SPRING SUMMER 2015 LifeWear | LifeWear. Simple made better.

シンプルなものを、さらに良いものへ。LifeWear. Simple made better.

毎日着られていた服を、ユニクロは日本で、LifeWearへと生まれ変わらせました。
LifeWearとは、使い捨ての服ではありません。
品質を極め完成された、服装の部品です。
私たちは、日々を快適にする大小さまざまなイノベーションを取り入れ、
当たり前にある普段着を進化させることで、LifeWearを生み出していきます。

Essentials

完成された部品

DAVID ZINCZENKO / 起業家

オックスフォードシャツ

with DAVID ZINCZENKO / 起業家

起業家
DAVID ZINCZENKO
彼が目指すのは
「すべてにおいて満足のいく人生」

「人生を変えるきっかけを与えること。それが私の役割だ」と、健康・ウェルネスの出版界で著名なリーダー、ZINCZENKOは言う。

GINNIFER GOODWIN / 女優

レーヨンエアリーブラウス

with GINNIFER GOODWIN / 女優

女優
GINNIFER GOODWIN
意外性の勝利

女優、GINNIFER GOODWIN。常識にとらわれない彼女は、周りに流されない選択と演技で世間の注目を集め、大ブレイクを果たした。

アンクルパンツ

アンクルパンツ

自分自身が落ち着き、自信を持つことから、洗練されたスタイルはつくられる。特に現代を生きる女性にとっては、様々な繊細な問題の中でバランスを保つために、大切なことである。私たちは自分のコミュニティで頼もしいリーダー、家庭では愛情深いパートナー、職場では成功を手にするプロになることを強く望んでいる。それでいて、本来の自分自身も見失いたくない。自分にフィットし、自分らしくいられて、進むべき方向へと導いてくれる。そんな新しい服を、私たちは求めている。

荻野伸也 / シェフ

セルビッジスリムフィット
ストレートジーンズ

with 荻野伸也 / シェフ

シェフ 荻野伸也
「質」の追求

荻野伸也のカフェでは、人々の暮らしを向上させたいという彼の想いにもとづき、産地直送かつ無農薬の新鮮な食材がふるまわれる。

奥野健也 / スケーター

スウェットフルジップパーカ

with 奥野健也 / スケーター

スケーター
奥野健也
最高のパフォーマンスを目指して

高校を卒業した時にはすでに、日本一のプロスケートボーダーだった奥野健也。現在25歳になった彼は、新たなスタイルを見つけるために、世界中を旅している。

MAURICE HARRIS / フローリスト

チノショート・ハーフパンツ

with MAURICE HARRIS / フローリスト

フローリスト
MAURICE HARRIS
花の魔術師

フローリストを夢見たことなど一度もなかったHARRIS。彼はいつも、何かクリエイティブなことがしたいと思っていたが、具体的に何をしたいのかはわからなかった。ようやく今、彼の真の才能が開花し始めた。

ヴィンテージレギュラーフィットチノ

ヴィンテージレギュラー
フィットチノ

私が今まで見たチノパンツで、一番素晴らしかったのは、とある女性画家のものだ。彼女はそれをヒップハング気味に、浅く穿いていた。裾周りは擦り切れて、脚全体に様々な色の絵の具のしぶきが細かく飛び散り、破けた両膝には、キャンバス地のつぎ当てがされている。彼女はこのチノパンツの実用性を気に入り穿いていた。それは、チノパンツの由来である、19世紀ヨーロッパの軍服にも通じる機能性だ。そして、気迫を感じた。反抗を許さず、容赦もしない。そのチノパンツは、彼女を勇ましくみせた。まさに、究極のチノパンツだった。

SANISA SUSANGKARAN / デザイナー

チノショート・ハーフパンツ

with SANISA SUSANGKARAN / デザイナー

デザイナー
SANISA SUSANGKARAN
服は人なり

服は、単なるユニフォームとは違って、あなたの人となりを表すものである。バンコクに生まれ育ったデザイナー、Susangkaranは幼いころから自分を自由に表現できるファッションに興味を抱いていた。それが、今のキャリアへとつながったのである。

