UNIQLO

UNIQLO

アダム・スコット選手 トーナメントレポート WGCブリヂストン インビテーショナル アダム・スコット選手 トーナメントレポート WGCブリヂストン インビテーショナル

アダム・スコット選手
トーナメントレポート

WGCブリヂストンインビテーショナルについて

大会概要

シーズンに4大会が用意されている世界選手権シリーズは、世界6大ツアーのトッププレーヤーが終結するビッグイベント。「WGCブリヂストンインビテーショナル」は米国北東部、オハイオ州のファイヤーストーンCCで行われる。かつて「全米プロゴルフ選手権」などが繰り広げられた難コースは、両サイドが絞られたフェアウェイに加え、上空の木々がその視界をより狭くする。例年8月に実施される大会だが、今年はリオデジャネイロ五輪の開催により6月末に開幕した。

アダム・スコット選手の同大会までの戦績

アダム・スコットのキャリアを振り返る上で、重要なターニングポイントとなった一戦がこの「WGCブリヂストンインビテーショナル」だ。2011年夏、現在のエースキャディ、スティーブ・ウィリアムス氏とコンビを組んでつかんだ飛躍の勝利。最終日は最終組で戦った日本の石川遼らを振り切り、ガッツポーズを作った。あれから5年、マスターズ覇者として今年も帰ってきた思い出の地。3月の「WGCキャデラック選手権」に続くシーズン3勝目を狙った。

1日目 2バーディ、3ボギー「71」 1オーバー26位タイ

1日目

2バーディ、3ボギー「71」
1オーバー26位タイ

開幕前の連日の好天で硬くなったフェアウェイ。ティショットの精度が求められるコースで、スコットはスタートホールの1番でチップインバーディを決めた。グリーン右手前からウェッジでふわりと浮かせたボールは、ラインを伝ってそのままカップに沈む。幸先のいい滑り出しから、9番、10番と2連続ボギーを叩いたものの、2度のサンドセーブも光り、粘りの1オーバー。予選落ちのない4日間大会としては、まずまずのラウンドで初日を終えた。

トーナメント着用アイテム

商品には、ユニクロのロゴは入っておりません。

選手着用アイテムは、仕様が一部異なります。

2日目 5バーディ、3ボギー「68」 通算1アンダー6位タイ

2日目

5バーディ、3ボギー「68」
通算1アンダー6位タイ

早朝に雨が降り注いだ第2ラウンドでエンジンがかかった。2日連続で1番をバーディとすると、3番で池越えの2打目をピンそば2.5mに絡めて2つ目。前半アウトで2つスコアを伸ばして折り返した。インコースの入り口、10番では残り111ydの2打目をピン奥1.5mにつけてバーディ。最終18番でティショットを大きく左に曲げてボギーフィニッシュとなっても「とても難しいコースで、ショットの出来に満足している。週末に向けて良かった」と自信が漂った。

トーナメント着用アイテム

商品には、ユニクロのロゴは入っておりません。

選手着用アイテムは、仕様が一部異なります。

3日目 2バーディ、5ボギー「73」 通算2オーバー18位タイ

3日目

2バーディ、5ボギー「73」
通算2オーバー18位タイ

トップとの差はわずかに3ストローク。2番パー5で2打目をグリーン左のラフまで運んでバーディを先行させ、さらなるチャージの態勢をとった。ところがバンカーショット直後の4mを決め切れなかった7番パー3から2連続ボギー。11番で第1打を左に曲げて、さらにボギーを重ねた。ファイヤーストーンCCの名物ホール、667のパー5でバーディを決めたものの、17番、18番はショートゲームが振るわず、痛恨の2連続ボギー。今シーズン3勝目に黄信号がともった。

トーナメント着用アイテム

商品には、ユニクロのロゴは入っておりません。

選手着用アイテムは、仕様が一部異なります。

4日目 3バーディ、1ボギー「68」 通算イーブンパー10位タイ

バンカーからチップインを決めた1番、2打目でグリーン奥のラフまで運んだ2番パー5と、ティオフ直後に2連続バーディ。見事なスタートダッシュだったが、その後はチャンスをなかなか作れなかった。8番で5mを沈めたのが、今大会最後のバーディ。11番ではティショットを左の林に入れてボギーを叩いた。トップ10フィニッシュにも満足感はない。2週後、スコットランド・ロイヤルトルーンで行われるメジャー第3戦「全英オープン」で悔しさを晴らす。

4日目

3バーディ、1ボギー「68」
通算イーブンパー10位タイ

バンカーからチップインを決めた1番、2打目でグリーン奥のラフまで運んだ2番パー5と、ティオフ直後に2連続バーディ。見事なスタートダッシュだったが、その後はチャンスをなかなか作れなかった。8番で5mを沈めたのが、今大会最後のバーディ。11番ではティショットを左の林に入れてボギーを叩いた。トップ10フィニッシュにも満足感はない。2週後、スコットランド・ロイヤルトルーンで行われるメジャー第3戦「全英オープン」で悔しさを晴らす。

アンバサダー関連Tシャツ:ミッキー プレイズ

MEN

アンバサダー関連Tシャツ:ミッキー プレイズ

MEN

KIDS

KIDS

ミッキー プレイズ 動画

ドライストレッチパンツ
ジョガーパンツ(ウールライク)

ドライストレッチパンツ

超軽量、超伸縮、超速乾。
プロゴルファー、アダム・スコットと共同開発。
画期的なカジュアルパンツが、今年さらに進化。

  • ドライストレッチパンツ
  • ドライストレッチパンツ
  • ドライストレッチパンツ

ジョガーパンツ(ウールライク)

上品なウール風の素材ながら、ストレッチ性があり動きやすいスグレモノ。クリーンからカジュアルまで、幅広いスタイリングに活躍します。

ウエスト紐:あり

  • ジョガーパンツ(ウールライク)
  • ジョガーパンツ(ウールライク)

開発風景

今までのトーナメント結果

全米オープン大会レポート WGCキャデラック選手権大会レポート
ザ・ホンダクラシック大会レポート ノーザントラストオープン大会レポート

プロゴルファー アダム・スコットについて

アダム・スコット / Adam Scott

1980年7月16日、オーストラリア・アデレード生まれ。両親の影響でゴルフを始める。2000年にプロ転向し、03年にPGAツアー初勝利。タイガー・ウッズの後継者のひとりとして将来を嘱望され、13年に同国出身選手として初めてマスターズを制した。自身にとってメジャー初制覇となった同大会直前にUNIQLOとグローバル ブランド アンバサダー契約を締結。ブランドコンセプトであるLifeWearとゴルフとが融合する新たなプロダクトの共同開発を進めている。世界ランキング1位の座を射止めた14年から2年連続で日本オープンに出場。多くのファンを喜ばせただけでなく、ナショナルオープンとしての大会の価値向上に貢献した。

アダム・スコット選手の活躍の歴史

アダム・スコット選手 応援動画

提供元:ゴルフダイジェスト・オンライン

Bring the Love 特別企画Tシャツはこちら!
エアリズムインナー
全米オープンテニス2016
アダム・スコット選手 2016年マスターズ・トーナメントレポート
ベルト
タオル

提供元:ゴルフダイジェスト・オンライン