Today’s Pick Up

誰かに会う時にも着たくなる
脱部屋着なスウェットコーデ

誰かに会う時にも着たくなる
脱部屋着なスウェットコーデ

年末年始、家でのリラックスタイムで着る人も多いスウェット。今季もユニクロには、ビビッドカラーやボアデザイン、美シルエットパンツetc.…、家で着るだけではもったいないスウェットが盛りだくさん。「スウェットを着るとどうしても部屋着っぽくなってしまう…」というかたへ、メークして誰かに会うために「わざわざ」着たくなるスウェット6コーデとそのポイントを詳しく解説します。



赤スウェット×グレーパンツ

今季注目は鮮やかな発色のスウェット。トレンドカラーのレッドは一見難しそう…と思われがちですが、ざっくりニット感覚で着れば簡単!地厚だからこそかなうフードのボリューム感、長めに設定された、袖や裾のリブが今どき。キャップやリュックなどスポーティな小物を合わせても、ボトムスがきれいめパンツなので、大人っぽいカジュアルに。

【着用アイテム】
スウェットプルパーカ
コンパクトコットンクルーネックT
スマートスタイルアンクルパンツ
※その他、スタイリスト私物



メンズグレースウェット×ピンクスカート

フェミニンなアイテムがワードローブに多い女性にオススメしたいのが、メンズサイズのスウェット。女性らしいピンクのシフォンスカートに、あえて無骨な雰囲気のメンズスウェットを合わせることで甘さを調整。やや広い首周りには、白のヒートテックタートルネックを仕込んで。リラックス感がありながらも、コーディネートがキュッと引き締まります。

【着用アイテム】
スウェットプルパーカ
ヒートテックタートルネックT
ハイウエストシフォンプリーツスカート(丈短め71~75cm)
※その他、スタイリスト私物



ネイビースウェット×カーキスカート

スウェットコーデできちんと感を狙うなら断然ネイビー。インする白シャツはあえて第一ボタンまで留め、それが少しだけ見える程度にパーカは前を閉じて着るのがポイント。上半身をコンパクトにすることで、タイトスカートとのバランスもよく、ハンサムなコーディネートに。メタリックバッグやヒールパンプスなど、辛口小物を合わせてキレよく。

【着用アイテム】
スウェットフルジップパーカ
スーピマコットンストレッチシャツ
ハイウエストベルテッドナロースカート
※その他、スタイリスト私物



スウェットパンツ×トレンチ

付かず離れずの腰〜もも周り、長めかつキュッと足首に沿うリブによって、脚をすっと細長く見せてくれるスウェットパンツ。家でのリラックスタイムだけでなく、きれいめコーディネートの日のハズシ役としても重宝。トレンチコート×とろみブラウス×パンプスのコンサバなスタイルが、ぐっとこなれた着こなしに。

【着用アイテム】
トレンチコート
レーヨンエアリーTブラウス
スウェットパンツ
※その他、スタイリスト私物



黒ボアスウェット×黒デニム

内側が毛足の長いボアフリースで着心地抜群のスウェット。無駄のないすっきりとしたシルエットなので、着ぶくれの心配はなし。スキニーデニムとバレエシューズはスウェットと同様黒に揃え、全身をIラインに。リブクルーネックTやパールネックレスの白で軽さをプラスすれば、抜け感のあるモノトーンスタイルが完成。

【着用アイテム】
ボアスウェットフルジップパーカ
スーピマコットンリブクルーネックT(半袖)
ウルトラストレッチジーンズ
※その他、スタイリスト私物



メンズグリーンスウェット×ブルーデニム

女性が着るとヒップまで隠れるメンズのスウェットは、チュニックの要領で着るのがコツ。首周りがゆったりとしたデザインなので、デコルテラインを華奢見せしてくれます。グリーンのスウェットにライトブルーのデニム、ラベンダー色のスニーカーと、淡いトーンのきれい色をミックスして、ひと足早く春気分を楽しむコーディネートに。

【着用アイテム】
スウェットシャツ
ウルトラストレッチジーンズ
※その他、スタイリスト私物



【Staff Credit】
Photo:Toshiyuki Tamai
Styling:Sayaka kawakami
Hair&Make:Harumi Kanbe
Model:Yuri Takeuchi (ENERGY)
Edit&Text:Aya kobayashi

関連ワード

デイリーアクセスランキング

最新記事

一覧を見る

話題のキーワード