スリムフィットジーンズ

スリムフィットジーンズ

ブルージーンズの始まりは、今では伝説となっている。19世紀半ばのゴールドラッシュ時代に、世界中から30万人もの人々が金脈を探しに、カリフォルニア州へやってきた。デニムパンツは当初、力のかかる部分に鋲を打つことで耐久性を上げ、採掘作業にぴったりの機能的な作業着として売り出された。この作業着は当時、「ウエストオーバーオール」と呼ばれた。デニム発祥の地はフランスのニームとされ、「デニム」という名前は「de Nîmes(デ・ニーム)」に由来する。後に名付けられた「ジーンズ」という名は、ジェノアの海兵隊が着用するズボンから来ていると考えられている。

Innovation

進化する服

EDWARD PAGAC / フィットネスインストラクター

ドライEX Tシャツ

with EDWARD PAGAC / フィットネスインストラクター

フィットネス
インストラクター
EDWARD PAGAC
至高のワークアウト

「ケイデンス(自転車に乗る人がペダルを回す速さを示す数字)、音楽性、練習、そしてたくさん汗をかくこと。これらの要素が、ジムでのワークアウトを最高のものにする」とEDWARD PAGACは言う。

EDEN GRINSHPAN / テレビ番組ナビゲーター

BRATOP
ブラトップ

with EDEN GRINSHPAN / テレビ番組ナビゲーター

テレビ番組ナビゲーターEDEN GRINSHPAN
食は世界共通の言語

外国の文化を理解するには、まずは経験してみること。クッキングチャンネルで放送されている、自身のライフワーク的な番組「Eden Eats」で世界中の料理を紹介しているEDEN GRINSHPANは言う。

ドライストレッチパンツ

ドライストレッチパンツ

それは現代的なパンツ。コーディネートやカラーによって、フォーマルにもカジュアルにも使える。ベージュを選べばチノパンツのように、黒なら結婚式にも穿いていけるだろう。不思議に思えるこのパンツだが、トップ・プロゴルファーのアダム・スコット選手との共同開発だと聞くと、納得できる。いつだって、スポーツウェアは、世界中のファッションに革命をもたらしてきた。スニーカーやスウェットシャツなどがその一例だ。ゴルフウェアは、バスケットボールやサッカーのユニフォームとは違い、ビジネスカジュアルに近い。ポロシャツにプレスされたパンツが定番スタイルのゴルフウェアと、日常着の違いをひとつあげるなら、ゴルフウェアのほうが機能的である、ということ。ジャンルを超えて、その機能性が取り入れられたとき、ファッションは進化を遂げる。

ドライストレッチアクティブショーツ

ドライストレッチ
アクティブショーツ

年を取るにつれ、アウトドアが楽しくなってくる。この調子だと、リタイアした後は、夏は毎日サーフィン、冬はスキー三昧という生活をすることになりそうだ。ただ、大自然を満喫するには、相応の準備が必要だ。たとえば、アクティビティにふさわしい服装をすることは必須といえる。少し前に、これを痛感した出来事があった。

UV Cut Collection
LifeWear Movie

UVカットコレクション

弥田俊男 / 建築家

ウルトラライトウェイト
ストレッチジャケット

with 弥田俊男 / 建築家

建築家
弥田俊男
未知の開拓

美術館や公共の建物はもちろん、個人の住宅でも、弥田のデザインを支えるのは、「その建物の本質を損なうことなく、革新する」という信念だ。

コンフォートビューティウェア

コンフォートビューティウェア

女性は大変だ。いつの時代からか、「上品」かつ「熟練」に見える=ハイヒールといった考えが出来上がった。毎朝、どのバッグを選ぶかで、シューズをどれにするか悩む。ショルダーバッグかバックパック、または旅行者のようなウエストポーチなのか。それによって履く靴も変わってくる。ほとんどの男性が驚くほどに、女性の洋服のジャンルは広い。その中から、色々と選ばなければならないのだ。たとえば、下着を例にとってみよう。私たちは毎日2つの選択をしなければならない。

ポケッタブルパーカ

ポケッタブルパーカ

20歳のころ、私は思いがけずアイスランドのレイキャビクで2、3日を過ごすことになった。1996年当時、大学を退学後に私はロンドンに移り住もうとしていた。ロンドンに行くためには、アイスランド航空を使うのが安かったのだが、たまたまレイキャビクを経由する、「一泊&レンタカー付き」というキャンペーンが実施されていた。退学したばかりの、冒険心旺盛な若者がそれを見逃すはずがない。

