旬なコーディネートと
ヘアスタイルのすてきな関係
旬なコーディネートと
ヘアスタイルのすてきな関係
Aug 03, 2017 WOMEN

エフォートレスなコーディネートがトレンドの今、周りよりちょっとおしゃれに見せるためのポイントのひとつは、ヘアスタイル。無造作でゆるい雰囲気のヘアスタイルがトレンドなので、アレンジが苦手だという方でも簡単に真似できます。旬なコーディネートと相性抜群のヘアアレンジをマスターすれば、おしゃれの幅もきっと広がるはず。



[STYLE1]
旬シルエット&季節小物投入で
新鮮なモノトーンコーデに




モノトーンコーデをより今っぽく見せる鍵は、シルエットと小物使い。フレアトップス×フィットパンツのメリハリのあるシルエットに、季節感を添えるストローハットを投入すれば、ディテールで周りと差をつける旬なコーディネートの完成。キレイ目にもカジュアルにも対応可能なモックネックを選ぶのも好ポイントです。

【着用アイテム】
オーバーサイズハイネックT(半袖)
ハイライズシガレットジーンズ
ペーパーナカオレハット
※ハットは人気商品のため、品薄となっております。売り切れの場合はご容赦ください。
※その他、スタイリスト私物






似合う顔型>
卵 丸 面長 逆三角 四角

似合うベースの髪型>
セミロング ロング


モノトーンコーデがよりこなれる
ハットありきの無造作団子


きれいに作ろうとしないことが、このヘアスタイルの最大のポイント。ブラシは使わず手ぐしでまとめると、リラックス感のある雰囲気に仕上がります。また、ベースを巻くことで大人な印象になるので、コテで巻く手間は惜しまず行いましょう。



PROCESS


1

あらかじめ全体を26mmまたは32mmのコテでゆるいMIX巻きに。ハットをかぶり邪魔にならない位置で結ぶ場所を決めます。


2

顔まわりの毛は残しひと結びしたら、毛先をロールしてお団子に。その状態で残りのゴムをくくりつけていきます。


3

お団子を指でほぐします。飛び出た毛先もランダムに散らして。髪が長い人は結び目に巻きつけてもOKです。
※コテをお持ちでない方は、カーラーを巻く、あるいは三つ編みをして寝ることで、同じような巻きを実現できます




[STYLE2]
光沢のあるスキッパーシャツ合わせで
プリーツスカートを知的に着こなす




今季も引き続きトレンドのプリーツスカート。アイテム自体にフェミニンなムードが漂うので、襟付きのシャツ、なおかつトレンドのテラコッタ系の色を合わせて辛口にシフトすると、グッと垢抜けます。サテン素材はこの秋ブームの兆しなので、旬なムードも。サッシュベルトを巻いて、遊び心のあるスタイルに仕上げましょう。

【着用アイテム】
サテンスキッパーカラーブラウス(長袖)
ハイウエストシフォンプリーツスカート
※その他、スタイリスト私物






似合う顔型>
卵 丸 逆三角形

似合うベースの髪型>
セミロング ロング


エフォートレスなスタイルに
鮮度を加えるセンター分けポニー


ただ結ぶだけでは手抜きに見えてしまうので、ベースをゆるく巻き前髪にはウェット感を加えましょう。キレイなセンター分けにするとモード感が出るので、コーディネート自体もクールな印象に仕上がります。



PROCESS


1

全体を26mmまたは32mmのコテでゆるいMIX巻きに。耳たぶと同じ高さでひとつに結んだら、前髪から毛束を引っ張りおろします。


2

耳の上からも毛束を引っ張り、耳に毛がかぶるようにします。この毛束と前髪は、オイルやワックスでツヤを出しましょう。


3

後頭部とトップにボリュームが出るよう毛束をひとつまみして、ところどころ引っ張り出します。ふわっとしたシルエットを意識して。
※コテをお持ちでない方は、カーラーを巻く、あるいは三つ編みをして寝ることで、同じような巻きを実現できます




[STYLE3]
ベーシックなデニムコーデは
ハリのあるトップスで快活に




暑い日でもさわやかに見える真っ白なトップス×デニム。世代も流行も問わず、いつでも誰でも着られる定番スタイルだから、素材の質にはこだわって品格を出しましょう。ハリのあるコットンブラウスは、動きとともにふわっと広がるボリューム感が魅力。定番のデニムスタイルに快活さを与えてくれます。スモック袖も鮮度の元に。

【着用アイテム】
エクストラファインコットンギャザーブラウス(7分袖)
ハイライズシガレットジーンズ
※その他、スタイリスト私物






似合う顔型>
卵 丸 面長 逆三角形 四角

似合うベースの髪型>
ベリーショート ショート ミディアム セミロング ロング


脱マンネリに最適な
ウェット前髪のダウンスタイル


ショートやストレートでも応用の効くアレンジ。ウェット感を上手に出せればOKです。スタイリング剤は、髪の生え際からつけると汗ばんで見えてしまい清潔感がなくなるので、根元から15cm以上は離すようにしましょう。



PROCESS


1

全体を26mmまたは32mmのコテでゆるいMIX巻きにします。毛先は逃し、中間〜根元を重点的に。細かく束にしながら巻きます。


2

ウェット感の出るオイルまたはワックスを手のひらに広げ、毛先を中心に全体にもみこむようにつけていきます。


3

全体をほぐしていきます。手ぐしすると巻きが取れすぎてしまうので、毛束をつまみ横に広げながら整えましょう。
※コテをお持ちでない方は、カーラーを巻く、あるいは三つ編みをして寝ることで、同じような巻きを実現できます




[STYLE4]
フェミニンなアイテム合わせは
ニュアンスカラーで大人かわいく




トレンド感満載のフリル袖トップス×ミディ丈スカートのフェミニンな組み合わせ。大人の落ち着いた雰囲気を醸し出したいのであれば、ニュアンスカラーを取り入れるのが正解です。また、足元にはスニーカーを合わせてカジュアルダウンさせると、適度なこなれ感を演出できます。

【着用アイテム】
マーセライズコットンフレアスリーブT(半袖)
ハイウエストベルテッドフレアミディスカート
※その他、スタイリスト私物






似合う顔型>
卵 丸 逆三角形 四角

似合うベースの髪型>
セミロング ロング


フレアなスタイリングもさっぱり見せる
リラックス感漂う大人ポニーテール


ピタッとしたポニーテールだと服のテイストと合わないため、無造作に結んで後れ毛を出すくらいがベストです。細かい後れ毛が出てきてしまう人は、あらかじめファイバーワックスなどをもみこんでおきましょう。



PROCESS


1

顔を下に向け髪全体を頭のトップに集めます。手ぐしで無造作に集めた感が大切なので、ラフにまとめましょう。


2

集めた髪を太めのゴムでひとつに結びます。耳の前、耳のうしろ、うなじの後れ毛はあえてそのまま残します。


3

結び目より下の毛を引っ張り出し、ふわっとさせます。指でところどころつまみ、束感が出るようにするとベター。



【Staff Credit】
Photo:Keita Nakada
Styling:Mie Nishitsuji
Hair&Make:TOMIE(nude.)
Model:Yutaka Katagiri(NMT inc.)
Text:Haruka Noda
Edit:RIDE MEDIA&DESIGN