ヒップと太ももまわりはゆったり、でも足元は絞った裾と絶妙なアンクル丈でスッキリシルエットが特徴の「ジョガーパンツ」。昨年夏より、メンズのジョガーパンツをはきこなすオシャレ女子が急増。SNSでも「#ユニクロのジョガーパンツ」のハッシュタグ等で、大きな反響を呼んでいます。
今シーズンは、ついにウィメンズの「ジョガーパンツ」が登場。素材感やシルエット、サイズ感を女性らしくアップデートしました。素材によって雰囲気が変わるジョガーパンツの、オンにもオフにも使えるおすすめの6つのコーデをご紹介します。




■ドレープジョガーパンツ #1

しなやかなドレープ感がエレガント。今春ならホワイト×ベージュコーデがおすすめ


きちんと感が大切だけどトレンドもしっかり出したい。そんな日には、上品素材のジョガーパンツがおすすめ。カーディガンをサラッと羽織った春らしいホワイト×ベージュコーデは、仕事着にもバッチリです。



  • トップスを前だけインして、タックをキレイに見せるのが着こなしのコツです。仕事に行くなら、バッグやパンプスなどの小物も同系色で品良くまとめて。
  • 着用アイテム(商品情報)
  • ドレープジョガーパンツ
  • UVカットクルーネックカーディガン
  • ・ハイネックブラウス ※3月下旬販売予定
  • ※その他、スタイリスト私物



■ドレープジョガーパンツ #2

ボーダーシャツも、ドレープがキレイなジョガーパンツで格上げ


定番のボーダーシャツ×ネイビーパンツのシンプルコーデも、ドレープが入ったジョガーパンツなら、上品なアーバンスタイルに。肩がけのニットも同系色で全身をつなげることで、クールで大人な印象になります。






■ポンチジョガーパンツ #1

ポンチ素材のジョガーパンツで、ラクチン・カンタン”スポーティ”




やわらかでラクチンなポンチ素材のジョガーパンツとニットカーデでつくる、動きやすさとオシャレを兼ね備えたグレーのワントーンコーデ。鮮やか色のパーカーに、白スニーカーが好相性です。ハリのあるポンチ素材は、形が崩れにくく下着等のラインが響きにくいところもポイントです。





■ポンチジョガーパンツ #2

カジュアルなのに女っぽい甘辛バランスが旬



Tシャツとジョガーパンツのシンプルコーデに、ジャケットとビビットカラーのパンプスで可愛さをプラス。ポンチジョガーパンツのスポーティー感でつくる、甘辛ミックスコーデです。





■イージージョガーパンツ

深めタックとゆとりあるフィットでトレンドの「たっぷりシルエット」に


ウエストや太ももまわりにゆとりがあり、リラックスしたはき心地のイージージョガーパンツ。深めに入ったタックが、ゆったりとした美シルエットを作ります。トップスにメンズシャツを合わせると、女性らしいたっぷりシルエットが完成。さらに、袖をクルクルとまくって着こなすのが華奢に見せるコツです。


イージージョガーパンツは少しサイズが大きめなので、いつもよりワンサイズ下も試して、自分に合うシルエットを探してみて下さい。






■デニムジョガーパンツ

いつものデニムをジョガーに変えるだけで、イマドキ・シルエットに一変!



カラダに沿いすぎない細さで足のラインをキレイにみせてくれるのが、デニム素材のジョガーパンツです。ギャザーがよった裾やウエストのドローストリングがさりげなく可愛い。トップスのニットを少しだけインさせたら、こなれ感もアップします。春も引き続き注目カラーのカーキのブルゾンを取り入れて、媚びないカジュアルを楽しんでみては?







STYLIST PROFILE






Stylist: MaiKo yoshida
「CLASSY.」を始め、「STORY」「HERS」などの女性ファッション誌で活躍中。シンプルながらも、どこかピリっと辛口のスパイスを効かせた女性らしいコーディネートを得意とし、読者からの支持も高い。

  • 【Staff Credit】
  • Photo/Hiroya Nishizaki(MOUSTACHE) Styling/Maiko Yoshida
  • Hair&Make/Eisuke Yamagata(ROI) Model/Sakimi Kanda Edit/Yui Tomita