LINE KJAERGAARD / モデル兼ダンサー

ウルトラストレッチジーンズ

with LINE KJAERGAARD / モデル兼ダンサー

モデル兼ダンサー
LINE KJAERGAARD
東京で始める新しいストーリー

母国デンマークを離れ、モデル、ダンサーとして活躍するLINE KJAERGAARD。東京が、人生最大の冒険の地となることを実感している。

ウルトラライトウェイトストレッチジャケット
LifeWear Movie

ウルトラライトウェイトストレッチジャケット

KELELA / シンガー

エアリズムUVカット
メッシュパーカ

with KELELA / シンガー

LAの女性シンガー KELELA
未来の音

アルバム「CUT 4 ME」で、KELELAはクラブミュージックやメタルといったジャンルの要素と組み合わせた、新しい形のR&Bソウルを確立した。瞬く間に世界の音楽フリークたちから大きな注目と喝采を浴びることになったKELELA。彼女はジャンルを超えたミックススタイルで、独特の世界観をつくっている。

AIRism(エアリズム)

AIRism
エアリズム

オールシーズンを快適に過ごせるように、3つの繊維を画期的に組み合わせてつくられたエアリズム。主原料であるポリアミドは、「ナイロン」という名をつけてニューヨーク万国博覧会(1939年)で売り出され、その1年後に女性のストッキング生地として大評判になった。第二次世界大戦の最中、米国はアジアのシルクを入手することができず、パラシュートや防弾チョッキをつくるために、このポリアミドを使用した。汗をかいても快適なナイロンは、エアリズムにとって重要な素材である。

ルームセット

ルームセット

帰宅して20分後にまた外出するとわかっているのに、一度、部屋着にならないと気がすまない。子どものころ、学校から帰るとすぐに、兄たちからのお下がりに着替えていた。スウェットにしろ、フリースにしろ、肌になじむルーズフィット感が自分をリラックスさせてくれた。これが、なかなかやめられない。

スキニーフィットテーパードジーンズ

スキニーフィットテーパード
ジーンズ

このジーンズの特徴は、東レが開発した「ミラクルエアー」という特別な素材でできていることだ。「ミラクルエアー」は、インターネットにおける「クラウドコンピューティング」と同レベルのインパクトを、ジーンズにもたらした、まったく新しい発想のデニム素材だ。このジーンズは、標準的なユニクロのスキニ―フィットジーンズと比較して約20%も軽量で、名前からわかる通り、着る人をより身軽にする。体を軽く、動きやすく、いままでよりも俊敏にしてくれる。暑い季節に最適なこの軽やかなジーンズは、荷物をできるだけ軽く、安く仕上げることを目指す、バックパッカーと共通点が多い。不器用な男たちが、自分の手でつくり上げた荷物を背負い、旅に出る様子をネットで見たりするのは楽しい。

コンフォートビューティウェア
LifeWear Movie

コンフォートビューティウェア

岡崎裕子 / 陶芸家

UVカットカーディガン

with 岡崎裕子 / 陶芸家

陶芸家
岡崎裕子
内に秘めた創造力

流行り廃りの激しいファッション業界から、陶芸の世界へ。岡崎は、ありのままの自分を出せる唯一の道を発見した。

ドライイージーケアシャツ

ドライイージーケアシャツ

それは誰にも見破られることのない、見せかけ、トリック、魔法。周りの人たちは、きっと「素敵だね」と褒めてくれる。たとえばそう、7月の誰かの誕生日やピクニックに遅れて到着しても、きっと皆は「きまってるね」と感心する。あなたはすごく急いで来たせいで、汗をかいて息を切らしているのに。真夏の太陽があざ笑うかのように照りつけ、脇の下に汗をかきはじめるちょうどその時、魔法が始まる。じっとりと湿っているはずの場所は、乾いたまま。首の周りで濡れてクタっとしているはずの襟も、しっかりとした形をキープしている。想像するだけで恐ろしい背中にも、汗の痕跡はひとつもない。しかも汗染みができる前に、完全に消えてなくなっているなんて、完璧ではないか。誰にも気づかれない、まさに魔法だ。そのシャツのおかげで、いつだって、あなたは素敵に見えるだろう。

