックス(フェアアイル・2足組)
※その他スタイリスト私物






シートに座ってピクニックを楽しむなら、下半身が暖かいブロックテックフリースボアスカートがおすすめ。表地がシープボア調なので、暖かいだけでなくトレンド感もプラス。防風仕様で風を通さず、防寒性もバッチリ。タイトなひざ丈スカートなので、女性らしい着こなしが叶います。スカートの他は全てダークカラーで統一すれば、すっきりとした大人カジュアルが完成。

【着用アイテム】
ストレッチダウンベスト
コットンカシミヤリブセーター(長袖)
フランネルシャツワンピース(長袖)
ブロックテックフリースボアスカート
ヒートテックレギンス(10分丈)
ウールツバヒロハット
※ウールツバヒロハットの着用カラーは人気商品のため、品薄となっております。売り切れの場合はご容赦ください。
※その他スタイリスト私物






サイクリングには、ヒートテックのあったか素材にストレッチ性抜群のフリ—スを掛けあわせた、ヒートテックストレッチフリースクルーネックTがおすすめ。ストレッチが効いているのはもちろん、ラグランスリーブで腕まわりも動かしやすいので、アクティブなシーンにも大活躍。ファッションのアクセントにもなり、旬のアスレジャースタイルにぴったりです。緑の中で映えるオレンジを主役に、グレーやネイビーのベーシックカラーで引き締めて。

【着用アイテム】
ヒートテックストレッチフリースクルーネックT
ウルトラライトダウンベスト
ブロックテックフリースパンツ
フランネルチェックシャツ(長袖)
カシミヤニットビーニー
※その他スタイリスト私物






旅先で肌寒さを感じた時もフリースが1枚あると安心。秋口に着ていたコートでも、ブロックテックフリースパーカをインナーとして着ることで、冷たい風を通さないから真冬まで長く着回せます。コートもフリースも単品でも重ねても、秋〜冬まで大活躍。フリースを1枚コートの中に仕込むだけで暖かいだけでなく肌ざわりも良く、旅先でも快適に過ごせそう。

【着用アイテム】
ブロックテックフリースパーカ(長袖)
ウールカシミヤチェスターコート
カシミヤタートルネックセーター(長袖)
ハイライズシガレットジーンズ
※その他スタイリスト私物



【Staff Credit】
Photo : Hiroaki Yoda(Studio Saru)
Styling : Asuka
Hair&make : Makoto Saito (Lila)
Model : Yuiko Kusakabe(NMTinc)
Text : Tomoko Hirasawa