シームレスボクサーブリーフ

シームレスボクサーブリーフ

シンプルな生活を送る。たとえば、毎日同じスタイルのボクサーブリーフを穿くこと。そうすれば、忙しい朝にブリーフ選びで迷わない。慣れ親しんだフィット感。自分好みのスタイルとサイズ。買う場所もわかっているから、時間を無駄にしない。生活がシンプルになる。ボクサーブリーフに悩みたくないというあなたの思いとは裏腹に、それを開発する企業はとてつもない時間をかけ、細部に至るまで熟慮を重ねている。シンプルなものほど、正解を導くのが難しい。それはボクサーブリーフについてもあてはまる。ボクサーブリーフを選ぶときに最も重要な2点はこれだ。

ドライストレッチパンツ
LifeWear Movie

ドライストレッチパンツ

Materials

天然素材の豊かさ

NATHALIE EMMANUEL / 女優

スーピマコットンモダールTシャツ

with NATHALIE EMMANUEL / 女優

女優 NATHALIE
EMMANUEL
自分と向き合う
時間

イギリス人若手女優EMMANUELが演じるのは、ケーブルテレビ番組の中でも、最高の「右腕」役かもしれない。アメリカHBOテレビの人気ドラマシリーズ、「ゲーム・オブ・スローンズ」(原題:Game of Thrones)で、女王デナーリスの侍女であるミッサンディを演じる。

スーピマコットンストレッチシャツ

スーピマコットンストレッチ
シャツ

ヨーロッパの女性の間で、ドレスシャツが一般的に着られるようになったきっかけは、ロックスターの影響だった。ロックスターというか、19世紀におけるロックスターのような存在だ。イタリアの政治的革命児であり、その情熱とカリスマ性によって有名になったジュゼッペ・ガリバルディ。ガリバルディ派の男たちがイタリア独立のために戦ったとき、彼らが着ていた赤いウールのシャツは、ヨーロッパ中の男女の羨望の的となった。流行に敏感なフランスの皇后ウジェニーは、彼女専属のデザイナー、シャルル・ウォルトに同じスタイルの服をつくらせた。それは、フロントにプリーツがあり、ふんわり膨らんだ袖をもつ、ウエスト丈のシャツだった。この「ガリバルディシャツ」は、1862年には、時代が生み出した珠玉の一品として、賞賛されるまでになった。音楽ファンが、お気に入りの歌手のファッションを真似して、それがたちまち流行するのと同じようなものだ。

エクストラファインコットンブロードシャツ

エクストラファインコットン
ブロードシャツ

会議や、きちんとした格好を求められる場へ出席するための服を選ぶのに、いったいどれくらい、忙しい朝の時間を無駄にしたことだろう。たいていの場合、この切羽詰まった状況を解決してくれるのは、深呼吸でも一杯のお茶でもなく、一枚の服。ボタンダウンシャツだ。どんな場面でも浮かないようにするには、間違いなくとても有効で信頼のおけるアイテムといえる。

ROBY SOBIESKI / マジシャン

プレミアムリネンシャツ

with ROBY SOBIESKI / マジシャン

マジシャン
ROBY SOBIESKI
マジックでつくる
理想の世界

ハンサムで情熱的な26歳のSOBIESKI。演劇、執筆、起業に加え、プロのマジシャンになることも目指す彼は、自分自身を「カメレオン」のようだと表現する。

プレミアムリネンシャツ
LifeWear Movie

プレミアムリネンシャツ

長富彩 / ピアニスト

プレミアムリネンシャツ

with 長富彩 / ピアニスト

ピアニスト
長富彩
演奏の喜びと
苦しみ

コンサートピアニストとして成功した喜び。それは、音楽家として、鍛錬を重ねてきたからこそ得られたものである。彼女は、ピアノに対する情熱が、集中力と努力から生まれるものであると話してくれた。

スーピマコットンモダールTシャツ
LifeWear Movie

スーピマコットンモダールTシャツ

Colors

彩りのある毎日

YIRAN / モデル兼ミュージシャン

レギンスパンツ

with YIRAN / モデル兼ミュージシャン

モデル兼ミュージシャン YIRAN
前向きな彼女の未来は明るい。

マルチな才能のYiran。彼女は、自分の創造力がどれくらい通用するのかを探りながら、自分を取り巻くあらゆる環境から学んでいる。

ND CHOW / 写真家

ドライカノコポロシャツ

with ND CHOW / 写真家

写真家 ND CHOW
旅で育まれた「目」

今から20年前。バックパッカーとして、世界中を旅しながら写真を撮り始めたChow。著名人のポートレートで評価を確立した経緯を語る。

ワンピース

ワンピース

私は想像力が豊かすぎる子どもだった。ある日、イースター用に用意されたドレスが1着ではなく、黄色と青の2着あった。どちらの色を選ぶかで、繊細な私は頭を悩ませた。選ばれなかったほうのドレスの気持ちを想像すると、どちらも選べなかったのだ。母は「洋服には感情がないのだから、あなたが着たいほうを選びなさい」と、私に言い聞かせなければならなかった。

ソックス

ソックス

港町で暮らす人々は色にこだわる。大海原へ船で出漁する男たちは、色とりどりの旗や紙テープで家族に見送られ、帰港すれば赤や青、黄で派手に染められた大漁旗を振って迎えられる。

STETECO & RELACO(ステテコ&リラコ)
LifeWear Movie

STETECO & RELACO
ステテコ&リラコ

LONDON RICHARDS / シンガーソングライター

ドライカラーTシャツ

with LONDON RICHARDS / シンガーソングライター

シンガー
ソングライター
LONDON RICHARDS
音楽で語る17歳

RICHARDSが音楽に恋したのは9歳のとき。ファミリーパーティーでDJをした彼は、人々の熱狂する姿を目にしたことをきっかけに、音楽にのめりこんでいく。才能あふれるR&Bミュージシャンの彼は、「若くして認められると、責任感が出てくる。もちろん、成長する機会も与えられるけどね。(そして、いつかはグラミー賞!)」と語る。

ルームシューズ

ルームシューズ

きくやは、今もなお歴史的な情緒のある東京の深川出身の芸者であった。稀代の美貌を持ち合わせ、その表情は、まるで夕日のような美しさだった。黒目がちな瞳が、物憂げな雰囲気を醸しだしていた。彼女は毎日、数えきれないほどの部屋を、水上を優雅に進む白鳥のごとく移動していたが、心の中では、下駄と一緒に履いていた足袋よりも動きやすく、より滑らかな室内履きを求めていたはずだ。

ボーダークルーネックTシャツ

ボーダークルーネックTシャツ

ボーダーのTシャツに弱い。衣装棚にはボーダーのTシャツが何枚も入っているというのに、また欲しくなる。きっかけは一枚の写真だった。ブルーのボーダーのTシャツを着た、ハリウッド女優のジーン・セバーグの写真。肩肘を張っていないのに凛としていて、おてんばな印象なのにセクシーで、カジュアルなのに気高い雰囲気。

ルームシューズ
LifeWear Movie

ルームシューズ

STETECO & RELACO(ステテコ&リラコ)

STETECO & RELACO
ステテコ&リラコ

ユニクロの「ステテコ」は、ステテコのリバイバルである。ステテコは昔から日本にある男性向けの下着で、かつて、昼間は外出用のズボンの下に、夜は自宅で家着として穿かれていた。伝統的にはちりめん素材が使われていた。ステテコは、たとえばランニングシャツの気楽さと同じく、昔ながらのスタイルでくつろぐ男性のイメージだ。また、肌着としても、一枚でも着られる機能性もあり、おじさん世代の象徴といえる。 

ソックス
LifeWear Movie

ソックス

サングラス

サングラス

かけているだけで、その人の顔が随分とクールに見えるサングラス。レンズの向こう側の目はいったいどんな表情なんだろう? 隠すからこそ想像したくなる。いったいどこを見て、何を考えているのか。その一瞬のミステリーが、サングラス姿を格好良く見せるのだ。そんなふうに人を変身させてしまう力が、サングラスにはある。子どものころはサングラスさえかければ自分もすぐ大人になれるのだと、本気で信じていた。そして大人になった現在は、紫外線から目を守るという実用的な目的でかけることもある。

ワンピース
LifeWear Movie

ワンピース

Kids

ユニクロが考える、
子供服とは。
つづきを読む
UNIQLO’S IDEA OF CHILDREN’S CLOTHING